力みを取る

LINEで送る
Pocket

 

昨年のロンドン五輪でボクシングミドル級金メダリストになった

村田諒太選手があるテレビ番組のインタビューで

「村田さんは試合の入場の時に笑ってられますが、何故ですか?」

と聞かれて

「緊張して試合に勝てるなる緊張しますよ。でも緊張していてはかてないんですよ。だから顔だけでもリラックスさせようと思って笑っています。」

と答えられていました。

「力んでいる」「緊張している」

そして「力むな」「リラックスしろ」

と言われる事がよくあると思います。

 

「力むな」と言われて力まなくなるのでしたら

苦労はしないのですが、

おそらくそれでは力みは取れないと思います。

 

「力まないためにはどうしたら良いか」

また

「どうしたら力みを取れるのか」

具体的な方法が必要だと私は思っています。

 

精神の部分だけではなく、体が緊張しているのですから

具体的に筋肉をほぐす具体的な方法や、力みにくい動きなどを

説明していかなければ問題は解決されないと

私はレッスンでは心がけています。

 

今回の村田選手の「笑う」はまさに、

具体的な方法論だと思いました。

さすが、日本人には絶対不利と言われるミドル級という階級で

金メダルを取られただけの事はあると感心しました。

他の事も、精神論だけでなく、より具体的な方法を用いて

あの強さを身に付けたのだと思います。

これからの村田選手の活躍に目が離せないですね。

応援していきたいと思います。

LINEで送る
Pocket