「喉に負担のかからない呼吸法」

LINEで送る
Pocket

 

喉に負担のかからない発声は歌を歌うだけでなく会話をする上でも

非常に重要で皆さん、そうありたいと思われているはずです。

でも、発声の前に呼吸がとても大事なのです。

ここで実験をしてみます。

まず「ハー」と息をはいてください。

イメージとしては…

走った後、息が乱れますよね。

「ハー、ハー」と。

その時、あなたの喉はどんな感じですか?

喉が乾き喉に負担がかかっている感じがしませんか?

次に「フー」と息をはいてください。

ちょうどバースデーケーキのろうそくを消すようなイメージです。

その時、あなたの喉はどんな感じですか?

先ほどの「ハー」の時と比べてみてください。

「フー」の方が「ハー」よりも喉が乾きにくく

喉への負担が少ない印象を持たれたはずです。

「ハー」という息をはく時、

その時は先ほど走った後の息が乱れる

シチュエイションに代表されるように、

疲れている時…つまり呼吸がうまくできていない時が多いです。

それに比べて「フー」という息をはく時は

バースデーケーキのろうそくを消すように

お腹にしっかり力を入れて息をはいている事が多いはずです。

あなたが歌を歌っていて喉が痛くなる時は

「ハー」という息をはいているのと同じ呼吸法で声を出していると考えて下さい。

「ハー」という息をはくだけで喉が乾いたり負担がかかっている感覚が

あるのですから、その上に声がのっかると息だけの時以上に喉に

負担がかかっているのです。

なるほど!「ハー」より「フー」の方が喉に負担がかかりにくいのか。

と理解して頂いた上で、

どうしたら「ハー」にならず「フー」になりやすいか?

説明しましょう。

バースデーケーキのろうそくを消す時のように

やはり肺に息が入っていないと「フー」の息にはなりません。

逆に言えば、肺に息が入っていないと「ハー」に息になってしまいます。

走った直後などは、肺に息があるかどうかという以前に

「肩で息をする」ような状態で、やはり肺には息があまり入っていない状態

すなわち「しんどい」状態です。

ふだん「腹式呼吸」「腹式呼吸」と意識しているのに

肝心の歌う時には、せっかく肺に入っている息を自然に出さずに

「ハーの息」のように声を出している人を多く見かけます。

腹式呼吸とは肺に息を入れることだけではありません。

ちょうどパンパンになった風船が口を開けると自然にしぼんでいくように

息が抜けていくとき、すなわち声が口が出て行くところまで腹式呼吸です。

ちなみに、風船に空気が入っていく時と同じで

息を体内に取り込むところから腹式呼吸です。

まずは、自然な息が吐けるように

「ハーの息」を心がけて頂きたいと思います。

 

■ What’s New ━━━━━━━━━━━━━■

発声のメカニズムに関して説明したビデオをYouTubeにアップしました。

【ボイトレ腹式呼吸だけではダメ!声帯が正しく震えればOK!】

https://youtu.be/HMt3m2fm-eg

【腹式呼吸は風船とストローでマスターできる!】

https://youtu.be/duXL1Z0E9uE

「声で人生が変わる、目からウロコの1日1分ボイストレーニング」の

バックナンバーが見れます。是非お役立てください。

https://backnum.combzmail.jp/?t=tn38&b=nm23&m=771q

もしあなたが友達の中で一番良い声、会社の部署の中で一番良い声に簡単になれるとしたら

…奇跡のボイトレ本

「1分でいい声になる!(自由国民社刊)」好評発売中!

http://www.newberrysound.com/OneMinutes.html

LINEで送る
Pocket