花粉症でも声が出る!

残念ながら…

花粉症シーズン来てしまいましたね。

私も数年前から花粉症になり

このシーズンは本当に辛い状況になります。

頭がボーとしたり

鼻水が出たり

花粉症特有の症状は出るのですが

でも毎日長時間にも及ぶボイトレレッスンでは

私自身も花粉症に悩む生徒さんも

通常時と変わらず声は出せています。

もちろん花粉症の影響がゼロ

ということではありませんが

いつもに増して

正しい呼吸心がける

正しい姿勢を心がける

正しい顔&口のフォームを心がける

…こと

を行っていくと

花粉症の影響を最小限に留めて

声を出せるようになります。

とはいえ、鼻声は何とかしたいですよね。

ここで「鼻声にならない」ための

練習法をひとつご紹介したいとも思います。

まず、あくびをしてください。

とはいっても、いきなりのあくびは難しいと思います。

そんな場合は、

擬似あくび

あくびのフリでも良いので行ってください。

要するに、あくびの時は下顎の空間が広がるので

擬似あくびの時も、下顎の空間が広がることを意識してください。

あくび、もしくは擬似あくびを10回行った後

顎の先端部分に人差し指をおいて

その部分を響かせるように意識して

「おはようございます」と言ってみてください。

下の歯茎の根元を響かせるイメージでも良いです。

最初は「低音」「低域」をイメージした方が声が出しやすいと思います。

どうですか?

下顎全体に響きを感じられたのではないでしょうか?

その時、声は鼻声の成分は減ってきていると思います。

鼻声は息が鼻腔の方に流れて作られるので

鼻腔の方に息が流れなければ

鼻声にはならないということです。

息が鼻腔の方に行かないように

下顎を意識することで

鼻声を回避できるのです。

鼻腔には息を送り込まない

その代わりに

下顎の空間を作り、そこに息を送り込む

ということです。

もちろん、完全に鼻腔の方に

息を行かないようにすることは難しいので

鼻声がゼロにすることは難しいですが

モロに鼻声とは悟られない声にすることは可能です。

私の体験レッスンを受講して頂くと

詳しく説明、具体的な練習法もお教えします。

2019年3月申込分までは無料で体験レッスンを受講できますので

花粉症だけど

声を出さなければいけない仕事やオーディション、ライヴがある方は

是非受講しみてください。

無料体験レッスン詳細&申込↓

http://www.newberrysound.com/taikenform.html

■ News ━━━━━━━━━━━━━■

「ボイトレの”当たり前”は間違いだらけ〜すぐに歌がうまくなる新常識〜!(リットーミュージック)」好評発売中!http://www.newberrysound.com/Shinjoshiki.html

「1分でいい声になる!(自由国民社刊)」好評発売中!http://www.newberrysound.com/OneMinutes.html