どこかで聞いたことがあるロックバンドグループのミュージシャンを有名だと思われる順に並べてまとめてみました。売れた曲や,テレビ,ラジオ,cm,番組で扱われた曲ほど上の方に表示しております。代表曲,ヒット曲,定番曲,名曲,ヒットソング,おすすめ,一番ソング,人気曲まとめサイト。 洋楽ロックの黄金時代だった70年代の名盤を各年度ごとに10枚、計100枚を選んで紹介します。ベストアルバムレビューもお楽しみください。記念すべき年となった1969年の洋楽ロックや、レコードのジャケットアートのページも追加しました。 音楽史における70年代という時代は人々の記憶に確かな形で残っている。ザ・ビートルズが解散し、T.レックスやデヴィッド・ボウイ、スレイド等のグラム・ロック系アーティストが登場した他、ピンク・フロイド、レッド・ツェッペリン、ブラック・サバスといったバンドは飛ぶようにレコードを売り上げていた。更にイエス、ELP(エマーソン、レイク&パーマー)、マイク・オールドフィールド、ジェネシスといったプログレッシヴ・ロック勢も登場した。対抗するかのようにディスコ系ではELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ)、アバらがシーンに姿を現した。その後はパンク、そしてジョイ・ディヴィジョン等のポスト・パンク系、更には2トーンというジャンルも登場。そして、ボブ・マーリーやイーグルスもいた。そして誰もがロンドン・ブーツとホット・パンツを履いていた。それが格好よかったのだろう・・・きっと。, 現代の若者にとってアデルやエド・シーランが全てなのだろうか? いいや、大衆に受け入られるアーティストの陰には素晴らしい音楽を作り続ける多くのアーティストたちが存在しているのも事実だ。それは70年代の頃も同じだったと言える。才能のあるバンドは何千もの観客の前で演奏し、素晴らしいアルバムを世に出し、そしてやがては消えていった。今や減り続けるマニアックな愛好家たちにとっては懐かしいアーティストも、同時期に一世を風靡した人気者たちと同等の扱いを受けるに値しながら、ロックの歴史家たちにとってはその存在すら無視されていることがある。今からご紹介するアーティストたちは、70年代の忘れられた英雄たちだ。彼らを思い出し、そして改めて彼らの魅力に迫ってみよう。, 天才ギタリストのヤン・アッカーマンを擁していたフォーカスは、巧妙な音楽スタイルで当時としては珍しいインストゥルメンタル系で成功し、70年代においてオランダを代表するバンドとなっていた。1969年に結成したフォーカスはシングル「House Of The King」で注目を集め、イギリスでは4つものテレビ・シリーズのテーマ曲を担当した。メンバーのテイス・ヴァン・レールがフルートを使うことから、うっかりジェスロ・タルと勘違いしてしまう人もいたかもしれないが、このバンドには大きな違いがあった。1971年に発表されたセカンド・アルバム『II』からの鮮烈な楽曲「Hocus Pocus(邦題:悪魔の呪文)」は世界的なヒットとなり、フォーカスは見事にブレイクした。更にサード・アルバムではエレガントなメロディが印象的な「Sylvia」によって世界中で更なるファン層を獲得すると同時に、ヤン・アッカーマンも称賛の的となった。1976年にヤン・アッカーマンはバンドを脱退したものの、その後は何度かバンドに復帰も果たしている。フォーカスは現在も活動を続けている。, ヤン・アッカーマンだけではなく、70年代はみんなギター・ヒーローに憧れていた。亡きジミ・ヘンドリックスの後継者としても認められていた元プロコル・ハルムのロビン・トロワーもその一人だった。1973年にトリオ・バンドを結成したロビン・トロワーは、ストラトキャスターから奏でられる泣きのギターで素晴らしい作品をいくつも世に発表した。中でも1974年発表のソロ作『Bridge Of Sighs(邦題:魂のギター)』や1975年発表の『For Earth Below(邦題:はるかなる大地)』はヒット・チャートの上位にも登場。母国イギリスよりもアメリカでの人気が高かったプレイヤーの一人でもあった。優れたギター・バンドといえば、ウィッシュボーン・アッシュも忘れてはいけない。