★★★★★   2018/10/15, 安定して穏やかな職場に見える郵便局。でも、実際に勤務したことがないと、実際にどんな業務を行っているのかイメージしづらい仕事でもありますよね。, 郵便局で働く人が行っている業務は、郵便配達だけではありません。保険の受付、郵便仕分け、電話対応など様々な業務があり、それぞれの業務ならではの辛さもあります。, 実は、郵便局の仕事は「もう辞めたい…」と思ってしまう人が多いことでも有名な職場。一体どんな理由で退職を決意する人が多いのでしょうか?, これから郵便局で働こうか考えている方へ、また、現在郵便局で働いていてまさに悩んでいる方へ、辞めたくなる理由と解決方法を業務別にまとめてみました。, 郵便局の仕事というと、真っ先に思い浮かぶのが郵便配達や窓口の業務ですよね。でも実は、郵便局の業務はそれ以外にも多岐にわたっており、様々な業務で募集されています。, 業種によってもちろん業務内容は大きく異なるので、求人に応募する時には、自分の応募先の業務をしっかりと確認しておきましょう。, 実は郵便局でも、コールセンターの担当が募集されています。実際に行う業務は、郵便の配達についての問い合わせがメインです。宅配便の再配達のお電話のような感じですね。, 基本的な再配達などは電話やネットなどで自動受付するようになっていますので、それ以外のあらゆる問い合わせの対応をすることになります。, 郵便局によっては、近隣エリアの郵便局の分の電話も対応することがあり、企業のコールセンターと同様、1日中お客様からの電話をさばいていく仕事になります。, 年末年始など、繁忙期にアルバイトとして募集がかかることが多い内務作業。内務というと事務のようなイメージがあるかもしれませんが、メインの作業は郵便物の仕分けと、仕分けした郵便物を配達担当のところまで運ぶ作業です。, 仕分け業務の中でも、仕分けするレベル(丁目・番地などか、世帯か)によって担当が分かれていることが多いです。ちなみに、市区町村などのレベルまでは機械ですでに仕分けが終わっているので、番地などを見てひたすら担当エリアのカゴに郵便物を放り込んでいきます。, 土地勘がないと難しい作業に思えるかもしれませんが、仕分けカゴに丁目・番地が書いてあるので、住所などを詳しく知らない人でも作業できるようになっています。, また、郵便局によっては、郵便物に消印を押したり、郵便物を種類別(着払いや代引き、配達日時や時間帯など)によって仕分けしていく作業もあります。, 繁忙期のアルバイトは外勤と内勤が選べるようになっていますが、内勤となるとこの内務の作業を担当することになります。, 郵便局で正社員として働くとなると耳にするのが「渉外」という職種です。この仕事は、郵便局が扱う生命保険や損害保険をお客様に販売する業務を担当します。要は「営業職」というわけですね。, 個人のお客様の対応をするため、お客様の家庭を訪問して相談にのったりすることもあり、地域にねざした営業活動を行っています。, 商品によって様々な特徴があったり、法律・経済の知識がないとお客様の質問に対応できないことから、幅広い知識が必要となります。また、定期的に制度改正があるため、正しい知識を身につけるため、常に勉強が欠かせません。, 郵便局の窓口業務は、わたしたちも普段目にする業務なので、イメージしやすいかもしれませんね。郵便局の窓口業務では、郵便物の受付をしたり、切手やハガキなどの販売を行います。また、郵便局によっては、経理などの業務も担当することがあります。, その他にも、お中元やお歳暮、バレンタインや父の日など各シーズンのギフトの販売をすることも。, 様々な業務を担当するので、覚えることがとても多くあります。応募する際には、どの業務を担当するのか、教育体制などはどうなっているのか、何人くらいの体制でやっているのかなど、詳しく確認しておくようにしましょう。, 郵便局の仕事は、雇用形態(パート・アルバイトと正社員)によって大きく変わってきます。それぞれの雇用形態の仕事内容とデメリットについてまとめてみました。, 郵便局では、パートの方も多くいます。勤務時間は人によって様々で、フルタイムで働いている人や、週3〜4日・数時間程度働く、という人もいます。, パート・アルバイトの割合が多い業務は、内務やコールセンターです。