武田信玄といえばライバル上杉謙信との5度に渡る「川中島の戦い」が有名ですが、戦場では引き分けでも最終的に目的である北信濃の支配権を握ったのは信玄でした。 上杉謙信 がどんな人だったのかを、年表や武田信玄との関係を交えながらご紹介しました。 謙信の生涯は、守護代の長尾家として、そして関東管領の上杉家として数多くの戦いに明け暮れ、それに加えて多くの家臣や豪族の謀反を受けて戦い続けてきた一生だとも言えます。 そもそも謙信は信玄のことを異様に嫌っていて 「信玄潰す絶対潰す」って呪詛みたいな書状が残っているが 武田信玄と上杉謙信は小競り合いはあったものの、激しい衝突はなかったと言われていて、第5次川中島の戦いでは、両者はにらみ合いをするだけで衝突すらしなかった…と言われているの。 レモン姫. 濃越同盟とは、織田信長と上杉謙信による軍事同盟で、この同盟が締結したのは1572年11月です。元々、織田信長は甲斐の武田信玄との間に同盟を結んでいました。今まで友好関係にあった武田信玄の行動に危機を感じた織田信長は、上杉謙信に対して協力を持ちかけ軍事同盟を締結しました。 この軍事同盟は、上杉謙信と 織田信長 との間に1572年(元亀3年)に結ばれた軍事同盟です。 織田信長ですが、元々は 武田信玄 との間に同盟を結んでいました。 しかし、これまで友好関係にあった武田信玄の行動に危機を感じた織田信長。 武田信玄を語る上で外してはならない存在なのは、言わずと知れた越後の龍・上杉謙信です。上杉謙信との川中島での戦いは、12年間も続き、大きなものだけでも5回もありました。 とくに一番大きな戦いだったのが、第四次川中島の戦いです。 この軍事同盟は、上杉謙信と 織田信長 との間に1572年(元亀3年)に結ばれた軍事同盟です。 織田信長ですが、元々は 武田信玄 との間に同盟を結んでいました。 しかし、これまで友好関係にあった武田信玄の行動に危機を感じた織田信長。 越後の戦国武将、上杉謙信とは幾度となく熾烈な争いが行われ、有名な「川中島の戦い」は、計5回の衝突があった事でも有名です。 川中島の戦いの勝者は、 武田信玄は「上杉敗れたり! 川中島はわが手中にあり」 上杉 謙信(うえすぎ けんしん) / 上杉 輝虎(うえすぎ てるとら)は、戦国時代に越後国(現在の新潟県)などを支配した大名。 関東管領(1561年 - 1578年)。 山内上杉家16代当主。越後を統一したほか、関東や北信地方、北陸地方(越中国以西)に度々出兵した。 甲斐の武田信玄と越後の上杉謙信は、10年以上に渡って5回も合戦を繰り返しました。これが有名な川中島の合戦です。そんな戦国屈指のライバル関係であった武田軍団と上杉軍団の誇る戦国武将たちを紹 … 謙信は信玄が理由もなく他国を侵略するのを怒り、村上義清の願いを聞き入れ、さっそく信玄に書を送って、旧地を返還するように勧めましたが、信玄は応じません。これが、上杉・武田両氏の川中島合戦を引きおこすもとになったのです。 武田信玄と上杉謙信という、戦国時代を代表する猛将率いる大軍がぶつかり合った名勝負として語られることの多い合戦ですが、12年間で5回もあったといわれています。戦国屈指のライバル関係にあった武田と上杉。両雄がぶつかり合った「 織田信長にとって、上杉謙信と武田信玄に対して強い緊張感を持っていたといわれ、相手との距離感と関係を保つために手紙を利用していたと考えられます。 . 「上杉謙信は知ってる。すっごい強い人ですよね」 「当時強かった武田信玄と互角以上に戦ったっていう謙信の息子さん?」 「なんか影が薄い」 こんな声が聞こえてきそうで、少し寂しい気もします。 