「喉を開けて」は間違い!

LINEで送る
Pocket

hatena15_01 (1)

結論から言うと

発声時には声帯は閉まります。

声帯を開けてしまうと声は出ません。

 

歌う時に

「もっと喉を開けて歌って!」と

言われた経験がある方は多いと思います。 

本当に声を出す時に喉は開いているのでしょうか? 

喉という言い方は範囲が広く、

あまりに抽象的なので、

ここでは「喉=声帯」と定義させて頂きます。 

 

その声帯の役割は2つ。

 

① 呼吸のために息を通すこと

② 声を作ること

 

 

声を出す時、声帯は

「開いていません」。

 

呼吸をする時には声帯は開いた状態になっています。

 そして発声時には声帯は閉まります。

 

そう、発声をする時には声帯は閉まっているのです。 

声帯は喉の中で左右両側に分かれており、

昆虫が左右の羽をこすり合わせて音を出すように

左右の声帯を引っつけて震わせることで声が作られます。 

この時に左右の声帯が離れてしまっていては、

息が漏れるだけで声にはならないのです。

 

つまり発声を行う時の声帯の状態は、

「開ける」という言葉とは逆の状態なのです。 

この誤った「常識」が、

多くの人に「発声」を難しくさせているかもしれません。

 

「喉を開けて」という表現はあくまでも

「声を閉じ込めないで開放しよう!」

というようなイメージやメンタルな部分における

歌を歌うためのアドバイスだと思います。

 

声帯は人体に実際に存在する器官のひとつです。 

画家、書道家、調理人……

手を使う職業の人は

自身の商売道具である

手の構造やケアに関して

徹底的なまでにこだわりを持つはずです。 

 

声を出す人も

大切な商売道具のひとつである声帯に関して、

正しい知識を得るべきだと思います。

 

あまりに厳密に考えるのも良くないかもしれませんが、

実際にはまったく逆の動きをイメージして

歌ったり練習したりするのは危険です。 

 

声帯に関する

正しい知識とイメージを持った上で

正しい練習を心がけて頂きたいと思います。 

 

なお、私の体験レッスンでは、

声帯に正しい動きをして貰えるように

「声帯トレーニング」を行っています。

声量、ニュアンス、滑舌、音程

…声帯は全てのエキスパートです。

上記の問題は正しい声帯の動きを掴むことで解決できますので

ぜひ受講して頂きたいと思います。

———————————————————–

もっともっと気持ち良く歌いたい!

それには今のままのでは難しいかもしれません。

なぜなら
お腹をペコペコ引っ込める誤った腹式呼吸をする…
正しい発声ができていないのにスケール練習する…
無意味どころか逆効果だからです。

私のレッスンでは
本当に正しい発声法や呼吸法を指導
あなたの「本当の声」を引き出します。
そしてプロも行っている
歌のニュアンスや表現力アップの方法を身に付けて頂きます。
「頭に浮かんだことは実現すること」を実現させてください。

*小泉誠司 体験レッスン詳細はコチラ

ボイトレの”常識”は間違いだらけ!?すぐに歌が上手くなる「新常識」

リットーミュージック発行  小泉誠司著 

LINEで送る
Pocket