年齢層は幅広く、50代くらいの女性の方から、20代前半の学生さんまで様々な人が働いています。, 勤続年数も様々で、10年以上続けているようなベテランの方もいますが、郵便局によっては人の出入りが激しく、数ヶ月〜1年程度の方が多い…という郵便局もあるようです。これは職場の人間関係の影響が大きいため、面接時に同僚の方々の年代・勤続年数を聞いておくようにしましょう。あまりにも勤務歴が短い人が多い・働く人の年代に偏りがあって馴染みにくそうだと思ったら、避けたほうがいい職場かもしれません。, そして、働く上で気になるのが、時給ですよね。郵便局のパート・アルバイトの時給は、一般の職場とほぼ変わりがありません。地域によってバラつきがありますが、スーパーなどのパートの時給と同じくらいです。高い時給を期待する人にとっては、ちょっと期待はずれと思うかもしれません。, しかし、基本的に立ち仕事がほぼなく、デスクワークがメインの仕事になりますので、体力に自信がない方でも続けやすい職場だと言えます。, 実は、郵便局の正社員は採用時点で3種類(①総合職、②地域基幹職、③一般職)に分かれています。, 総合職は日本郵政グループ全体での採用となり、内定後に配属が決まります。地域基幹職と一般職は、募集の時点で各社(日本郵便、かんぽ生命、ゆうちょ銀行)に分かれているので、自分の希望する会社にエントリーできます。, 総合職として入社すると、将来的には地域の郵便局ではなく、本社組織で企画・制度づくりを担当することになります。ただ、最初の数年は郵便局の支店にて勤務することが一般的なので、転勤がないわけではありません。むしろ一般職や地域基幹職と比べ、辞令によって色々な郵便局にいかなければならないので、転勤の可能性が高い職種でもあります。また、研修が終わった後でも、様々な店舗に出向き、責任者として改善をしていくこともありますので、常に転勤・出張の可能性はあります。, 地域基幹職は、地域密着でお客様と対面する仕事がメインになります。具体的には、先ほどご紹介した渉外業務につく人が多いようです。基本的に1つの地域での勤務が約束されている職種ですので、正社員とはいえ転勤の可能性はほぼありません。, 給料は、こちらも採用される地域によって多少前後しますが、新卒で月17万円前後となっているようです。総合職より若干安めの水準となりますが、採用人数が多いため、総合職より就職活動の難易度は下がります。, 一般職は、地域基幹職同様、地域でお客様と接する仕事がメインになります。具体的にはコールセンターや窓口業務に配属になる場合が多いです。アルバイト・パートの方々のマネジメント業務も含みます。給料は新卒で17万円/月前後で、地域基幹職より若干安めの水準となります。, ちなみに、いずれの職種も昇給のチャンスは年1回で、賞与は年2回となっています。ボーナスはだいたい1ヶ月分くらいの年が多いようです。, ちなみに、郵便局が民営化される前は、ボーナスも2.5ヶ月分ほど出ており、今より年収は高めになっていたようですので、民営化前の郵便局で働いていた方は「給料はよかった」と話す人もいます。, 郵便局の具体的な業務が把握できたところで、各業種が「もう郵便局辞めたい…」と思ってしまうほど辛いポイントを見ていきましょう。今まさに悩んでいる人は、経験者によるアドバイスを参考にしてみてくださいね。, パートとして郵便局のコールセンターに採用されました。それまでクリーニング屋でパートをしていたので、接客業には自信がありました。コールセンターは未経験でしたが、未経験から入社した人も多くて安心しました。, でも、実際に業務が始まると、初日からいきなりクレームが…。自動受付では対応できない困りごとを電話で受け付けるため、電話に出た瞬間怒鳴られる、なんてことも1日に数件あります。あとは、いくら説明しても聞いてもらえず、同じような話を延々とされたり…ということもありますね。, 前の職場より体力的に楽な仕事なはずなのに、家に帰るともうグッタリで、家事をやる気力も起きないほどです。まだ入って1ヶ月ですが、辞めるなら早いほうがいいのかも?と悩んでいます。でも1ヶ月という短期間で辞めると、次の職場が見つからないかもしれませんし…。このまま我慢するか、いっそ早く退職するか悩んでいます。, コールセンターの電話対応では、本当にクレームが多いですよね。