上杉景勝は上杉謙信の甥っ子で上杉家の2代目です。 戦国時代にその名を轟かせた武将「武田信玄」と「織田信長」。正反対のタイプといえる2人は、お互いに注目し長い間友好的な関係を築いていました。対決を避け続けた武田信玄と織田信長は、結局一度も直接戦うことはなく、決着がついたのは信玄の死後「長篠の戦い」でした。 武田信玄は甲斐の虎の渾名を持ち、父・武田信虎の時代よりさらに勢力を拡大させ、甲斐にとどまらず信濃や西上野・駿河国などまでを幅広く領土としました。数々の戦いや遠征を行いましたが、特に上杉謙信との川中島の戦いが有名です。 上杉謙信と武田信玄の関係は?川中島の戦いをわかりやすく解説! 上杉謙信が義の人と言われるのはなぜ?敵からも信頼される理由とは? 今川義元vs織田信長!桶狭間の戦いで最後に義元が意地を見せた! 武田信玄が野心家・卑怯者なんて言われるのはなぜ? 上杉謙信と武田信玄…2人の仲や関係は実際どうだったのさ? 更新日: 2018年4月23日 永遠のライバル同士であったとされる上杉謙信と武田信玄。 武田信玄は、甲斐の虎とも戦国最強ともいわれている戦国武将です。織田信長が最も恐れた男としても有名です。また、武勇に優れているだけでなく、内政でも手腕を発揮し、甲斐の国の発展に貢献しました。人を大事にし、家臣からの人望も厚かった。 武田信玄は、甲斐の虎とも戦国最強ともいわれている戦国武将です。織田信長が最も恐れた男としても有名です。また、武勇に優れているだけでなく、内政でも手腕を発揮し、甲斐の国の発展に貢献しました。人を大事にし、家臣からの人望も厚かった。 武田信玄(幼名・太郎もしくは勝千代)は、1521年、武田信虎とその正室、大井の方との間に生まれました。 歴史上では長子とされている資料が多くみられますが、実は「竹松」という四つ上の兄がいました。しかし残念ながら竹松は七歳で亡くなってしまいます。 こうして信玄は長男となったのです。幼名が勝千代と呼ばれている説を詳しく説明しますと、これは『甲陽軍鑑』という武田家の軍学書に … 1572年11月20日に信長と謙信の間で濃越同盟という軍事同盟が締結されています。 信長は謙信の宿敵・武田信玄と長らく同盟関係を築いていましたが同盟が破綻し対立関係となっていました。 当時の信長は、石山本願寺(いしやまほんがんじ)との抗争、長島の一向一揆(ながしまいっこういっき)に手を焼き、三好義継(みよし よしつぐ)、松永久秀(まつなが ひさひで)ら家臣の謀反を鎮圧したり、浅井・朝倉連合軍とも対立もしていました。 そのような中、信長 … そもそも武田北条と上杉関東諸将で力は拮抗していたわけだから 武田を味方に引き入れられれば絶対に勝てるはず . 「甲斐の虎」・武田信玄と「越後の龍」・上杉謙信。同じく仏門に学び、法名を名乗って、信濃を巡り対立した二人は戦国きっての逸材でありながら共に天下を治めることはありませんでした。二人はどんな関係だったのでしょうか。 「上杉謙信は知ってる。すっごい強い人ですよね」 「当時強かった武田信玄と互角以上に戦ったっていう謙信の息子さん?」 「なんか影が薄い」 こんな声が聞こえてきそうで、少し寂しい気もします。 上杉景勝は上杉謙信の甥っ子で上杉家の2代目です。 武田信玄は、駿河の今川氏と相模の北条氏と婚姻関係による同盟を結び、 越後国の上杉謙信と対決していたことは有名です。 しかし、この情勢も徐々に変化していきます。 上杉謙信との数度にわたる川中島の戦いで、 両者間の戦いが収束します。 一方で 「今川義元が織田信長に討ち取られる」という激変が起きるのです。 