ウィッシュボーン・アッシュはツイン・リードのギター編成に加え、アンディ・パウエルとテッド・ターナーの二人のヴォーカリストでファンを魅了した。メロディックかつブルージーなサウンドに神話的な要素を取り入れた1971年発表の『Pilgrimage(邦題:巡礼の旅)』と1972年発表の『Argus(邦題:百眼の巨人アーガス)』はその時代の名盤として評された。あまりにも多くのファンが彼らの名曲「Blowin’ Free」のイントロを楽器店で引くことから、店によってはこの曲の演奏を禁止するところも出たという社会現象まで起こっている。アイアン・メイデンの中心人物として知られるスティーヴ・ハリスもウィッシュボーン・アッシュから大きな影響を受けた一人だった。, 次に紹介するのは所謂B級系とも言えるバンドだが、主流のアーティストに比べて個性的なバンドが多かった。かの有名なデザイナー、ロジャー・ディーンによるユニークなアルバム・ジャケットを使っていたことでも知られるオシビサはアフリカ・ガーナ系のサウンドにロックとカリブ系のグルーヴをブレンドさせたアフロ・ロック系の音楽をプレイしていた。彼らの最大のヒット曲でもあった「Sunshine Day」はさておき、注目すべきは当時のリスナーを熱狂させたデビューLPと1974年に発表されたセカンド・アルバムの『Woyaya』。初期メンバーとしてサンディ・デニーやリック・ウェイクマンも参加していたストローブスはフォーク、ロック、グラムをブレンドしたスタイルに社会的な歌詞を取り入れ、「Part Of The Union」や「Lay Down」といった楽曲でヒットした。バンドのスタイルが多彩過ぎたという点もあるが、『Just A Collection Of Antiques And Curios』(1970年発表)と『Grave New World』(1972年発表)は高く評価された。その他にアメリカ・イリノイ州出身のシンガーソングライター、エミット・ローズも忘れてはいけない存在だ。’新たなポール・マッカートニー’とも言われたエミットの楽曲は自分自身で全ての楽器を演奏してレコーディングするという手法をとっていたので驚きだ。セカンド・アルバムとなったセルフ・タイトルの作品は美しくメロディックで、バロック風なエッセンスも兼ね備えた楽曲を揃えながら1970年のヒットチャートでは29位までしか上がらなかったというのも不思議だ。紛れもなく素晴らしい才能の持ち主と言えるだろう。, 70年代後半、シーンを彩ったのは美しいハーモニーを取り入れたアメリカ・カリフォルニア出身の4人組プログレッシヴ・ロック・バンド、アンブロージア。イマジネーションに満ちたセルフ・タイトルのデビュー・アルバム(1975年発表)ではカート・ヴォネガットの詩を取り入れたシングル曲「Nice, Nice, Very Nice」や「Holdin’ On To Yesterday」が話題になった。美しいオーケストレーションや現代音楽ではダウンテンポ・グルーヴと呼ばれるようになった独特のビートがアメリカでの人気のきっかけとなっていた。デビュー翌年にリリースされた『Somewhere I’ve Never Travelled』はFM局のDJたちの間で密かなブームにもなり、更にはザ・ビートルズのドキュメンタリー映画として公開された『ザ・ビートルズと第二次世界大戦(原題:All This And World War II)』のサウンドトラックではザ・ビートルズの「Magical Mystery Tour」をカヴァーしたことによりその名を更に広めた。80年代にはソフトかつソウル風なヒットを何曲か飛ばし、バンド自体は今でも活動を続けている。, 素晴らしいバンドとして定評のあったアトランタ・リズム・セクション。ひとつ欠点だったのはバンド名がARSと簡略化されてしまったことだが、それでも彼らは成功を収めた。バンドの出身地は説明する必要もないだろう。彼らは1972年から1976年の間に5枚のアルバムを発表したものの、特に注目もされずレコードの売り上げも低迷した。しかし、1977年にソウルフルなサザンロック系の楽曲「So Into You」がアメリカのヒット・チャートでトップ10入りを果たしたことで全てが一変した。シングル曲のトップ10入りと同時にアルバム『A Rock And Roll Alternative』も大ヒットした。