言いがかりのような文句を言い続けられると、精神的にも疲れてしまいます。, 怒鳴るようにクレームを言うお客様は興奮状態になっているので、相手の話を繰り返しながら根気よく話を聞くことで、冷静さを取り戻していただけることもあります。もちろんそうでないお客様も多いので、トークでどうにも出来ないこともある、というのが実情です。, クレームに関してはずっと続けていると慣れるもの、という部分もありますが、ストレスに対する耐性は人によって大きく違います。特に気にせず何年間も業務を続けられる方もいますし、ストレスのあまり体調を崩してしまう方もいます。1ヶ月経ってもクレームになれず、疲れ切ってしまっているようでしたら、自分の身体を最優先に考え、我慢せずに新しい職場に移るというのも有効だと思います。, 現在は企業でもコールセンターのスタッフを募集しており、業務によってはクレームが少ないものもあります。そういった職場で経験を活かして働くことも出来るので、1ヶ月という勤務期間を気にせず、働き方を考えてみてくださいね。, 年末年始の臨時募集をみて、内勤のアルバイトに応募しました。人手不足なようで、応募した人のほとんどが採用されたようです。, やった仕事は、郵便物を番地ごとにわける作業でした。色々な郵便物が入ったカゴの中から、それぞれの番地名が書かれたカゴへ郵便物を分けていくのです。, 最初のうちは番地がわからず時間がかかっていましたが、やっているうちに早く出来るようになりました。予想外に大変だったのは、仕分けした郵便物が入ったカゴを、配達担当のところまで持っていく作業です。重たくて、せっかく内勤にしたのに腰が痛くなりました…。, また、繁忙期だったせいもあり、毎日のように残業がありました。14時までの勤務で、毎回2~3時間程度の残業をお願いされていました。断ると露骨に嫌な反応をされるので、断ることもできなくて…。もちろん残業手当は出るのですが、朝から働いてさらに残業、というのはきつかったですね。, パート・アルバイトでも年賀状シーズンは残業が多くなりますよね。残業することが厳しい方は、入社前にしっかり勤務時間を確認しておくことに加えて、育児や家の都合でどうしても働けない時間帯があることを伝えておいたほうが良いでしょう。郵便局の内務は基本的に複数人でまわしているため、残業ができる方とセットでシフトに入る等の配慮をしてもらえると思います。, また、時給と業務内容を考えると、ほかのアルバイトのほうが条件が良い…ということもあります。定期的に他の求人情報をみてみることで、もっと効率的に働ける方法がないか探してみるもの良いと思います。, 郵便局で渉外を担当しています。地元で働きたかったので、家から近い郵便局で働けるのは嬉しいのですが、毎月毎月ノルマがきつすぎて、正直辞めようか悩んでいます…。, 売上成績が重視されるので、先輩社員も月末はピリピリしているし、人間関係もよくありません。母の日ギフトなどを自腹で買い取ったり、年賀状も1人500枚はさばくように!というような季節に応じたノルマもあるので、そのノルマがこなせないと居場所がないような雰囲気です。, ほかの仕事でも営業のノルマは存在すると思いますが、やはり今の職場の基準は高すぎて理不尽な気がします。, 渉外担当になると、毎月の売上目標がノルマとしてふってきます。これは人事評価にも組み入れられているので、渉外をやる以上ノルマがなくなることはありません。, しかし、業務を続けるうちに、地域に「お得意様」が出てくるようになります。地道に足を運んだり相談を聞いたりして、地域の方の信頼を集め、あなたのファンを増やしていくようにしましょう。そうすれば将来、今よりノルマ達成が楽になります。, また、保険の商材は、細かい専門知識を身につけることでより良い提案ができるようになり、売上アップにつながることもあります。商品に関する知識が必要なのは、郵便局の商材にかかわらず他の営業職でも同じことですが、商材として保険に興味が持てないということであれば、転職して商材を変えるというのも良いかと思います。, ちなみに、郵便局でノルマが存在するのは渉外担当の社員のみではありません。時期によってはパート・アルバイトの方でも残業が多くあったり、年賀状やかもめーるの購入ノルマがある場合があります。