今川氏が嫡男の氏真に当主交代がなされると、 駿河の国は明らかに動揺し始めます。 武田信玄の嫡男である義信の正室は、今川氏真の妹でしたが、 … [voice icon="https://rekisi-omosiroi.com/wp-content/uploads/2018/05/2018-05-27_21h45_18.png" name="万 ... 昔の人って位が高い人を呼ぶ際、名前で呼ばないですよね? 「殿」とか「御館様」とかよく耳にします。 殿は何となくわかりますが、御館様はなぜ「御館様」なのでしょう...?? 歴史を語る上で必ずといっていいほど名前の出てくる両者。 彼らを詳しく知りたいと思っていたら、疑問なところがいくつがあったので質問させていただきます。 「甲斐の虎」、「戦国最強」……武田信玄を表す言葉は、戦国武将としての武勇を褒めるものばかりです。果たしてどれほどまでに、武田信玄は強かったのでしょうか。 残っている史料によると、武田信玄の戦歴は72戦49勝3敗20分とされています。そのすべての戦が、自分の甲斐国を … 武田信玄は、駿河の今川氏と相模の北条氏と婚姻関係による同盟を結び、 越後国の上杉謙信と対決していたことは有名です。 しかし、この情勢も徐々に変化していきます。 上杉謙信との数度にわたる川中島の戦いで、 両者間の戦いが収束します。 一方で その上杉謙信と対峙した数度にわたる川中島の戦いの中で、 武田信玄は孫子の兵法を自分の血肉と化していったことが想像されます。 武田信玄が外交方針を転換して、駿河に攻め込んだとき駿河(今川)と相模(北条)から塩の交易を留められてしまいます。 そもそも武田北条と上杉関東諸将で力は拮抗していたわけだから 武田を味方に引き入れられれば絶対に勝てるはず . 宇佐美定満は上杉謙信に欠かせない武将. 歴史 - £上杉謙信と武田信玄の関係£ 歴史を語る上で必ずといっていいほど名前の出てくる両者。 彼らを詳しく知りたいと思っていたら、疑問なところがいくつがあったので質問させていただきます。 質問その.. 質問No.2117621 後世の人は、武田信玄を甲斐の虎、上杉謙信を越後の龍とし、「龍虎相搏つ」のたとえになぞらえていますが、それは2人の間にライバル関係があったからこそ。 武田信玄と上杉謙信のライバル関係. 元亀3年(1572)冬に織田信長が上杉謙信へ宛てた書状を解読します。最終回となる今回は、武田家の視点からこの史料と時代背景を紹介します。信玄一流の外交はどの程度実を結んだのでしょうか。当ブログは古文書を解読し、当時の人々の生き様を紹介するサイトです。 そもそも謙信は信玄のことを異様に嫌っていて 「信玄潰す絶対潰す」って呪詛みたいな書状が残っているが £上杉謙信と武田信玄の関係£. 上杉 謙信(うえすぎ けんしん) / 上杉 輝虎(うえすぎ てるとら)は、戦国時代に越後国(現在の新潟県)などを支配した大名。 関東管領(1561年 - 1578年)。 山内上杉家16代当主。越後を統一したほか、関東や北信地方、北陸地方(越中国以西)に度々出兵した。 武田信玄と上杉謙信という、戦国時代を代表する猛将率いる大軍がぶつかり合った名勝負として語られることの多い合戦ですが、12年間で5回もあったといわれています。戦国屈指のライバル関係にあった武田と上杉。両雄がぶつかり合った「 歴史 - £上杉謙信と武田信玄の関係£ 歴史を語る上で必ずといっていいほど名前の出てくる両者。 彼らを詳しく知りたいと思っていたら、疑問なところがいくつがあったので質問させていただきます。 