翌年には「Imaginary Lover」と「I’m Not Going To Let It Bother Me Tonight」も続けてヒットし、アルバム『Champagne Jam』もプラチナディスクを獲得 。その後も「Do It Or Die」等をヒットさせた他、ARS以前に二人のメンバーが所属していたクラシックス・フォーの1967年ヒット曲「Spooky」をリバイバルさせたことも話題となった。紛れもなく一流アーティストと呼べるバンドだった。, アトランタ・リズム・セクションと共通したスタイルを持つバンドといえば「Jackie Blue」(1974年)が最大のヒット曲となったAORとカントリー系のサウンドをブレンドしたスタイルを特徴としたオザーク・マウンテン・デアデヴィルズ。彼らのブギーな「If You Want To Get To Heaven」も是非聴いて頂きたい。また、サード・アルバムのタイトルを『The Car Over The Lake Album』(訳:湖の上の車のアルバム)というような少し馬鹿げたセンスを持ち合わせていたところも話題となった。1973年から1980年までアナログ時代を支えたバンドのひとつだった。, 同じ南部系のバンドで、子供の悪戯からバンド名を取ったウェット・ウィリーというバンドもいた。名前の由来はともかくとして、その音楽は一級品だった。アメリカ・アラバマ州出身のウェット・ウィリーは5〜6人の中心メンバーに加えてザ・ウィリエッツと呼ばれたコーラス隊で構成されていた。このザ・ウィリエッツにはイギリスのスター歌手エルキー・ブルックスが短期間参加していたこともある。4枚目のアルバム・タイトルにもなった簡潔でノリの良い「Keep On Smilin’」がバンドの最も有名なヒット曲となったが、バンドの真骨頂でもある荒くてファンキーなロックを堪能するなら、その前作となったライヴ・アルバム『Drippin’ Wet』を是非とも聴いて頂きたい。その他にも1972年から1973年にかけて素晴らしいアルバムを2枚発表したマナサスも忘れてはいけない。真のスーパースター、スティーヴン・スティルスを擁し、ザ・バーズやフライング・ブリトー・ブラザーズのクリス・ヒルマンをはじめ、多くの優れたミュージシャンが参加した素晴らしいバンドのひとつだった。セルフ・タイトルのデビュー・アルバムはカントリー・ロックのルーツ的な魅力を全て封じ込めた名盤となった。関係者の間では誰もが最高のバンドと高く評価していたものの、これ以上の成功を収めなかったのが不思議である。きっとファンはクロスビー、スティルス&ナッシュを望んでいたからに違いない。, 一方、アメリカから海を渡りイギリスではギタリストの名前をそのままバンド名にしたブリンズリー・シュウォーツというバンドがいた。アメリカ進出でニューヨークのフィルモア・イーストでライヴを行った際に過剰に宣伝され、厳しい評論家たちの批評の対象となってしまったことも有名な話ではあるが、その後バンドは地味な活動を続けながらもロンドンのパブ・ロック系音楽の土台ともなるカントリー・ロック&ルーツのスタイルを貫き通した。決して大きいとは言えないファン層を確立しながらブリンズリー・シュウォーツはウィングスやデイヴ・エドモンズの前座として常にツアーを行っていたが、大きな成功もなく1975年に解散。カントリー色の強い『Nervous On The Road』等、6枚のアルバムを世に残した。その後、ブレンズレー・シュウォーツのメンバーはそれぞれの道を歩み、成功を収めた者も多い。ベーシストでソングライターだったニック・ロウはダムドやエルヴィス・コステロをプロデュースした他、デイヴ・エドモンズ率いるロックパイルのメンバーとしても活躍した。また、ニック・ロウはドクター・フィールグッドの代表曲となった「Milk And Alcohol」のソングライターとしてもクレジットされている。ダウンビート系の英雄といえばスコットランドのギタリスト、ミラー・アンダーソンがいる。彼はキーフ・ハートリー・バンドやサヴォイ・ブラウン、イアン・ハンター、ジョン・ロード等、多くのアーティストの作品でブルース色の強い情熱的なギターを披露している。