「昔はハリのある良い声だった」は生命の危機のサイン

LINEで送る
Pocket

声は声帯で作られます。

声帯は筋肉で出来ています。

加齢に伴い

声帯も衰えてきます。

 

なので

足腰と同じように

どんどん

衰えていきます。

 

「昔はハリのある良い声だった」

 

と言われる方を

よく見かけます。

 

若い時は

声帯が元気なので

発声の時には

左右の声帯が

ぴったりとひっついて

ハリのある声が出ていたのだと思います。

 

それでは今は?

 

歳をとり

声帯が疲れてきて

発声の時に

左右の声帯が

ぴったりと引っ付かなくなり

ハリのある声が出なくなって

いるのだと思います。

 

だんだん歳を取ると

少し歩いただけで

階段を少し上がっただけで

疲れてしまいがちになりますよね。

でも

そのままにしておくと

ますます歩きにくくなり

困るので

今までエレベーターやエスカレーター

を使っていたところでも

歩いて上がったりしたり

少しでも歩く時間を増やす

など

 

「努力」

 

をするはずです。

 

歩かなくなる

イコール

生きていけない

 

という本能的なところから

頑張ろうとするはずです。

 

では

声は?

 

足腰の筋肉と同じように

加齢に伴い

衰えていき

左右の声帯が

ひっつきにくくなり

声が出にくくなります。

 

足腰の衰えは

なんとかしようとするのに

声帯の衰えは

放置する

 

実はこれが

生命の危機にも

繋がる

大問題となります。

 

声帯が衰えると

日本人の死因の上位に

ランクされている

 

誤嚥性肺炎

 

になる危険性が出てきます。

 

左右の声帯が

引っ付かなくなるということは

食べ物が間違って

気管の方に行きそうになっても

フタができない

という事になってしまいます。

 

そうなると食べ物や水分が

肺に入ってしまい

肺炎を起こす

すなわち

誤嚥性肺炎

になってしまいます。

 

「昔はハリのある声だった」という人は

要注意!

です。

 

決して諦めてはいけません。

 

ハリのある声を取り戻さなければいけません!

 

では、どうやったら

ハリのある声

すなわち

抜ける声

通る声

になるのか

次回、ご説明したいと思います。

■ News ━━━━━━━━━━━━━■

『キラキラ☆プリキュアアラモード』ビブリー役、『おジャ魔女どれみ』春風どれみ役の声優 千葉千恵巳演出による朗読劇の出演者を大募集!10/30にオーディションを開催します

http://encoreshibuya.com/roudokugeki.html

無料体験レッスン受付中!小泉先生のレッスンがマンツーマンで受講できるチャンスです。

http://www.newberrysound.com/taikenform.html

「ボイトレの”当たり前”は間違いだらけ〜すぐに歌がうまくなる新常識〜!(リットーミュージック)」好評発売中!

http://www.newberrysound.com/Shinjoshiki.html

「1分でいい声になる!(自由国民社刊)」好評発売中!

http://www.newberrysound.com/OneMinutes.html

LINEで送る
Pocket