質問その.. 質問No.2117621 9月、武田信玄による信濃侵攻で被害をこうむった村上義清や信濃北信の豪族の要請を受けた長尾景虎(上杉謙信)は、本格的な信濃出兵を始めます。 この時は、景虎の軍勢に武田軍の先鋒を布施・八幡にて撃破されます。 歴史に詳しくない方でも、この2人がセットで取り上げられることが多いのはなんとなくご存知ではないでしょうか? 長尾景虎 ( 上杉謙信 )が北信濃国人衆を支援して、初めて 武田晴信 ( 武田信玄 )と戦った。 天文 22年( 1553年 )4月、晴信は北信濃へ出兵して、 小笠原氏 の残党と 村上氏 の諸城を攻略 … 歴史を語る上で必ずといっていいほど名前の出てくる両者。彼らを詳しく知りたいと思っていたら、疑問なところがいくつがあったので質問させていただきます。質問その1、上杉が龍?武田が虎?様々な書籍を見てみると、表現がごちゃごちゃ 上杉謙信といえば、まず頭に浮かぶのが武田信玄とのライバル関係だ。 スポーツの世界では、切磋琢磨するライバル同士が、後に、厚い友情で結ばれるというケースがあるが、謙信と信玄も、それと同じような関係にあったことを示す逸話が残されている。 上杉謙信は甲斐の武田信玄と同時並行で、上杉憲政を敗走させた相模の北条氏康との戦いを強いられていました。 上杉謙信は、関東に攻め込む正当な理由を得るため、1553年と1559年に上洛して、将軍の 足利 義輝 よしてる から関東管領の後任になることを認められます。 上杉謙信と武田信玄の関係は?川中島の戦いをわかりやすく解説! 上杉謙信が義の人と言われるのはなぜ?敵からも信頼される理由とは? 今川義元vs織田信長!桶狭間の戦いで最後に義元が意地を見せた! 武田信玄が野心家・卑怯者なんて言われるのはなぜ? 戦国時代の生活(服装・食事)はどんなだった?武将と平民ではどれくらい違ったのだろう?. 武田信玄と上杉謙信は、因縁のライバルとして位置づけられ、2人の関係性は多くの歴史ファンが心躍らせてきました。 2人が直接関わったのは「川中島の戦い」です。5回にも及ぶ合戦でしたが、両者互角で勝敗はついていません。 戦国時代において、上杉謙信は越後の龍、軍神などと称され屈指の戦上手と神懸かった戦績を残した人物でした。10代で家督を継いだ上杉謙信に対してその時宇佐美 … 武田信玄→啄木鳥の戦法 この啄木鳥(きつつき)の戦法は、啄木鳥がエサを捕るときに、木の反対側をつついて虫をびっくりさせて穴から這い出させ、出てきたところを捕らえるという習性に目を付けた軍師・山本勘助が川中島の合戦時に進言したことに始まる。 信玄は5回にわたり (5度目はにらみ合いで終わった)越後の龍・上杉謙信と川中島の戦いを繰り広げていましたが、1560年 桶狭間の戦い で、今川義元が織田信長に討ち取られると1565年頃から武田と今川の関係は悪化していきます。 「武田信玄」は、甲斐(現在の山梨県)の戦国大名です。「甲斐の虎」と呼ばれた武田軍は当時最強と言われ、その武勇は「織田信長」も恐れさせるほどでした。武田信玄が上洛を前に病に倒れることがなければ、日本の歴史は変わっていたかもしれないとも評されています。 「武田信玄」は、甲斐(現在の山梨県)の戦国大名です。「甲斐の虎」と呼ばれた武田軍は当時最強と言われ、その武勇は「織田信長」も恐れさせるほどでした。武田信玄が上洛を前に病に倒れることがなければ、日本の歴史は変わっていたかもしれないとも評されています。 謙信は信玄が理由もなく他国を侵略するのを怒り、村上義清の願いを聞き入れ、さっそく信玄に書を送って、旧地を返還するように勧めましたが、信玄は応じません。