声の動力源は、空気中の酸素

LINEで送る
Pocket

前号では、営業スマイルにならないためにも

笑顔に見合った「本当の声」に必要性をご説明しましたが

どうやったら「本当の声」になるのか?….

を今号ではご説明していきたいと思います。

それには、まず声はどうやって作られるのか?

という事を理解して頂く必要があります。

声は声帯が震える事によって作られていきます。

しかしながら声帯自らが震えるわけではなく

肺から息が上がってきて、

その息で声帯を震わします。

声帯を良く震わせるのは、

「ちいさな息」より「大きい息」。

体外から体内に沢山息を取り込める事ができれば

大きい息を作ることができます。

実は、声の動力源は、空気中の酸素なのです。

なので、出来るだけ多く酸素を取り込む事ができれば

それだけ声帯に沢山息を送り込むことができて

声帯が良く震え「本当の声」になります。

誕生日のケーキのろうそくの火を吹き消す時の事を考えてみてください。

いきなりろうそくの火を息を吹きかけて消すのではなく

最初は大きく息を吸い込もうとするはずです。

原理はこれと一緒にです。

まずはシンプルに

息を沢山吸えれば「本当の声」になる

とお考えください。

それでは息を沢山吸うにはどうしたら良いのか?

一番簡単な方法

それは「笑顔」なのです。

ここで実験です。

[1] 口をしっかり閉めた状態で鼻から息を吸ってみる

[2] 写真を撮られる時にする「チーズの口」の状態で鼻から息を吸ってみる

どうですか?

[2] の方が息が吸いやすいと感じられたのでないでしょうか?

昔から「笑う門には福来たる」と言われていますが

笑うと呼吸がしやすくなり健康になる

健康な人には良いことが起こる

…ということだと私は思っています。

実は、笑顔こそが「本当の声」のための必須フォームなのです。

まずは、先ほどの[2] のチーズの口のフォームで

息を吸い込むことに慣れてください。

そして、その時に沢山の息が肺に入っていくことを実感してみてください。

スポーツと同じで、素晴らしい結果を出すには素晴らしいフォーム

「本当の声」を作るためのフォームは「チーズの口」

そして、その「チーズの口」で「本当の声」が出るようになる時、

あなたは「本当の笑顔」をしているはずです。

次号以降、更に「本当の声」を作るための

具体的な考え方や練習法を説明していきたいと思います。

YouTubeで、私が説明していますので、予習としてご覧頂ければ幸いです。

【ボイトレ】腹式呼吸だけではダメ!声帯が正しく震えればOK!

【ボイトレ】腹式呼吸は風船とストローでマスターできる!

■ News ━━━━━━━━━━━━━■

5月末申込分限定、無料体験レッスン受付中!小泉先生のレッスンがマンツーマンで受講できるチャンスです。http://www.newberrysound.com/taikenform.html

「ボイトレの”当たり前”は間違いだらけ〜すぐに歌がうまくなる新常識〜!(リットーミュージック)」好評発売中!http://www.newberrysound.com/Shinjoshiki.html

「1分でいい声になる!(自由国民社刊)」好評発売中!http://www.newberrysound.com/OneMinutes.html

LINEで送る
Pocket