渋谷駅から徒歩3分、完全マンツーマンのボイストレーニング。 


本当の声


Youtubeで発声法を分かりやすく説明しています。

   

一人でも多くの人に「本当の声」を出して頂きたい! 体験レッスン詳細&申込

New Newberrysound Vocal Clinic

Vol.11 あなたは良い声ですか?

「あなたは良い声ですか?」
と聞かれると多くの方は困る筈です。

世の中には色んな声の人がいます。
「いい声ですね。」と言われる方もいればそうでない方もおられます。
では「いい声」というのはどんな声でしょうか?
それは人によって好きずきがあるし、価値観や定義は違うと思いますが、
ここでは「聞こえやすい声」「聞き取りやすい声」を「良い声」とさせて頂きたいと思います。

あなたが「良い声」かどうか、簡単にチェック出来る方法があります。
あなたの口の前、5cm程離れた所に手をおいて
「こんにちは」と言ってみて下さい。

どうですか?
息が手に当たってしまった人が多いのではないでしょうか?
この状態は、いわゆる「吹き」という状態で、
プロの録音ではNGとなっています。
実はプロの歌手やアナウンサーや声優や俳優といった「声のプロ」以外の人はほぼ
「吹いてしまう」と思います。

私がまだ音楽の仕事を始めた頃に、ある歌手の人のレコーディングに立ち会わせて頂いた事があるのですが、
その時にディクションされていたのが、いわゆる演歌のディレクターを長年やられていた方で
いい意味で昔のプロの価値観を持たれていまして、その歌手の方が歌われるあるフレーズに関して
「吹いてるよ!」と凄い剣幕で怒られていたのを今も覚えています。
プロの歌手としては「吹いてはいけない」という事です。

プロの歌手でない人には関係ない事の様に思われますが
日常会話においても基本的には同じ価値観が存在し、
「吹いている」は日常会話においては
「息が漏れている」という状態と同様の状態です。

息が漏れると、声の成分以外に息が混じるので、相手にとっては聞きづらい声になってしまいます。
どうやったら、「吹かない」「息が漏れない」声になるかは、改めて説明させて頂きたいと思います。

Sage Koizumi / 小泉誠司

(C)2013 SAGE KOIZUMI / Newberrysound
本ページに掲載されている文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

ページの先頭へ