國學院「若木睦」サークル

國學院1

國學院大学の黒崎浩行准教授のお誘いで

女川町の、熊野神社の神輿担ぎに一緒に参加した

國學院学生サークル「若木睦」の

熊野神社の神輿担ぎの報告会に参加しました。

若者らしいフレッシュな感覚と熱意な満ち溢れた報告会で

とても有意義な時間を過ごさせて頂きました。

黒崎浩行准教授の計らいで

急遽私もコメントを述べさせて頂き機会を与えて頂きました。

 

今回の熊野神社の神輿担ぎの話が起こった

女川町の岡さんとの経緯などを説明させて頂きましたが

大学生というこれからの日本を支えていく立場の

皆さんに本気で私の話に耳を傾けて頂き嬉しかったです。

これから若い人達とも力を合わせて

復興活動にも取り組んでいきたいと思います。

岡さんが先輩から預かったもの

image

先日熊野神社の神輿担ぎに参加し

2/15の音楽大漁祭で皆さんからお預かりした楽器を

女川町のおちゃっこクラブに届けた時に

おちゃっこクラブの壁に貼ってあった

懐かしいビートルズの「SP」レコード

先週のポールの公演中止は残念でしたが

このジャケットを見て

和んで頂ければと思います。

このレコードは

岡さんが震災前に岡さんの先輩からお預かりしたもので

やはり津波で流されてしまっていた様です。

それを岡さんが見つけて先輩に代わって

大事に飾っている

との事です。

岡さん曰く

「この2曲がA面B面、同じレコードに入っているなんて凄いよ!」

と。

今の時代、CDを通り越して配信で音楽を聴く事が増えたと思いますが

LP(アルバム)は33回転

SP(シングル)は45回転と

プレーヤ(今はターンテーブルと言いますが)の回転数を

合わせて聴いていたレコード…味わい深いものでした。

それがビートルズ、それも先輩から預かり

津波を生き伸びたこのレコード

岡さんにとっては「宝物」

我々にとっても大事にしていきたい

宝物だと思います。

 

熊野神社例大祭の集合写真届きました!

image

昨夜のアンコール渋谷7周年記念パーティー

5/3の女川町 熊野神社例大祭の集合写真を

届けて頂きました。

manaさん、ありがとうございました!

もう、懐かしさを感じてしまったり

本当に素晴らしい体験をさせて頂きました。

image

manaさんによると、

本殿は既に半分くらい解体されてしまっている様です。

寂しいですね。

でも、新しい本殿が建立される日を

楽しみに待ちたいと思います。

来年も神輿担ぎ、

行きましょう!

わっしょい!