70年代に英国デラム・レコードの傘下にあったデッカ・レーベルからリリースされたミラー・アンダーソンのソロ・アルバム『Bright City』は意欲的であり、見事なオーケストラ・アレンジと70年代アーバンライフをテーマにした素晴らしい作品でありながら・・・全く売れなかった。それまではあまり注目されることのなかったミラー・アンダーソンのヴォーカリストとしての才能も十分にあっただけに、とても残念な結果である。, ギタリスト兼フルート奏者のアンドリュー・ラティマー率いるプログレ界のスター・バンド、キャメル。キーボード奏者のピーター・バーデンズも参加していたキャメルは1972年にMCAより名曲「Never Let Go」を収録した『Camel』でデビュー。その後はデラム・レコードに移籍し『Mirage(邦題:蜃気楼)』をリリースしてアメリカでも着実にファン層を広げた。1975年に発表されたインストゥルメンタル・アルバム『The Snow Goose(邦題:白雁)』は同名の子供向け短編小説の著者ポール・ギャリコとの闘争に発展。バンドがタバコ・ブランド“キャメル”と関係しているのではないか、というポール・ギャリコ側の誤解から生じた事件だったが、結果的にアルバム自体は予想以上の成功を収めた。その翌年にリリースされた『Moonmadness(邦題:月夜のファンタジア)』もヒットとなり、何度かメンバーチェンジを行いながらもバンドは1984年までヒット・チャートに名を連ねていた。, 次にご紹介したいのは実力派の4人組プログレッシヴ・ロック・バンド、バークレイ・ジェイムス・ハーヴェスト。チャートのトップ40に全く入ることなく5枚ものアルバムを発表した後、遂に2枚組のライヴ・アルバム『Live』でブレイクした。長年の苦労と努力が生んだファン層によって支えられた結果と言える。彼らがリリースした数々のLPの中でも『Everyone Is Everyone Else』、『Octoberon』、『Time Honoured Ghosts』はバンドの名盤として評価されている。また、これらのアルバムに収録されている「Mocking Bird」や「Poor Man’s Moody Blues」は現代音楽ではもはや聴くことのできないような名曲と言っても過言ではない。次にサイケデリック時代に活動していたサイモン・デュプリー&ザ・ビッグ・サウンド(60年代後期にはザ・モールズとも名乗っている)が母体となって生まれ、後に70年代プログレッシヴ・ロック・バンドの代表格へと成長したのがジェントル・ジャイアント。母国イギリスではあまりヒットしなかったものの、ヴァーティゴやクリサリスといったレーベルに10年所属してアルバムを発表していたことからアメリカではファン・ベースが確立されていた。アルバム『Free Hand』はチャートでトップ50入りを果たした他、『Octopus』や『The Power And The Glory』は真の音楽リスナーたちを魅了した。, 今回のリストに辛うじて入ったのは残念な話ではあるが、最後にイギリスからもう2バンド紹介したい。スプリングは1971年にセルフ・タイトルのアルバムを発表したメロディックな5人組。ザ・ムーディー・ブルースに似せることなく、独自のメロトロンを使ったサウンドが特徴的なバンドだが、最も評価されるべき点は後にイギー・ポップをプロデュースすることとなる、温かみのある独特の歌声を披露するヴォーカリストのパット・モーランの存在だ。そしてもう一組はT2だ。T2といえば映画を想像する方が多いだろうが、伝説的なプログレ・アルバム『It’ll All Work Out In Boomland』をリリースしたのがイギリスのバンドだ。この名盤を世に出しながらメンバーがスターになれなかったのは不思議な話としか言いようがない。ニール・ヤングとデヴィッド・ボウイを足して2で割ったようなヴォーカリスト兼ドラマーのピーター・ダントン、パワフルなギター・プレイを披露してくれるキース・クロス等、聴きどころも満載だ。BBCセッションや80年代には再結成も行われながら、バンドは大きな成功を収めることはなかった。いかに70年代が幸せな時代だったかが分かるだろう。