通る声が滑舌を良くする!

LINEで送る
Pocket

 

歌を歌われる人の場合

声量よりも

ニュアンスを大事に歌いたい

という方が良くいらっしゃいます。

 

結論から言います。

声は声帯で作られます。

なので

声量もニュアンスも

左右するのは

声帯です。

 

声帯がいかに

良く震えるかどうか

で決まります。

 

「滑舌」

というと

その名の通り

「舌」

が大事である事は

間違いないですが

舌だけを鍛えても

その前に音を作る声帯が

「震えていない」

厳密に言うと

「声帯が閉じられていない」と

いわゆる

「息が漏れた声」

になってしまい

いくら舌を鍛えたところで

何を言っているのか

不明確な声になってしまいます。

 

声帯の正しい情報

声帯の位置

声帯の構造

を理解した上で発声することが

正しい滑舌にが役だちます。

(声帯の位置、構造に関しては下記を参照してください)

声帯の位置を動かしなさい?… 声帯の位置は変わりません!

「喉を開けて」は大間違い!

それでは

早口言葉

で試してみましょう。

左右の鎖骨交わるあたりに

人差し指を置いて

そこから音が出るイメージをして

「隣の客は良く柿食う客だ」

息が下から上に流れることを意識して

と言ってみましょう。

 

ここで注意して頂きたい事は

「噛まない」

「止まらない」

事ではなく

「柿食う」

が明確に言えているか

という事です。

たいがいの場合

「柿食う」

がこもってしまいます。

しかしながら

こもっている事自体に

気づく人はあまりいません。

 

それよりも

「噛まなくて良かった」

「止まらなくて良かった」

という思いの方が強いので

「柿食う」

が、ちゃんと聞き手に聞こえるように

発音できているかどうかを

気にする人は余りいません。

 

滑舌とは

「噛まないことではなく」

「伝わること、聞こえること」

です。

 

この練習で

声帯の位置と構造

息の流れ

を意識づけ

声帯を鳴らす事に慣れてください。

そうすれば

舌や顔、口をそんなに意識しなくても

滑舌は良くなります。

もちろん

舌や顔、口の練習も必要ですが…

次項以降説明していきます。

 

まずは

自分の

声帯が鳴った時の

芯のある声

すなわち

「通る声」

を覚えるようにしましょう。

■ News ━━━━━━━━━━━━━■

10月申込分限定、無料体験レッスン受付中!小泉先生のレッスンがマンツーマンで受講できるチャンスです。

http://www.newberrysound.com/taikenform.html

「ボイトレの”当たり前”は間違いだらけ〜すぐに歌がうまくなる新常識〜!(リットーミュージック)」好評発売中!

http://www.newberrysound.com/Shinjoshiki.html

「1分でいい声になる!(自由国民社刊)」好評発売中!

http://www.newberrysound.com/OneMinutes.html

LINEで送る
Pocket