神輿-イラスト

先日、女川町で熊野神社の神輿を担がせて頂きましたが

この時の掛け声は

「わっしょい」ではなく

「ちょうさい」でした。

地域によっては神輿・山車・等のことを長歳(ちょうさい)と言う…

らしいので、掛け声も「ちょうさい」だったのだと思います。

ところで「わっしょい」という言葉には

「輪を一緒に」という意味がある様です。

渋谷の金王神社の神主さんに教えて頂きました。

女川町と渋谷の町を神社を通して、

祭を通して繋ぐ事ができないか…

と相談に伺った時に教えて頂きました。

女川町の岡さんは

「人が人を助ける」

と言われていた事と神主さんが言われた事が

同期していて嬉しかったです。

今回、女川町の熊野神社の例大祭に参加して

言葉を交わさなくとも

同じ神輿を担げば

心が通じ合う事を

感じる事が出来ました。

本当の神輿は勿論の事

それぞれの心の中にある大切な「輪」を

繋いでいければ

震災の様な困難も

また他の困難も

「わっしょい!」で

乗り切れると思っています。

募金を届けました。

image-2

ニューベリーサウンドに設置している募金箱に

寄付して頂いた募金11,375円を

女川町の熊野神社氏子総代会総代長

木村喜一氏にお届けしました。

2/15「音楽大漁祭」の募金51,573円も

お届けさせて頂きました。

皆様有り難うございました。

女川町の人々に本当にお役に立てて頂けると思います。

女川町に楽器を届けました。

image

2/15「音楽大漁祭」で皆さんからお預かりした楽器を
5/3に女川町に届けました。
無事届けられてホッとしています。

その反面、本当の復興支援とは?
と考えてしまいます。
被災地の人が必要とするものは
場所や時間によって変化すると思います。

そんななか、
大事な事は「人と人」だと思っています。

女川町の岡さんは
「ゼネコンなどのインフラの復興は進む、でも人の心の復興は中々できない」
と言われました。
そして「人が人を助けるんだよ」と。

音楽に携わる身としては
音楽の力で被災地の人を明るくしたい
そして楽器に夢中になる子供達に
一瞬でも被災地である事を忘れて貰えるのではないか…
と考えて楽器を届けて来ました。

楽器を送るという音楽大漁プロジェクトも、
今後は楽器という物質を届けるというより、
より人間の気持ちを送れる様に
例えば、一緒に練習したり、軽く指導したり
…より「心」の部分にシフトしていきたいと思っています。

これからも皆さんのご協力を賜る事が出来れば幸いです。
宜しくお願い致します。

image-1

女川に神輿を担ぎにいきませんか?

IMG

5月3日(土)女川町復興事業の為、

女川町鷲神の熊野神社(現在の場所)での最後の例大祭が行われます。

しかし、女川は、震災後の離町率が非常に高く、
町民の減少に歯止めがかかりません。
そのため、神輿(みこし)の担ぎ手がいないのです..

熊野神社の魂を入れるべき神輿の担ぎ手を大募集しています。

皆様、一緒にお祭り参加しませんか?

一緒に練り歩くだけでもOK

20分に1回の休憩、
女性、お年寄り大歓迎
お医者さんも帯同します。

(企画:ゲットライブリー(http://get-lively.blogspot.jp/2014/03/5254.html))
以下、詳細転載。
IMG_0001
——-

【 日時 】2014年5月2日(金)夜出発~5月4日(日) 夜帰り 夜行現地一泊

【 申込締切 】4月25日(金)まで

【 出発 】21:30 高幡不動前スーパーおおた前 発
     22:30 渋谷駅クロスタワー前(六本木通り側) 発
     23:10 東京駅八重洲ロヤンマービル前 発

【 行先 】宮城県 女川町

【 現地担当 】祭部会長 岡裕彦 さん
      (コミュニティーハウスおちゃっこクラブ)

【 宿泊場所 】プランA:女川町復興のシンボル トレーラーハウス「エルファロ」朝食付
       プランB:女川地区の集会所または、神社の社務所(朝食とお風呂各自・寝袋持参)

【 費用 】プランA:大人 19,500円/学生 19,000円
     プランB:大人 13,500円/学生 13,000円
     (※ 当日徴収。交通費、5/3の昼食と夕食、ハンドメイド土産が含まれます。記載のない食事は基本各自です。)

【 キャンセル料 】4/26(土)以降のキャンセルは、キャンセル料として
        美味しいドリンク1ケースの差し入れをお願いします!

【 服装 】白い足袋や白い短パン

・白い足袋
白い靴下タイプの足袋は、外をねり歩くため危険です。
靴底のある白い足袋でお願いします。
白い足袋が無ければ白い靴に白い靴下でOKです。

・白い短パン
サッカー等のスポーツで履くものでもOKです。
男性はなるべく短パンで。
女性は白い長ズボンでもOKです。

どちらにしてもわざわざ購入しなくても、
ご自宅に有るもので構いませんので宜しくお願いいたします。

【 行程 】
5/2(金) 21:30 高幡不動駅前発
    22:30 渋谷駅発
    23:10 東京駅発

5/3(土) 8:00 女川町 熊野神社例大祭(雨天決行)
    15:00 直会(なおらい) ※交流会 ⇒各自宿泊場所へ

5/4(日) 9:00 出発
       献花台で黙祷
       かまぼこ本舗高政
       マリンパル女川
    19:00 東京駅 着
    19:30 渋谷駅 着
    20:20 高幡不動駅前 着

【 参加資格 】18歳以上/ボランティア保険加入者(2014年4月1日以降に各自お近くの社会福祉協議会もしくはボランティアセンターでご加入下さい)/無料メンバー登録者(申込FAX同時)