また、入社するときの契約時に、ノルマに同意するように言われたりする例もあるようです。もちろんこういったノルマの強要は全国の郵便局で行われているわけではなく、厳しく取り締まられているようです。こういった買取やノルマを強要されたら、その職場は避けたほうが良いでしょう。, 新卒で一般職として入社しました。今の窓口業務について1年になるのですが、いつも周りの社員さんに迷惑をかけてばかりで辛いです…。, 郵便物の受付だけをとっても、種類がとても多く、配送方法や料金を覚えるだけで大変です。教えてもらう度にメモをとって忘れないようにするのですが、操作ミスをしては先輩社員に怒られています。, 気をつけようと思うと余計に緊張して、ミスが出てしまいます。この業務自体が向いていないのでは?と毎日悩んでいます…。, 郵便も保険も銀行業務も、細かく対応方法が決められているので、覚えるまではとても大変ですよね。, 窓口では様々な質問にも対応しなければならないので、幅広い知識も必要です。逆に言えば、知識がつき、対応方法を覚えてさえしまえば業務も楽になるのですが、こういった業務には人によって得意・不得意が大きくでます。, 業務は覚えているのにうまくできない、ということでしたら、無理に今の業務を続けず、もっとあなたに向いている業務を探したほうが良いかもしれません。毎日長時間働いているわけですから、不得意な業務で失敗して、なかなか評価されない…というのはもったいない気がします。, なにより、苦手な仕事をして嫌な思いをするより、向いている仕事でしっかりと実力を発揮して評価してもらえたほうが、今後のキャリアにとってもプラスになりますよね。, 向いていないなあと思うことがあれば、別の業界も含めて転職を検討してみましょう。適している業界がわからないという場合は、転職エージェントなど第三者に相談してみると、自分の得意・不得意な分野を見つけやすくなります。, ここまで、郵便局の業務で辛いと感じるポイントと、それに対する解決策を見てきました。ただ、どれだけ悩みを解決しようとしても、業務そのものや郵便局内の人間関係による問題点は、なかなか個人の力で根本解決することはできません。, 悩むことがあれば、我慢したり無理することなく、「辞める」という選択肢についても考えてみてください。, しかし、退職するとなると不安に思うこともたくさんありますよね。次の職場が見つかるのか、今より給料が下がるんじゃないか、本当にもっと適した職業があるのか…。, こういった悩みは、具体的な求人を見てみることが、判断の材料になります。そのため、退職するにしろ、しないにしろ、一度色々な求人をみてこれからのキャリアの参考にする、というのがオススメです。, 次にステップアップするために必要なスキルや情報(取るべき資格、ベストな転職時期など)も、わかりやすくなります。, 求人自体があっても自分が採用されるかどうか心配…という方は、転職エージェントにいくつか登録してみて、専門のコンサルタントにピックアップしてもらった職場を見てみましょう。今の仕事で忙しくても、効率的に情報を集めることができますよ。, 繰り返しになりますが、郵便局を辞めたいと思っている方は、まず行動してみることがおすすめです。判断材料がないまま今の仕事をなんとなく続けてしまうと、あなたの実力がいつまでも評価されなかったり、働くこと自体が苦痛になったりと、キャリアにとってマイナスになります。, 今の職場で改善されるように動くか、転職して新しい環境で再挑戦するか。どちらの道に進むとしても、まず行動して情報を集め、それから判断することで、あなたのキャリアにとってより良い判断が出来るようになります。, どう情報を集めるべきかわからない方は、ほかの業界の友人に聞いてみたり、様々な業界の求人を扱っている転職エージェントの話を聞いてみましょう。きっと今の悩みが解消されて、のびのびとあなたらしく働ける職場が見つかると思いますよ。, ほとんどの転職エージェントは無料で使うことができます。しかし中には、「もう辞めたい…」と思うようないわゆる "ハズレ職場" ばかり紹介された、という残念な転職エージェントも。, 優秀な転職エージェントと出会えると、転職にかける時間や労力を省くこともでき、二人三脚で転職後まで手厚くサポートしてくれるため、とても心強い味方となります。 