ためいきは縁起が良い!?

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

ここ最近はマスクを着用することが多く

息苦しく感じることもあると思います。

せめて、マスクを外せる時は

気持ち良い呼吸をして

リラックスして頂きたいと思い

今回の「ためいきメソッド」をご紹介させて頂きます。

歌唱時に頻繁にブレス(息継ぎ)を行う

……当たり前のように思われるかもしれませんが、

実はこの「吸おうとするブレス」は

本来は必要のないものです。 

なぜなら、息は「吸おう」と思わなくても

自然に「入ってく る」ものだからです。 

その証拠に、日常会話において

頻繁にブレスを行おうとする人はまずいませんし、

就寝時においてはそもそも意識がないので

「吸おう」とは思っていないからです。 

呼吸は部屋の換気と似ています。

部屋の換気を行う際、

扇風機や換気扇で

部屋の中の空気を部 屋の外に出すと、

部屋の中に自然に空気が入ってくるのと同じで、

息を吐けば息は自然に入ってきます。 

事実、医学的にも呼吸に関して「換気」という

言葉を使うことがあるようです。 

実はわれわれには息の排出に関して

素晴らしいシステムがもともと備わっています。 

それは「ため息」です。

縁起が悪いとされる「ため息」ですが、

通常の呼吸では体内に溜まった二酸化炭素を

排出しきれない場合において

本能的に行う呼吸システムであるとも言われています。 

「ため息」自体は悪いことではないが、

通常の呼吸システム が機能していない状態というのは、

その精神状態も含めて少なからず良い健康状態ではないので、

縁起が悪いと言われるのかもしれませんね。

いずれにせよ「ため息」が

自然な息の排出であることは間違いないので、

自然な息の排出において

このシステムを取り入れることは有効なのです。 

それでは、「ためいきメソッド」をやってみましょう。

イスに座って背筋を伸ばしてください。 

両手はブランブランに力を抜いた状態です。

その状態から一気に背筋を丸めて息を吐いてください。

ものすごくショックなことがあって「ガックリきた」 

というイメージです。

息を出すというより「漏れてしまう」状態

……パンパ ンに膨らんだ風船の口を緩めると

一気に中の空気が出 てしまうイメージと似ています。 

この時の息は「早くて」「強くて」「大きい」はずです。

腰に持病がある方、不安がある方は行わないでください。

また、一度に10回以上は行わないように注意してください。

息は出た分だけ入ってきます。

多くの息を吐けるようになると、自然に多くの息が入ってきます。

まずは、この「ためいきメソッド」で

息を吐く快感を味わって頂きたいと思います。

自律神経の安定にも有効です。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]