渋谷駅から徒歩3分、完全マンツーマンのボイストレーニング。 


本当の声


Youtubeで発声法を分かりやすく説明しています。

   

一人でも多くの人に「本当の声」を出して頂きたい! 体験レッスン詳細&申込

New Newberrysound Vocal Clinic

Vol.8 「ブレスをしないブレス方法 3」

「ブレスをしないブレス法」の具体的な練習法を説明します。

「1234」とカウントを20回リピートして
言ってみて下さい。
ほとんどの方は3回に1回程「4」の後に
「ハァ」とブレスをする筈です。
しなければ息が出来なくなる...でしょう。
でもこの「ハァ」をやる事が、実は本当のブレスが
出来ていない原因になります。

前回「部屋の換気と同じシステムが体にも存在する」
と説明しましたが、
「声を出せば、息は勝手に入って来る」のです。

ではどうやって?

まず、「1(ONE)」を30回リピートして言ってみて下さい。
この時もやはり、ほとんどの方は数回に1回「1(ONE)」の後に
「ハァ」とブレスをする筈です。
でも実は「1(ONE)」と言ったと同時に息が鼻から入ってきます。
鼻から息が入って来やすい様に、口角を上げて下さい。
(写真を撮る時のチーズの用に上の前歯が見える様にして下さい)

出来ればその顔を鏡でチェックしながら、規則正しいテンポで
「1(ONE)」と口から言ったら同時に鼻から息が入って来る事を
しっかりイメージして「1(ONE)」を30回リピートして言ってみて下さい。

2/4の「普通のカウントと裏クリックでのカウント」で説明している様に
「裏クリックでのカウント」」だったら喉が開きやすいので出来れば
メトロームをBPM80位、メトロノームの音がウラになる様に
「1(ONE)」を30回リピートして言ってみて下さい。
(メトロノームの音とONEが交互に聞こえる様に)

私のレッスンでは、多くの方が「ブレスをしないブレス法」が
出来る様になっています。うまく出来る様になった方に
「どんなイメージをしましたか?」と聞くと
「話している事を同じ様に、を心がけています。」
と言われる方もいられました。

「ブレスをしないブレス法」....
何度も言いますが、普段の日常会話では全ての方が出来ている事なので
コツさえ掴めば誰にでも出来ます。
余り難しく考えずゲーム感覚で取り組んで頂ければと思います。

ニューベリーサウンド
チーフボイストレーナー
小泉誠司

(C)2013 SAGE KOIZUMI / Newberrysound
本ページに掲載されている文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

ページの先頭へ