誤嚥性肺炎予防になるメソッド

加齢に伴い、他の筋肉と同様に、

声帯の筋肉も衰えてきます。

足腰が弱ってくると危機感を持ち、

歩く距離を増やしたり階段を登るようにしたりと

努力をしようするはずですが

声に関しては「昔はハリのある声だった」と、

現状を諦めている人を多く見かけます。


実は声帯も鍛えないと

生命の危機にも繋がってしまいます。

例えば、誤嚥性肺炎。

食べ物や飲み物が誤って

気管を通って肺に入ってしまう、

実は日本人の死因に挙げられるほど危険な病状です。


今回はこの誤嚥性肺炎にもなり、

声も出しやくなる

「声帯ぴったりメソッド」をご紹介したいと思います。


「声帯ぴったりメソッド」のやり方です。

「左右の指」イコール「左右の声帯」ということを意識してください。

1 首の前で、左右の人差し指をぴったりと合わせて

「おは ようございます」と声を出してみましょう。 

「声帯が閉じた状態」→「通る声」になります。

2 先ほどの左右の人差し指をぴったり合わせた状態から、 

第3関節を支点にし、

指先が2cmくらい開いた状態にして

「おはようございます」と声を出してみましょう。


  「声帯が開いた状態」→「息が漏れた感じの声」になります。

下記ページの「声帯ぴったりメソッド」手本動画を参考にしてください。http://www.newberrysound.com/KachigoeMakegoe.html

1 の「声帯が閉じた状態」と 2 の「声帯が開いた状態」での 

声の違いを実感してください。

 目指すのは「声帯が閉じた状態」→「通る声」です。

声帯の主な仕事は2つ、それぞれで声帯の状態は変わります。
● 呼吸→声帯は開いている
● 発声→声帯は閉じている

そう、発声をするときには声帯は閉じているのです。

声帯は喉の中で左右両側に分かれており、


昆虫が左右の羽をこすり合わせて音を出すように、


左右の声帯を引っつけて震わせることで声が作られます。


このときに左右の声帯が離れてしまっていては、

息が漏れるだけで声にはならないのです。

しかしながら、歌唱や発声に関して

「もっと喉を開けて」と

アドバイスされた経験がある方は多いはず。

ただし、実際にはこのアドバイス通り

声帯を開けてしまうと声にはなりません。

この誤った情報が、多くの人に「発声」を難しくさせているのだと思います。 

つまり、発声を行うときの声帯の状態は

「開ける」という言葉とは真逆の状態、

「声帯は閉じている」状態なのです。 


「喉を開けて」という表現は、

あくまでも「声を閉じ込めな いで開放しよう」と

いうようなイメージやメンタルな部分におけるアドバイスだと思います。


しかし実際には全く逆の動きをイメージして、

話したり歌ったりするのは危険です。


 声帯は人体に実際に存在する器官の1つです。 

画家、書道家、調理人……

手を使う職業の人は自身の商売道具である

手の構造やケアに関して徹底的なまでにこだわりを持つはずです。

声を出す人も声帯に関しての正しい知識を得た上で

練習に励んでいただきたいと思います。 

「声帯ぴったりメソッド」はじめ、

誰でも簡単にできるメソッド満載の

「人生を変える『勝ち声』『負け声』」Amazonでも販売中!

https://amzn.to/3155pd2

「声が小さい」の反対は「大きな声」ではない!


声が小さく、お店で注文をするときも

聞き返されることが多く困っています。

どうしたら声は大きくなるでしょうか?

という悩みを持つ方がよく私のレッスンに訪れます。

問題解決には

「声が小さい」という意識をなくすことが大切!

 なぜなら、相手に伝わらないのは

「声が小さい」ことだけが

 原因ではないからです。

実は「大きな声を出さなければいけない」

という意識自体が、

あなたを余計に緊張させ、

思い通りに話せない原因を作り出してしまっているのです。

「小さい声」の反対は「大きな声」ではありません。

 目指すべき声は「通る声」なのです。

 自分の声が相手に聞こえないと

大きい声を出したくなるかとは思いますが

……実は一番迷惑なのは大きい声なのです。

なぜなら、日常会話をするとき、

その距離感はものすごく近いはずだからです。

その距離感で相手が大きい声を出すとします。

耳が痛くなるほど、威圧感が出るほどの声

……それは聞いている人にとっては

ありがたくない状況と言えます。

では相手にとって喜ばれる声……それはどんな声でしょうか?