, 1969年7月5日、ザ・ローリング・ストーンズの呼び名が決定したハイド・パークでのライヴ, レインボー『Down To Earth』解説:バンド初のメジャーヒットを生み出した作品, ブライアン・メイ、高級香水「Save Me」を発売。収益金は野生動物の命を守るために使用, ハートの伝記映画が製作中であることが明らかに。脚本・監督はスリーター・キニーのメンバー, スティーヴン・ウィルソン『To The Bone』に続く6枚目のソロ作『THE FUTURE BITES』発売決定, クイーン絶頂期のオフィシャル・フォトグラファー、ニール・プレストンによる写真集が発売, 【全曲動画付】フランク・シナトラのクリスマス・ソング・ベスト20:冬にぴったりな歌声と名曲たち, U2「Beautiful Day」:『All That You Can’t Leave Behind』に収録され完全復帰を実証した名曲, About Us • Terms of Service • Privacy Policy • © 2021 uDiscoverMusic, クイーン+アダム・ランバートが「Don’t Stop Me Now」ファンビデオ制作のため映像や画像を募集, ダイアー・ストレイツ、22年ぶりに全英チャートTOP10入り:新たな6枚組CDボックス・セット発売で, クイーン+アダム・ランバート、初のライヴアルバムが全英1位。クイーンとして25年ぶり10枚目の快挙, 1960年代の終わりにイギリスが生んだ傑作アルバム、ジャック・ブルース『Songs For A Tailor』, 名曲中の名曲、ディープ・パープル「Smoke On The Water」は最初はシングル曲ではなかった, ロッド・スチュワートのモッズからグレイト・アメリカン・ソングブックまでのキャリア変遷. 【ukロック史②】とがったバンドやダークでちょっとひねくれたバンドが登場した70年代のイギリス音楽 【ukロック史③】ポップだけどどこか陰鬱なギターとシンセ。80年代のイギリス出身バンド 【ukロック史④】“英国らしさ”とキャッチ―なメロディ。 ロックの発展に重要な影響を与えたと思われるルーツ・ミュージックや 楽器・オーディオ類についても多少付け加えました。 年表内の青字の項目は、すべて アーチスト紹介 ページや ロック用語集 にリンク … レトロでキュートな洋楽ガールズロック&ポップスの名曲 【00年代〜】 ここから全体的にレトロな風味は少し薄くなります。 「可愛い」より「カッコイイ」バンドも多めに。 でも、どれも「ガーリーでゴキゲンなロックンロール」です。 the riff randells 天才ギタリストのヤン・アッカーマンを擁していたフォーカスは、巧妙な音楽スタイルで当時としては珍しいインストゥルメンタル系で成功し、70年代においてオランダを代表するバンドと … AOR 、 フリーソウル 、 ソフトロックを中心に70年代から80年代に活躍した女性シンガーたちを特集してみました。柔らかく爽やかなそよ風のように揺らぐ歌声と、軽やかなアンサンブルが紡ぐサウンドは、きっと様々なシーンのBGMとしても活躍してくれますよ。そんなおススメ女性シン … 1960年代後半の時期は、ロックの「黄金時代 (golden age) 」「ルネッサンス」、後にクラシック・ロック(classic rock) 」とも呼ばれた。. トッド・ラングレンは、70年代を代表するような完璧なソウル・ポップ・ナンバーを書いたが、それに甘んじることなく、滑らかなポップ・ロック・アンサンブルへと徐々に変化していていき、その非常に優れたシンセとギターのセンスを生かした。 どこかで聞いたことがある80年代の洋楽ミュージシャンを有名だと思われる順に並べてまとめてみました。売れた曲や,テレビ,ラジオ,cm,番組で扱われた曲ほど上の方に表示しております。代表曲,ヒット曲,定番曲,名曲,ヒットソング,おすすめ,一番ソング,人気曲まとめサイト。 70年代~80年代を通じて20年を超えるロック史の中で、一部のファンやメディアから卑下され続けてきた「商業的な成功を得るためのpop感(産業ロック的なるもの)」を利用したハードロックバンドや楽曲は、それでも大衆に愛されました。 「ホテル・カリフォルニア」「ならず者」などのヒット曲で有名なアメリカの人気ロックバンド、 イーグルス (Eagles)! 