通る声になるために…正しいチーズの口の作り方

LINEで送る
Pocket

 

チーズの口が

通る声

抜ける声

には不可欠

ということを前号までに

ご説明していますが…

通る声のマストアイテム…それはチーズの口!

意外に

チーズの口のを維持することは

難しいです。

なぜ難しいかと言えば

多くの人は

頬の筋肉の筋力が弱い

ので

頬が上がりきらず

上唇も上がらないからです。

そこで目尻の横の筋肉を釣り上げて

無理矢理上唇を上げようとすると

結果、力みの状態になってしまいます。

チーズの口をするために

上唇を上げるのは

目尻の横の筋肉を釣り上げるのではなく

頰の筋肉を上げる必要があります。

それでは、どうすれば

頰の筋肉を鍛え

引き上げる事ができるようになるのでしょうか?

それは

「おちょぼ口」

をやれば良いのです。

いわゆる

「ひょっとこ」のお面の顔です。

ただ、

この「ひょっとこの口」を維持するのは

「チーズの口」を維持するよりも大変です。

前号で

「チーズの口」を1分間キープする

練習をご紹介しましたが…

通る声のマストアイテム「チーズの口」の練習法

「ひょっとこの口」を1分間キープする

のはもっとキツイです。

試しに

「ひょっとこの口」を1分間キープしてみてください。

口の周りの筋肉

特に下唇の下の筋肉が

20秒もすれば痛くなってくるはずです。

まずは、

「ひょっとこの口」を1分間キープ

する練習を毎日やってみてください。

次に

「ひょっとこの口」をしたまま

中央の上唇の位置を維持したまま

左右の上唇を両側に広げていく感じで

「チーズの口」に

「ゆっくり」と移行してみてください。

ここでポイントは

「ひょっとこの口」から

「チーズの口」に移行する際に

上の前歯の2本は常に見えている状態することです。

このようにして作られた「チーズの口」は

本当に必要な頰の筋肉を引きあげて出来ているので

目尻の横の筋肉を釣り上げている時とは違って

力みが少ない「チーズの口」となります。

最初は思うように、口も頰の筋肉も動かないと思いますが

焦らず、ゆっくりと丁寧に練習してみてください。

必要なことは

「正しい筋肉の正しい反復練習」

です。

根気強くがんばってください。

■ News ━━━━━━━━━━━━━■

11月申込分限定、無料体験レッスン受付中!小泉先生のレッスンがマンツーマンで受講できるチャンスです。

http://www.newberrysound.com/taikenform.html

「ボイトレの”当たり前”は間違いだらけ〜すぐに歌がうまくなる新常識〜!(リットーミュージック)」好評発売中!

http://www.newberrysound.com/Shinjoshiki.html

「1分でいい声になる!(自由国民社刊)」好評発売中!

http://www.newberrysound.com/OneMinutes.html

LINEで送る
Pocket