鼻呼吸では腹式呼吸にはならない!

呼吸において「鼻呼吸」を勧められることが多いと思います。

鼻呼吸は日常生活において次のような利点があります。

● ウィルスや菌の体内への侵入を防ぐ。 

● 喉の乾燥を防ぐ。

● 喉を冷やしにくい。

また「早く吸える」という長所もあります。 

でも長所は短所にもなり、

実は「鼻呼吸」は肺を大きくすることは苦手なのです。 

なぜなら「早く吸える」ということは

「近場で済ませている」

すなわち肺の上部でしか息を

入れられていないということ

肺の下部を含む肺の全域には

息を入れられていないということになるからです。

実は「鼻呼吸」では

肺の上部にしか息が入らない

「胸式呼吸」 になり、

「腹式呼吸」にはなりにくいのです。

今回は肺の全般に息を送り込めて

真の腹式呼吸をマスターできる

「ストロー呼吸法」をご紹介します。

医師が喫煙者や喫煙していた人に対して

治療として行うストローを使っての呼吸メソッド。

この「ストロー呼吸法」を行っていただくことで

肺活量を増やせ、肺を活性化することができます。 

それでは「ストロー呼吸法」のやり方を説明します。

1 脇腹に片手を置き、ストローを口にくわえる。 

2 ゆっくりと息を吸う

(横隔膜が広がっていくのを感じながら)。 

3 5秒間そのままキープ。

4 口から一気に息を吐く(ストローは外す)。 

ストローがない場合は、

ストローの代わりに口をすぼめて

ゆっくり息を吸ってください。

慣れてきたら「ストロー呼吸」や「口すぼめ呼吸」と

同じくらいに肺が大きくなるように、

脇腹に片手を置き横隔膜の広がりを確認しながら……

● 普通の口で息を吸う。 

● 鼻から息を吸う。

に取り組んでください。

「勝ち声」の源は「呼吸」、

そして健康体です。 

声が良くなるだけでなく健康にもなれる、

この「ストローメソッド」を、

ぜひ取り入れていただきたいと思います。 

詳しくは小泉誠司新著

「人生を変える『勝ち声』『負け声』」を。

全てのメソッドは手本動画連動なので是非お役立てください。

Amazonでも販売中!

https://amzn.to/3155pd2

お笑い発声法

「笑う門には福来たる」

笑うことは発声の基本であり、

という迷信を聞いたことがある人は多いと思います。

高等テクニック、

いわば高速でスタッカートで

発声を行っているのと同じこと

笑うと、発声の源である呼吸も良い状態になり

健康状態も良くなり

良いことが沢山起こることと

私は理解しています。

笑いながら自然な発声に身につく「お笑い発声法」を

私の新著「人生を変える『勝ち声』『負け声』」

の中で説明しています。

動画連動になっていますので、是非ご活用ください。

「お笑い発声法」

ちなみに「笑い」に必要な筋肉が

腹筋だと思っている人は多いと思いますが、

笑うために必要な筋肉は大腰筋です。

実は腹筋を使うと笑えなくなります。 

笑えなくなるということは

発声もできなくなるということ。 

腹筋を鍛える運動は発声に役立たないばかりか、

腹筋に力を入れようとすることが

「力み」につながってしまいます。

 でも、自分が腹筋運動をやっているのか、

大腰筋運動をやっているのかは

分かりにくいと思いますので、

次の2つを判断の目安にしてください。

● お腹を奥に引っ込めようとする→腹筋運動になる。 

● お腹を引っ張り上げようとする→大腰筋運動になる。

お腹を引っ張り上げようとすると

結果的にはお腹は引っ込むので、

「お腹を引っ込める」ことと混同しがちですが、

実はそれぞれ別の筋肉の動きになります。

「お笑い発声法」を練習すると

発声に必要な大腰筋を活性化でき、

自然な発声を行えるようになります。 

いざ発声というときにも

大腰筋が積極的に活動してくれて、 

腹筋は静かにしていてくれるようになります。

ぜひ「お笑い発声法」を実践してみてください。

「人生を変える 勝ち声 負け声」掲載のメソッドは

動画連動です。

今回ご紹介した

「お笑い発声法」も私が手本動画をアップしていますので

是非有効活用してください。

小泉誠司新著「人生を変える『勝ち声』『負け声』あなたを救う「声の法則」教えます!」

Amazonでも販売中!

https://amzn.to/3155pd2