70年代初頭から後半にかけて数々の名曲をリリースし、当時の音楽シーンを席巻したレジェンド・アーティストです。 アル・クーパーに至っては、サザンロック専門のレーベル(サウンズ・オブ・ザ・サウス)を立ち上げ、そこから世界的なサザンロックバンドとなるレーナード・スキナードを世に出すなど、アメリカでは70年代中頃までサザンロックが大いに盛り上がった。 60年代のビートルズのように、全曲シングル・カットできそうなアルバムが70年代には多かったな、と思います。 洋楽ロックの名盤10枚~1979年 - 洋楽ロックの黄金時代! 「60年代は英国のロックバンドが支配した時代だと一般的に思われていますが、 このリストを見れば60年代のアメリカにも良いバンドがあったことが判ります」 最初から60年代はイギリスの時代だったこと前提にしてる ハードロックの名曲15選 昔から現代までカヴァーされ続ける楽曲を紹介 ハードロック 2017.8.2 洋楽のハードロックバンド14選 1970年代から活躍するミュージシャン達… ハードロック … 今日は80年代洋楽ハードロックバンドのおすすめアルバ厶ベスト5を紹介します。80年代と言えばmtvの時代。商業ロックと呼ばれmtvで映像を流しまくり売ることが全てみたいな風潮がありました。 最終更新 2020年10月2日 (金) 23:28 (日時は個人設定で未設定ならばutc)。; テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。 追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。; プライバシー・ポリシー Paul Butterfield :Born:1942 : Died:1987 白人ブルース・ハープの第一人者で、シカゴで生まれ、育ちました。大学生時代にはブルース・クラブを訪れ、マディ・ウォーターズのバンドなどを見て、ブルースに傾倒していったようです。 1961年に同じ大学のギタリストエルビン・ビショップと出逢い、「The Buttercups」というバンドを結成して活動(詳しい状況はわかりません)して、63年に、ハウリン・ウルフのバンドで活躍していた、ドラムのサム・レイとベースのジェローム・アーノルドを加え … 80年代アメリカを代表する女性バンド。最近アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」第3部のedに楽曲が使用され、現代には無い、当時らしいポップさを持つ曲調に再び話題沸騰! ベット・ミドラー: ローズ: 抜群の歌唱力を持つこれぞアメリカ! 75年「大義なき戦争」ベトナム戦争は、アメリカの完璧な敗戦に終わりました。戦争終結を境に、アメリカの民衆意識は大きく変わって行きます。一方、60年代のロック・スター達もまた、過剰なドラッグ摂取等がたたり相次いで他界。 70~80年代のフォーク、ニューミュージック、歌謡曲を後ろ向きに語るサイト、だそうで。「エロジャケ天国」もユニーク。 Japanese '70s Rock: レアなロックバンドもざっくり紹介。Jロックの黎明期を思わせます。 Japanese Roots 1970年に結成された、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン市出身のロックバンド。 The YardbirdsやThe Rolling Stones、Led… セックス・ピストルズ (Sex Pistols) は、イングランド出身のパンク・ロックバンド。1 1970年代後半にロンドンで勃興した、パンク/ニュー・ウェイヴ・ムーヴメントを代表する象徴的グ … 70年代を代表する英ハードロックバンド名盤、お金・時間が曲名の有名プログレバンド歴史的アルバム。妻に捧げるラブバラード名曲のあの男性アーティスト、アメリカサザンロックの代表バンド、パワフルなアメリカのロックバンドの解説&youtube動画! ュ・ダイブの注意点・やり方まとめ!動画も!, いかがでしたでしょうか。人気の名曲揃いで懐かしいサウンドに心地良さを覚えた方も多いのではないでしょうか。また楽曲を初めて聞く方もさすが70年代はたくさんのスターロックバンドが生まれたといわれるだけありその曲のクオリティの高さに驚かれたことと思います。