これが、上杉・武田両氏の川中島合戦を引きおこすもとになったのです。 実際、上杉謙信と武田信玄らどのような関係だったのか?なぜ戦っていたのか?・・・ここでは二人の戦の馴れ初め、敵対関係、川中島の戦いは最終的にどうなったのか、などをゆるりと解説しているわよーっ! 気になる織田信長との関係もチェケラ~! 上杉謙信と武田信玄のライバル関係は有名ですよね。二人は12年間の内に5回も合戦を行ったそうです【川中島(かわなかじま)の戦い】。武田信玄はある時、今川氏の策略で塩の供給を止められてしまい … 上杉謙信の織田信長に対する評価は? 上杉謙信が負け知らず・・・本当? さすがに無敗は考えにくいのですが本当なのでしょうか? その3、 武田信玄の死因は? 武田信玄はどうして死んだのでしょうか?やはり病死?でも鉄砲で撃たれたとも聞きましたが・・・・。 その4、 スポンサーリンク   ... 「戦国最強の武将は誰か!?」という議論の中で、必ず名前が挙がる越後の武将・上杉謙信。 彼が最強と言われる所以は、彼が初めて戦場に出てから亡くなるまで70回戦場に赴いたうち、明確に敗北したのがわずか2回 ... 戦国時代、今川氏との同盟を破った武田信玄は今川氏から「塩止め」をくらいます。「敵に塩を送る」という有名なことわざがあります。 塩不足になった武田に対し、上杉謙信だけは塩を送り続けたそうです。 こうして ... 歴史に詳しくない人でも「井伊直弼(いいなおすけ)」の名前は聞いたことありますね?すぐにはピンと来なくても「桜田門外の変」と聞けば思い出すのではないでしょうか?江戸幕府の大老でしたが、江戸城桜田門付近に ... Copyright© 【歴ペディア】歴史の人物、城、戦、ミステリーを分かりやすく! , 2021 All Rights Reserved. 武田信玄と言えば、どのような事が思い付きますか? 上杉謙信と5回に渡る川中島の戦いでしょうか。 父親を追放し、その一方で息子に手をかけざるを得なかった複雑な親子関係でしょうか。 徳川家康を破った三方ヶ原の戦いや、真田一族 … 上杉謙信もまた信玄と同じく戦が非常に上手で、「越後の虎」「軍神」と呼ばれることもあったそう。 武田信玄と上杉謙信は互いの領地に挟まれた信濃をめぐる「川中島の戦い」を1553年~1564年の11年間で、なんと5回も戦っているんだ。 戦国時代において、上杉謙信は越後の龍、軍神などと称され屈指の戦上手と神懸かった戦績を残した人物でした。10代で家督を継いだ上杉謙信に対してその時宇佐美定満は59歳。 2人の知られざる歴史を紐解き、その関係について歴史マニアの私が解説していきたいと思います!, 父から疎まれた謙信は、林泉寺というお寺に預けられ、そこで兵学に興味を持ち、戦国武将としての基礎を学びます。, 時が経ち父・為景は隠居し、兄の晴景が長尾家を継ぎますがなかなか家臣たちをまとめられません。, 謙信は兄の計らいで還俗し、15歳で元服し初陣を飾り、戦いに次々と勝利していきます。, 信玄には兄がいましたが、幼い頃に死去してしまい、これによって信虎の後継者になりました。, 父の信虎は甲斐の統一に成功した優れた武将でしたが、周辺の諸大名との間に多くの抗争を抱えており、その戦火は信玄の代にも継承されていきました。, 信玄は15歳で元服し、この時に従五位下・大膳大夫(だいぜんだいぶ)という官職に叙任されました。, この頃に父・信虎は信濃への侵攻を盛んに行うようになっており、この方針は信玄にも受け継がれていきました。