あなたの「キー」 間違っていませんか?

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

chordcyccle

自分には合っていないキー

特に高いキーで高音域を多く使って 

歌われている方をよく見かけます。 

 

高い音域に挑戦するのは結構なことですが、

金切り声のような聴 き苦しい声を出してまで歌うことが

本当に歌を楽しんでいることだとは私には思えません。

 カラオケでも同じことが言えます。 

できるだけ高いキーで歌いたくなる気持ちはわかりま すが、

そのキーはオリジナルを歌っている「プロ」が

プロの技と体によって歌えているキーなのです。 

プロでない人にとっては「高すぎる」ことが多いでしょう。 

まずは自分が一番気持ち良く歌えるキーを見つけて歌うようにしてください。

その方が、聴いている人も、気持ち良いです。

高い声が出せるといっても、

耳障りの声ではそれは聴いている人にとっては

拷問のような時間になることもあるので。

———————————————————–

もっともっと気持ち良く歌いたい!

それには今のままのでは難しいかもしれません。

なぜなら
お腹をペコペコ引っ込める誤った腹式呼吸をする…
正しい発声ができていないのにスケール練習する…
無意味どころか逆効果だからです。

私のレッスンでは
本当に正しい発声法や呼吸法を指導
あなたの「本当の声」を引き出します。
そしてプロも行っている
歌のニュアンスや表現力アップの方法を身に付けて頂きます。
「頭に浮かんだことは実現すること」を実現させてください。

*小泉誠司 体験レッスン詳細はコチラ

ボイトレの”常識”は間違いだらけ!?すぐに歌が上手くなる「新常識」

リットーミュージック発行  小泉誠司著 

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]