自律神経の安定には「舟こぎ呼吸法」が効果的

LINEで送る
Pocket

自律神経を安定させるためには

「脱力」が大切

という学説があります。

しかしながら、

いきなり「脱力」と言われても

具体的に何をどうすれば

良いか分からないと思います。

そんな「脱力」が簡単にできて

呼吸が良くなり

そして声がよくなる

「舟こぎ呼吸法」

をご紹介します。

「舟こぎ呼吸法」

1 イスに腰掛け両腕を左右にダランと垂らして

上体 を45 °に 曲 げる。

2 両手を船でオールで漕ぐように回しながら

上体が垂直になるまで起き上がる。

(鼻から息を吸いな がら)

3 上体が垂直になったら肩をストンと落とす。

(口から息を吐く)

1〜3を5回繰り返す。

両手が体の後ろ側に落ちるように、

肩の可動域を広げるようにして肩を落とす。

呼吸の源である肺の動きを左右するのは横隔膜。 

横隔膜をリラックスさせ、

その動きを活性化させることが

健康的な呼吸を生み

その結果として気持ち良い声につながります。

船頭さんが船を漕ぐように

両手を動かしながら上半身全体を使うことで、

自然な発声ができるだけでなく、

自律神経の安定にも役立ちます。

お役立てください。

「人生を変える 勝ち声 負け声」掲載のメソッドは

動画連動です。

今回ご紹介した

「舟こぎ呼吸法」も私が手本動画をアップしていますので

是非有効活用してください。

小泉誠司新著「人生を変える『勝ち声』『負け声』あなたを救う「声の法則」教えます!」

Amazonでも販売中!

https://amzn.to/3155pd2

LINEで送る
Pocket