今日は私がスマホで小説を書く時によく使っている、 便利なメモ帳アプリ「ソムノート」 を紹介したいと思います。 スマホでもpc(ソムクラウド)からでも自由にノートの作成や保存が出来るアプリ です。. まぁ何か色々書いていきますよ。 / 11ページ 11ページ. マンガ・小説に役立つ『ネタ帳』の作り方8選 | おすすめ! 漫画の描き方お役立ち上達法図書館 もっとメモを取ることのメリットや効果を知りたいなら ⇒アイデアが思い浮かばない人に驚くべき4つの効果をもたらす『ネタ帳』の… 漫画や小説などの物語を創る作業をしていると、 ネタが浮かばなくて困ったことはありますよね。 そんな時に役立つのが『ネタ帳』です。 日頃からストーリーに使えるネタを地道に集めておけば いざ物語の … 最初のコメントを投稿しよう! ョン・コメディを書く準備として、ネタ帳が10冊はいるんだよ。 平日、配送に出る際、僕は4冊のノートを車に持ち込む。 配送表・営業ノート・アイデアノート・ネタ帳だ。 1 創作のネタ探しに役立つ記事まとめ. 筆することができます。余計な機能がついていないので小説を書くことだけに集中することができますよ! 使い方はとても簡単です。 年始早々だがお前は【ストーリープロッター】というアプリを知っているか。このアプリはネタ帳としての利用を想定したメモアプリであり、手元でチョイチョイとネタを仕込むことができるツールである。 お前にはこんなことはないか。なんか思いついた妄言をTwitterに放流したが一年前くらいだから検索に引っかからない。いいプロットが浮かんだのに完全に忘れている。怖い夢を見て内容を覚えていないのに恐怖感だけが身体に刻み込まれている。 そういった困りごとの大半はネタ帳に記録していない … ってもらって、そっちにも書くようになって。操作感の違いに 今回は、 ネタ帳をどのように管理すると使いやすいか という視点で話をしていきます。 ネタ帳は小説と言わず、物語を書く人であれば誰でも利用するものです。 私もiPhoneを手にするまでは、小さなノートを持って、紙に書いていました。 すでにアカウントをお持ちですか? ログイン 1.1 花言葉一覧サイトまとめ&創作にお勧めな花言葉集; 1.2 黄道12星座の由来(神話)がぶっ飛びすぎだからまとめてみた; 1.3 【rpg・小説に】創作の名前付けで参考になるサイトまとめ; 1.4 すぐに使える! 500以上の秀逸な雑学をまとめた便利なサイト ¨æ›¸ãçµ‚えた後、コンスタントに次作に進めるよう、印象的なイメージのネタはいくつあっても足りることはありません。 「小説が書けない」と悩んでいる人は、まず「ネタ帳」と「箱書き」を書くことから始めてください。きっと小説を書くに足るだけのアイデアが書き溜められますよ。 最後に 今回は「アイデアをリストアップしよう」ということについて述べてみました。 進化したノートで、アイデアをもっと形に Evernote ならアイデアを簡単に記録して、後から素早く見つけられます。 無料で新規登録. 「ネタ帳 ~書き殴り黒歴史ノート~」の投稿を開始しました。 小説フォルダを整理してみたところ、「こんなんあったら面白そうじゃね」って感じで、設定やプロローグだけ書いてみたものが思った以上に沢山ありまして。 『小説家になろう』に掲載されているオンライン小説『ネタ帳 ~書き殴り黒歴史ノート~(n3198gg) 作者:田戸崎エミリオ』の詳細情報を紹介するページです。 ってくれた方は自由に使える「漫画・小説・動画などのネタ集」を作ろうと思います。 今のところ50個くらいのネタを収録しようと考えています。 よろしくお願いします。 創作のネタ帳素材集・わごかせアイデアカタログ(同人誌) #進捗ノート ネタ帳だけでなく Evernote で小説を書き上げてしまうことも ――Evernote の使い方についてもぜひ教えてください。いつからお使いなのでしょう? 田丸:6 年前からネタ帳として使用しています。それまでは紙とノートでした。 ノートをあまり多く持たずに、これ一冊だけ常に持ち歩く様ににしています。 日記の様に、日々の気づきから大学の授業で気になった言葉、よかった展覧会などのDM、ただのメモなどを全部ここに描いてい … 筆関係に使っているノートは次の3種類。 1.ネタ帳 2.プロットノート »ä»˜ã•ã‚ŒãŸãƒ•ã‚¡ã‚¤ãƒ«ã¯è‡ªå‹•çš„にバックアップされ、パソコンやiPadなどでも見られます。 性なら片手にすっぽり収まるサイズです。 こういう紙のノートは面倒という人もいますが、ノートの手軽さは他のツールよりも何倍も優れています。 私のネタ帳になります。 思いついて1話だけ書いてみた物、設定だけ考えた物、セリフだけのものなど。 連載するだけの気力が足りない、けど死蔵するのも勿体ないということで、 溜めこんでいたネタの一部を、ネタ帳という形で公開します。 目次.