【 参加方法 】
こちら(http://get-lively.blogspot.jp/p/52.html)から用紙をDLして頂き、必要事項を記入の上、FAXでお申込下さい。
申込受付次第、確認のお電話を差し上げます。
FAX:042-591-6769

【 問い合わせ 】ゲットライブリー 代表 浅野勲 070-6486-6769

【 URL 】http://get-lively.blogspot.jp/2014/03/5254.html

音楽大漁祭

OkaEdit

大雪のため一時は開催そのものが危ぶまれたなか、

音楽大漁祭、沢山の方に参加して頂き、

また楽器を寄贈して頂き感謝しています。

そして多くの方に

「岡さんに会えて良かった、参加して良かった」と言って頂けました。

これからも頑張っていきたいと思います。

本当に有り難うございました。

使っていない楽器ありませんか?

ongakutairyosai-p
2/15に東北大震災復興のイベント「音楽大漁祭」を渋谷ルイードK2で開催します。
今の日本、安価でギターも手に入れられる様になってきたと思います。
でも被災地の人は?子供は?
楽器は全て流されてしまい、楽器屋さんもない、音楽を楽しむ環境もない
…最初から音楽をやる可能性がなくなってしまいかねない状況だと思います。
被災地の子供の中から将来素晴らしいアーティストが生まれるかもしれない、楽器の音が響けば町が明るくなるかもしれない…そう願い「女川町 音楽大漁プロジェクト〜被災地の子供達に楽器を届けよう!〜」プロジェクトを立ち上げ、去年も数回に渡り女川町に直接楽器を持って届けました。

2/15はこの活動の一環として行います。以下概要です。
• その日に女川町から復興連絡協議会の岡代表が来られて被災地の現状を伝えて頂く
• その日に被災地に送る楽器を集めるので楽器を送りたい人はお持ち頂く
• 楽器がなくてもこの活動を支援したい!という方は、その熱い気持ちでご参加して頂く
• 本気でこの活動に取り組んでいるアーティストのライヴも楽しんで頂く

日本はいつどこが被災地になるか分からない状況で、明日は我が身、
「助けるの」ではなく「助け合う」ことが大切だと思います。
ひとりでも多くの方に、このイベントに参加して頂き、復興支援に向き合って頂ければ幸いです。
————————————–
「音楽大漁祭」
2/15(土) 開場18:00/開演18:30
前売2,000円+ドリンク代/当日2,500円+ドリンク代
会場/渋谷ルイードK2

出演:Morry / 鮎牛蒡 / ナンモナイト高木&ジ•アンモナイト / The 三節魂 / Rune / 岡裕彦
MC:いわいゆうき&大美賀将行(劇団ほぼ無職)
主催:女川町 音楽大漁プロジェクト (ニューベリーサウンド)

*予約方法&お問い合せ
電話かメールで下記をお伝え(記入)して下さい。

1お名前(フルネーム)
2携帯番号(メール未着場合必要となります)
3ご覧になられたい特定のアーティストあれば記入下さい
4チケット枚数

電話予約/渋谷ルイードK2 03-3462-5310 (14:00〜21:30)
メール予約/ニューベリーサウンド mail@newberrysound.com

「女川町 音楽大漁プロジェクト」

女川町にバイオリンを届けて来ました。

東北大震災の被災地、

宮城県の女川町コミュニティハウス

「おちゃっこクラブ」代表の岡さんに

バイオリンを届けてきました。

 

このバイオリンは私の生徒さんが使用されていたもので

是非被災地の人に使って頂きたいとの熱い気持ちで

寄贈させて頂きました。

スクリーンショット 2013-11-19 12.48.09スクリーンショット 2013-11-19 12.48.26

元々、ライヴハウスのオーナーでもあった岡さん

ライヴハウス復活と共に、

女川町演舞場も作りたい

女川町の人が皆集える音楽の場を作りたい

と、希望に満ちた計画を話して下さいました。

 

女川町に行くと、毎回逆にパワーを頂けます。

負けずに頑張っていきたいと思います。