抜ける声、通る声の秘訣は「良く聞く!」2

LINEで送る
Pocket

 

前回では

抜ける声、通る声の秘訣として

両耳に手をあてて

空気伝導により自分の声を

「良く聞く」

ことを説明しました。

今回は

抜ける声、通る声を出すための

具体的練習方法を

お教えしたいと思います。

 

両耳に手を当てて

自分の声に慣れてきたら

 

両耳に手を当てて

出来るだけ

低い声で

例えば

「おはようございます」

と声を出してみましょう。

 

この時注意して頂きたいことは

声帯の位置は

「思っているより低い位置にある」

ということ

 

そして

 

声を出す時

左右の声帯が

ぴったりとひっついている

イメージすること

 

実はこれは

イメージではなく

声が出る時

左右の声帯はぴったりとひっついて

音を出します。

 

この時、声帯が

ぴったりと引っ付けて締めている

つもりが

ほとんどの人は

左右の声帯が

ぴったりとは締めておらず

 

そうなると

 

いわゆる

「息が漏れているような声」

になってしまいます。

 

「抜ける声、通る声」

というか価値観からは

真逆の声

すなわち

「悪い声」

ということになります。

 

ここでは、相手に聞こえやすい声を

良い声

相手に聞こえにくい声を

悪い声

と定義づけさせて頂きます。

 

ところで、実は

「息が漏れているような声」

は正しくは

「息が漏れている声」

で、

声を出す時に

本当に息が漏れてしまっています。

 

試しに自分の口の前に

手を当てて

「おはようございます」

と言ってみてください。

 

ほとんどの人は

声を出した瞬間に

手に息が当たったはずです。

 

すなわち

 

声を出した時に

手に息が当たらなければ

抜ける声、通る声…良い声

である可能性が高いという事です。

 

それでは、具体的な練習方法をお教えしたいと思います。

 

片方の手を耳に当てて

片方の手は口の前に当てて

出来るだけ低い声で

「おはようございます」

と言ってみてください。

 

この時注意点としては

1.声帯の位置は低く

2.息が漏れないように左右の声帯をぴったりと引っ付けているイメージを持つ

3.息は下から上に流れる

です。

 

ゲーム感覚でトライしてみてください。

 

上手く出来るようになると

両手を外して

普通に声を出してみてください。

その時

あなたの声は

格段に

「抜ける声、通る声」

になっているはずです。

 

■ News ━━━━━━━━━━━━━■

『キラキラ☆プリキュアアラモード』ビブリー役、『おジャ魔女どれみ』春風どれみ役の声優 千葉千恵巳演出による朗読劇の出演者を大募集!10/30にオーディションを開催します

http://encoreshibuya.com/roudokugeki.html

無料体験レッスン受付中!小泉先生のレッスンがマンツーマンで受講できるチャンスです。

http://www.newberrysound.com/taikenform.html

「ボイトレの”当たり前”は間違いだらけ〜すぐに歌がうまくなる新常識〜!(リットーミュージック)」好評発売中!

http://www.newberrysound.com/Shinjoshiki.html

「1分でいい声になる!(自由国民社刊)」好評発売中!

http://www.newberrysound.com/OneMinutes.html

LINEで送る
Pocket