ぜひボヘミアンラプソディでクイーンのファンになったという方はこれらの有名ロックバンドの名作もたくさん聴いてみてください。これだけ語り継がれる作品だけありどれも聞き応えのある歴史に残る名作ばかりです。いまもなお大ヒット中で何度も映画館に足を運ぶほど虜になる方続出なボヘミアンラプソディまだ観たことがないという方はぜひ一度迫力がそのまま感じられる映画館でご覧になられてみてください。歴史に残る作品です!, サムネイル画像は下記より引用しました。, クイーン全盛期!70年代スターロックバンドまとめ①はじめに, クイーン全盛期!70年代スターロックバンドまとめ②火付け役!ボヘミアンラプソディとは, クイーン全盛期!70年代スターロックバンドまとめ③クイーン, クイーン全盛期!70年代スターロックバンドまとめ④イーグルス, クイーン全盛期!70年代スターロックバンドまとめ⑤レッドツェッペリン, クイーン全盛期!70年代スターロックバンドまとめ⑥ピンクフロイド, クイーン全盛期!70年代スターロックバンドまとめ⑦セックスピストルズ, クイーン全盛期!70年代スターロックバンドまとめ⑧テレヴィジョン, クイーン全盛期!70年代スターロックバンドまとめ⑨ボストン, クイーン全盛期!70年代スターロックバンドまとめ⑩まとめ, https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ボヘミアン・ラプソディ_(映画), https://ja.m.wikipedia.org/wiki/クイーン_(バンド), https://ja.m.wikipedia.org/wiki/イーグルス, https://ja.m.wikipedia.org/wiki/レッド・ツェッペリン, https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ピンク・フロイド, https://ja.m.wikipedia.org/wiki/セックス・ピストルズ, https://ja.m.wikipedia.org/wiki/テレヴィジョン_(バンド), https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ボストン_(バンド). Sex Pistols パンクロックバンドを代表するバンド、セックス・ピストルズ。1975年イギリスのロンドンにて結成、まさにパンクロックを創り上げたといっても過言ではありません。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」にて第60位にランクインしています。 イギリスのロックバンド。 ローリングストーン誌に「1970年代で最もビッグなバンド」と評価されている。 「1960年代におけるビートルズと同じくらい70年代に影響力を発揮したアーティスト」(米ロックの殿堂博物館)とも言われている。 Suzi Quatro – The Wild One (1974) スージー・クアトロ(Suzi Quatro:1950-)は60年代からバンド活動を始め、70年代からハードロックを演奏したアメリカの女性ロック・シンガーの先駆者です。 60・70年代の欧米ロックバンド 60・70年代にイギリスやアメリカで活躍した ロックバンドを教えてください!(ソロは抜きで) 箇条書きで書いてくれるとうれしいです。 代表曲・アルバムなども教えてくれたら、もっとうれしいです! 同紙は新ロゴを「70年代のジョイ・ディヴィジョン(イギリスのロックバンド)を彷彿とさせる」と評価した。 気になる、ciaの新ロゴはこちらだ。 80年代の終わり頃、地元シアトルでインディーズバンドとして活動していたニルヴァーナは、ハードロックとパンクを融合させた、いわゆるグランジバンドの有望株の一つとしてメジャーからも注目されるようになります。 地元レーベルのサブポップからリリースした1stアルバムの「ブリーチ」で、ある程度の手応えを掴んだニルヴァーナはメジャーのゲフィンレコードと契約を結び、移籍後の第一弾として、後に90年代ロック史上もっとも有名になってしまう、この「ネヴァーマインド」を世に放ち …