2007年に郵政民営化を経て今やすっかりと企業体質まで民間企業となった郵便局ですが、民営化になったことで退職を希望する人もたくさんいて、今もなお郵便局は人手不足に苦しんでいますよね。 ★★★★☆ 2007年に郵政民営化を経て今やすっかりと企業体質まで民間企業となった郵便局ですが、民営化になったことで退職を希望する人もたくさんいて、今もなお郵便局は人手不足に苦しんでいますよね。 郵便局職員の応対がひどい!窓口にいる受付の対応がひどすぎる!! クレームを入れたいけど、どこに連絡すればいいの? そんなお悩みと怒りを抱えている方へ。 どもども、dです。 この記事では郵便局に対する苦情・クレーム・ご意見を届ける連絡先と方法について、詳しく解説します。 2021年1月29日. 郵便局を辞めたい理由 . PHOTO BY kelsey_lovefusionphoto   就活でも転職でも書類選考は突破できるのに、 面接になると上手くいかなくて不採用になってしまってませんか。 それは面接のポイントを無意識に外して […]... by MC Quinn   就職に有利な資格を知りたいと考えている人はたくさんいます。 もしかしたらあなたもその一人かもしれませんね。 しかし就職に有利な資格とは職種や雇用形態により様々です。 その為、ここでは […]... 転職したいけどできない・・・なんて状態に陥っていないでしょうか。 今の会社に不満がある、人間関係が劣悪だ・・・このように転職したい理由をあげればキリがありません。 しかし、そうは思っていても実際には転職できない人は続出し […]... 転職に失敗する人とは、一体どういう人でしょうか。何が原因で失敗してしまうのでしょうか。 何回も面接を受けているのにまったく内定をもらえない・・・なんて日々が続くとどんどん自分に自信がなくなっていってしまうものですよね。 […]... 30代の転職に役立つ資格とはいったいどのようなものがあるのでしょうか。 30代となると、やはり採用する側の目もある程度厳しくなるものですよね。 その眼をかいくぐって転職を成功させるために資格を上手に活用したいところです。 […]... 転職するタイミングには色々と考えなければいけないことがあるものです。 誰しも仕事をやっていたら、「この仕事は自分には向いていないんじゃないか」「こんな仕事辞めてやる!」「別の仕事で自分の力をためしてみたい」などなど転職を […]... 就職活動の成功率と年齢は反比例します。 つまり、年齢が高くなればなるほど、就職活動はむずかしくなるということ。 特に20代30代に比べると、40歳は就職活動の難易度が急に高まる年齢と言っていいでしょう。 では、40歳で無 […]... 資格なしだけど転職したい・・・。 あなたはそう考えていないでしょうか。 転職に資格はあまり関係ないと言われていますが、やはり資格があったほうが見栄えがしたり、採用担当者の目につきやすいのも事実です。 しかし、今から資格を […]... 正社員への転職が厳しいとはよく言われています。 実際に転職活動をしている人は、その言葉を身を持って体験しているのではないでしょうか。 しかし、ちょっと周りを見渡せば正社員への道は数えきれないほどあるのも事実です。 そこで […]... 第二新卒なのに転職がなかなか決まらない人がいます。 もしかしたらあなたもそのうちの一人かもしれませんね。 その状態が続いていしまうと、どうしても不安を感じやすくなったりするなどして、とてもネガティブになります。 できるこ […]... 転職に成功するには共通点があると言われています。 その部分を理解しているか、理解してないかであなたの転職成功率が大きく変わります。 では、転職成功者はどのような特徴を持っているのでしょうか。 そこで今回は転職成功者の特徴 […]... 美容師を辞めたい・・・とあなたは考えていないでしょうか。 髪を切ってもらっていたときは、こんなにキラキラと輝いている人と環境で働くことができたらどんなに素敵だろうと憧れるものですよね。 しかし、実際に美容師として働き出す […]... 転職を考えているけれども、仕事を辞めてから転職活動をするのがいいのか、それとも仕事を続けながら転職活動をするのがいいのか迷っている・・・なんて状態になっていないでしょうか。 