それは声の大きさ、声量に左右されない声、

すなわち 「通る声」です。 

「通る声」では声量は関係ないです。

小さくてもしっかりと相手に伝わります。

大きくてもうるさくは感じられません。

声が小さいと悩まれている方は多いと思います。

でも、解決方法や目標を「大きな声」にはしないでください。

問題を解決するなら

ベストな結果である

「通る声」

を目標にして頂きたいと思います。 

簡単に通る声を出す事ができるようになる

「人差し指発声法」は

「人生を変える勝ち声負け声」に掲載

手本動画も下記で掲載しています。

http://www.newberrysound.com/KachigoeMakegoe.html

是非実践してみてください。

千葉千恵巳演出朗読劇開催!

「おジャ魔女どれみ」春風どれみ役

「キラキラ☆プリキュアアラモード」 ビブリー役

等で活躍の声優 千葉千恵巳が演出


人気アニメ「おでんくん」「うちの3姉妹」

「京騒戯画」シリーズなどを手がけた

浅葱久楽脚本を務める

オリジナル新作朗読劇

「赤ずきんと雪の花」オーディションを

2020年2月4日開催決定!

新年のスタートダッシュに是非チャレンジしてください。

詳細は→

http://www.newberrysound.com/roudokugeki/audition.html

肩こり解消&呼吸改善!

あけましておめでとうございます。

「今年はこんな年にしよう」

「新しいチャンレンジをしてみたい」

…など新年の抱負を決意されている方も多いと思います。

私から一つのご提案を。

今年から肩こりをやめてはどうでしょうか?

肩こりがなくなる…

これは小さな目標ではなく

大きな目標かもしれません。

想像してみてください、肩こりがない人生を。

肩こり解消、そして呼吸の改善が簡単にできる方法をご紹介いたします。

「舟こぎ呼吸法」です。

この「舟こぎ呼吸法」を実践して

私や私の生徒さんは肩こりがかなり解消されています。

是非、実践して頂きたいと思います。


呼吸の源である肺の動きを左右するのは横隔膜。 

横隔膜をリラックスさせ、

その動きを活性化させることが

健康的な呼吸を生み、

その結果として気持ち良い声である

「勝 ち声」につながります。

日常生活においても

「背筋を伸ばして」と

アドバイスされたり、

自ら心がけたりしていると思いますが、

実は背筋を伸ばしただけでは、

背筋が曲がっているときと大して変わりはありません。 

なぜなら

背骨が真っ直ぐになっただけでは

「上半身の体重を支える」という

背骨の役目は果たされてはおらず、

相変わらず背骨の代わりに

肩や背中の筋肉が

「上半身の体重を支える」 ことを

行っているからです。

 その結果「肩こり」が起こります。

そこで、「舟こぎ呼吸法」の出番です。

 上半身の体重を持ち上げて

背骨の上に乗せてあげるようにしなければ

背骨が「上半身の体重を支える」ことはできません。

船頭さんが船を漕ぐように

両手を動かしながら上半身全体を使うことで、

「上半身の体重を支える」ことが可能になり、 

自然な呼吸ができるだけでなく

肩コリも解消、健康体に近 づけます。

1) イスに腰掛け両腕を左右にダランと垂らして上体を45 °に曲げる。

2) 両手を船でオールで漕ぐように回しながら

上体が垂直になるまで起き上がる。

 (鼻から息を吸いながら)

3) 上体が垂直になったら

両手が体の後ろ側に落ちるように、

肩の可動域を広げるようにして肩を落とす。

(口から息を吐く)

[1〜3を5回繰り返す]

仕事の合間、そして就寝前にこの「舟こぎ呼吸法」をお勧めします。

特に就寝前に行うことで、

就寝時の呼吸が楽になり心地よい睡眠を得ることができます。

是非実践してみてください。

小泉誠司新著「人生を変える『勝ち声』『負け声』」で

「舟こぎ呼吸法」を詳しく説明しています。

掲載メソッドは手本動画連動

「舟こぎ呼吸法」も動画連動なので是非お役立てください。

「舟こぎ呼吸法」

「人生を変える『勝ち声』『負け声』」Amazonでも販売中!

https://amzn.to/3155pd2