RealVoice



あなたが普段使っている声、カラオケで歌っている声、
   そのほとんどが本当のあなたの声ではありません。
   あなたの本来の声はあなたが思っている以上に力強く、
   伸びやかでもっと美しい声であるはずです。

   「歌う」のではなく「鳴らす」

   私は受講される方によく「歌うな」と言います。

   歌を習いに来られている人に言うには変な言葉ですが

   意識的に「歌おう」としなくても良いのです。

    「体から勝手に声が出る」

   「体が鳴る」のです。

   この事をレッスンを通じて体感して頂ければと思います。


   あなたは自分で自分の声、イメージを限定していませんか?
   本来の声が見つかると、もっともっと世界が広がり、
   それだけチャンスも増します。
   今現在、第一線で活躍しているアーティスト、ボーカリストの多くは
   その本来の声を見つけ、その声を使って自分のイメ-ジ、世界を表現
   しています。プロとアマとでは「声」に関して完全に違いがあるのです。
   レコ-ディング現場ではそれがもっと顕著にあらわれます。
   いままでコンポーザー、アレンジャー、プロデューサーとして数多くの
   ボ-カリストのレコーディングをしてきましたが、「本当の声」を出して
   いない人の場合、音量、音圧がなくレコーダ-のメーターの振れも小さく
   なかなかRECボタンが押すことが出来ません。モニターの前にいる我々に
   その「声」が届いてこないからです。
   その現場にいる人たちに届かなくて
   どうしてCDを聞く人に届くでしょうか? とても疑問です。
   その疑問にこたえるべくNewberrysoundでは
   ボーカルレッスンを行なっています。
    私は数年前まではプロのためだけにレッスンを行っていましたが、
    ある時にこれから「歌いたい」「うまくなりたい」と
    本気で思っている人に
    「いかに歌う事はたのしいか」
    「いかに簡単に声がでるようになるか」
    を教えていくべきだと気付きました。

    ですから やる気があり本気で歌が好きでしっかりしたイメージを持ってる人なら

    プロと同じレッスンをマンツーマンで受講して頂く事が出来ます。


   私のレッスンはスケール練習だけのレッスンではありません。
   「Newberrysound Vocal Clinic」でも
   説明しているような確かなメソッドに元づいてレッスンを行っています。

   私は長年に渡りレコーディングスタジオにおいて仕事をしてきました。
   そのレコーディング現場において必要なのは
   「今、その瞬間に最高の声を出せるようにする」
   「今、その瞬間に最高のパフォーマンスをする」事であって
   「家に帰ってから」「練習してきてもらってから」出来るようになる...ではないのです。
   それでは遅いのです。通い続けなければ効果が出ないのでは遅いのです。
   私に関わらず プロの現場で作業されてきた方は同じ価値観を持たれているはずです。
   Newberrysoundではダラダラとレッスンを行いません。
   時間との戦いを要求されるレコーディングスタジオ等のプロの現場と
  同じ価値観テンションでレッスンを行います。
  それが本気で「歌」を考えられている方にとっても共通の価値観、目的なはずですから...

   Newberrysoundのボーカルレッスンの基本姿勢、
   指導方法は非常にシンプルです。
   「本当の声を見つける」「本来の声をつかって歌を楽しむ」
   そのために最短距離をとります。
   事実、第一回目のレッスンから「本来の声」を見つけられる
   生徒さんもいます。
   あなたが本気なら私も本気です。
   いっしょに頑張りましょう。     Sage Koizumi