この問題は多くの人が抱えている問題です。 今す […]... 仕事を辞めたいと感じている40代は決して少なくありません。 転職してもっと優遇される企業や、今よりも負荷が少ないところに行きたいというのは至極当然のことでしょう。 しかし、40代という年齢を考えたり、今の生活や収入が悪化 […]... あなたは自分の長所を理解しているでしょうか。 おそらく短所と聞かれたらあれこれ思い浮かべるでしょうが、いざ長所となるとなかなか難しいものです。 これを長所といってもいいのだろうか・・・?と不安に感じてしまうこともしばしば […]... 転職検討者には必要不可欠の機能となるスカウトメールを利用するとあなただけに特別なオファーが舞い込む可能性が高くなります。. 新型コロナウイルス感染拡大を受け、営業時間を短縮している一部の郵便局について、2020年7月6日(月)以降、一部を除き短縮営業を終了し、通常どおりの営業時間で営業しております。 郵便局の渉外営業を辞めたいと思っていませんか?この記事では、渉外を辞めたいなら辞めてok、辞めた後の転職先、郵便局を辞める方法などを解説しています。記事を参考に退職・転職をしてみてくださ … 3. 2. 【郵便局の闇】元郵便局員の立場から語る、かんぽ生命の不適切販売の件に関して。 - Duration: 17:50. 郵便局の窓口アルバイトをしたい!その内容とは? どの町に存在する郵便局では、社員のほかにアルバイトが在籍しています。 よくある配達アルバイトのほかに、窓口業務を任される場合があります。 郵便局の窓口業務とはどのような内容なのかをまとめてみます。 ・郵便局の窓口業務. 郵便局の内情を知る人たちからは、とくに「窓口」と「営業」がブラックだと言われています。 以下では、どのようなポイントが郵便局のスタッフにとって負担となっているのかを解説しています。 郵便局を辞めたいと感じる9つの理由 郵便局の期間雇用社員の契約途中でもokな辞め方. ここまで読み進めて来た人は本当に辞めたい人 だと思います。 郵便局の期間雇用社員の辞め方ですが、結論を言うと 『会社側の合意』があれば辞められま … 郵便局を辞めたいです。辛すぎて、もう限界です・・・ 転職エージェントに相談したほうがいいのでしょうか?現在、郵便局で働いています。 郵便局の窓口を辞めたいです・・・ 郵便局の事務が大変で辞めたいです・・・ 郵便局を退職したいです・・・ そもそも転職すべきなのか、自己PR、転職先の候補などで迷ってる方から多くのお問い合わせ頂いております。   ★★★★☆ 郵便局員として働く読者さんからの口コミ情報をまとめました。 これから就職しようか迷ってる学生さん。すでに郵便局に勤めており、不満を持ってる正社員の方向けです。 【 年齢 】32 【業種・職業】郵便局 【仕事内容 】窓口 … 郵便窓口・金融窓口の営業時間の変更. 郵便局と言えば安定したホワイト企業というイメージもありますが、実は「ブラック企業大賞」を受賞するほどブラックなんですよ!ここでは日本郵便がブラックすぎる理由を紹介します!辞めたい人も多い実態を確認しておきましょう。 転職業界において有名な企業である 幅広い業界の転職知識・サポート経験がある 郵便局の内情を知る人たちからは、とくに「窓口」と「営業」がブラックだと言われています。 以下では、どのようなポイントが郵便局のスタッフにとって負担となっているのかを解説しています。 郵便局を辞めたいと感じる9つの理由 郵便局(郵政)の窓口を辞めたい・・・。 でも、なかなか辞めるという決断ができずに悩んでいる・・・。 こういうときってありますよね あなたと同じように郵便局の窓口を辞めたい・・・と悩んでいた方は、 どのように悩みを解決できたのでしょうか? もちろん小規模の転職エージェントさんでも、素晴らしい会社はあると思います。でも、念のためにひとつ登録しておくのであれば、私は「大手の転職エージェント」が間違いなくオススメだと思います。, 1.

宗田 京都 バス, が る ちゃん 動物, ファミポート 支払い 時間, 離乳食後期 パン レシピ, 消火器 リサイクルシール 貼り方, Sbi証券 アプリ ログイン, 一歳 誕生日ケーキ ヨーグルト, スタバ めんどくさい 注文, 京都 市役所 前 ランチ イタリアン,