大きい声はいらない!欲しいのは通る声!

自分の声が相手に聞こえないと

どうしても大きい声を

出したくなるかとは思いますが…

実は一番迷惑なのは

大きい声なのです。

なぜなら…

日常会話をする時

その距離感は

ものすごく近いはずです。

その距離感で

相手が大きい声を出すとします。

耳が痛くなるほど大きい声…

威圧感が出るほどの声…

それは聞いている人にとっては

有難くない状況と言えます。

「小さすぎる声」

「大きすぎる声」

…どちらも相手にとっては

気持ち良い状態ではなく

そんな声を出す人とは

良好な関係を保ちたいと

積極的には思わないはずです。

「小さすぎる声」と「大きすぎる声」

実は「小さすぎる声」の方が

まだマシなのです。

なぜなら、

「小さすぎる声」の場合は

まだ、こちらからその人に近寄れます。

でも「大きすぎる声」の場合は

わざわざ、その人から離れることは

できにくいと思います。

相手に失礼になるかもしれないからです。

でも元々失礼なのは

相手が嫌がる程

大きい声を出しているその人なのですが…

では相手にとって喜ばれる声

…それはどんな声でしょうか?

それは

声の大きさ、声量に左右されない声

すなわち

「通る声」です。

通る声では

声量は関係ないです。

小さくてもしっかりと相手に伝わります。

大きくてもうるさくは感じられません。

声が小さい

と悩まれている方は多いと思います。

でも、その目標を

「大きな声」にはしないでください。

どうせ問題を解決するなら

ベストな結果

通る声を目標にして頂きたいと思います。

具体的な「通る声」の

メカニズムや出し方は

このブログの他の号で詳しく説明していますので

ご参照ください。

■ News ━━━━━━━━━━━━━■

3月末申込分限定、無料体験レッスン受付中!小泉先生のレッスンがマンツーマンで受講できるチャンスです。

http://www.newberrysound.com/taikenform.html

「ボイトレの”当たり前”は間違いだらけ〜すぐに歌がうまくなる新常識〜!(リットーミュージック)」好評発売中!

http://www.newberrysound.com/Shinjoshiki.html

「1分でいい声になる!(自由国民社刊)」好評発売中!

http://www.newberrysound.com/OneMinutes.html