「カツゼツが良くなると声も抜ける」

LINEで送る
Pocket

 

新常識

こんにちは

ボイストレーナーの小泉誠司です。


「声が抜けない」

「声がこもる」

…こんな悩みを持つ方は少なくないと思います。



「カツゼツ」も原因のひとつになります。


突然ですが

「タ チ ツ テ ト」

と言ってみて下さい。

うまく言えましたか?


次に

「タ チ ツ テ ト」「タ チ ツ テ ト」「タ チ ツ テ ト」….

と5回言ってみて下さい。

どうですか?

意外に難しいでしょう。


では次に

「タァ ティ トゥ テェ トォ」

そして先程と同じように

「タァ ティ トゥ テェ トォ」「タァ ティ トゥ テェ トォ」….

と5回言ってみて下さい。


ここでの注意点ですが

 * 舌を上の前歯の裏側に舌を当てて発音する。

 * 必ず語尾の母音を発音する。(小文字になっている音)

 * 得に「ティ」が「チ」に「トゥ」が「ツ」にそれぞれならないようにする。

   「パーティー」を「パーチー」という人は余りいないと思いますが…

   何回かやっている間に「チ」「ツ」になりそうになるので注意して下さい。


うまく出来ましたか?

結構難しいはずです。

特に「声が抜けない」「声がこもる」人には難しく感じるはずです。


実はこの練習を難しくさせている原因のひとつは

「舌」、正しくは「舌の位置」なのです。

「舌」が口のなかで後ろの方にあると出てくる「声」は

「抜けない」「こもる」ことになってしまいます。


それが証拠に「アー」と声を出しながら

舌を口のなかで後ろから前の方に移動させてみてください。

「アー」が舌を前に移動させるにしたがって「抜ける」はずです。



上記の練習で

「舌を上の前歯の裏側に舌を当てて発音する。」

がとても重要です。

この状態であれば必然的に舌は口のなかの前方にあるという事になり

声は出やすくなります。

ぜひ試してみてください。

———————————————————————————–

もしあなたが友達の中で一番良い声、 

会社の部署の中で一番良い声に簡単になれるとしたら …奇跡のボイトレ本

 「1分でいい声になる!(自由国民社刊)」好評発売中!

 「ボイトレの”当たり前”は間違いだらけ!?すぐに歌がうまくなる『新常識』(リットーミュージック)」

に続く小泉誠司著書第2弾です。

http://www.newberrysound.com/OneMinutes.html

———————————————————————————–

たった1分で恐ろしいほど効果のでるメルマガ

「声で人生が変わる、目からウロコの1日1分ボイストレーニング」

発行中!

歌や台詞のノウハウはもちろん、

スピーチやプレゼンにも効果大!

声が変われば人生が変わります!

忙しいあなたにこそ読んで頂きたいです!

 登録はコチラから 

http://www.newberrysound.com/MailMagazin.html

 ———————————————————–

もっともっと気持ち良く歌いたい!

それには今のままのでは難しいかもしれません。

なぜなら
お腹をペコペコ引っ込める誤った腹式呼吸をする…
正しい発声ができていないのにスケール練習する…
無意味どころか逆効果だからです。

また悩みを持ったままでは気持ち良い歌は歌えません。

私のレッスンでは
本当に正しい発声法や呼吸法を指導
あなたの「本当の声」を引き出します。

歌や声の問題も解決します。

そしてプロも行っている
歌のニュアンスや表現力アップの方法を身に付けて頂きます。
「頭に浮かんだことは実現すること」を実現させてください。

*小泉誠司 体験レッスン詳細はコチラ

ボイトレの”常識”は間違いだらけ!?すぐに歌が上手くなる「新常識」

リットーミュージック発行  小泉誠司著 

ぜひトライしてみてください。

LINEで送る
Pocket