, 信虎は勇猛な武将でしたが、暴慢なところがあり、家臣を何人も手討ちにしたり、盛んに外征を行って領民たちに大きな負担を課していたことから、甲斐における支持を失いつつありました。, また、信玄の弟・信繁が生まれた後に寵愛がそちらに移っており、信玄との関係が悪化していた、とも言われています。, こうした背景があったことから、信玄は家臣たちと結託して信虎を国外追放にしてしまったというわけです。, こうして信玄は甲斐一国の領主となり、武田氏を主導して繁栄に導いて行くことになります。, 2人の有名な戦いの歴史「川中島の戦い」ですが、この戦いの理由は何だったのでしょうか?, というのも、謙信も将軍の住む京都に近い信濃を得ることができれば、天下統一に向け一歩近づいたことになります。, それを知った謙信は急いで戻り、戦いを開始。しかし戦いはなかなか終結せず、最後は川中島の領地を元の武将たちに返すという条件を謙信が提示し、それを信玄が飲む形で戦いは終わった。, 3回目では謙信が突然高野山に行って出家する!と言って寺にこもった隙を狙い、武田軍が侵攻。やることが本当に汚い信玄ですが、戦後時代では当たり前の行為なのです…, 和睦を裏切った信玄を攻めるため謙信は寺から戻り川中島に向かいますが、結局戦いにはならなかったそうな。, 4回目は信玄が川中島に勝手にお城を築いてしまいます。この時は両者激しい戦いを繰り広げます。最終的には上杉軍が越後に撤退しますが、両者ともボロボロの戦いだったようです。, 長かったこの戦い最終的には信玄の死によって引き分けで終わるのですが、戦いが終わった後の川中島は信玄がおさめることになったそうなので、信玄に軍配が上がったといってもいいかもしれません。, 信玄はとても野心家で、己の勢力拡大のためには父を追放したり弟にも容赦なく刃を向けたりしていました。同盟を破ることもしょっちゅう。, しかし、その戦闘スタイルと百戦錬磨の強さで武田ファンが多いのは事実。とても人気の高いカッコいい武将です。, そんな正反対の性格であった2人ですが、その関係についてはいくつか説があるので、それぞれ解説していきたいと思います!, これは、信玄が行った父・信虎の追放や、謙信配下の家臣をあおって反乱を起こさせたりするなどの汚いやり方が謙信は気に食わなかったからです。, この時代家族をも裏切るのは、生き延びるためにはしょうがなくむしろ当たり前のことだったように思えますが、領地拡大のためなら容赦なく人を裏切る信玄を、「義」を重んじる性格の謙信としてはとても受け入れがたかったんでしょうね。, 川中島の戦いでも信玄は幾度となく、謙信を裏切っていますし、さすがの謙信も堪忍袋の緒が切れてもおかしくなかったでしょう。, 何度も戦いを重ねたことによって、永遠のライバルは素晴らしい友情へと変わっていったのです。, これは信玄が今川氏との同盟を破った際、経済政策として北条から塩の供給を止められてしまい、困惑していた信玄に謙信が塩を送ったという話から「敵に塩を送る」ということわざができたと言われています。, 「勝頼は謙信と和睦するようにせよ。謙信は男らしい武将だから、勝頼のようなまだ若い男につらく当たるようなことはしない。そして、和睦が成立したのちもへりくだっていれば、約束を破ることもしないはずだ。, 大人げなかったから謙信とは和睦できずに戦い続けてしまい、一言勝頼のことを頼むと言えなかった。しかし勝頼は必ず謙信に頭を下げ、和議を結ぶようにしなさい。謙信はそうするに足りる男だから」, 謙信と信玄はまったく正反対の性格だったが、数多くの戦いの仲で友情を育み、良好な人間関係を築いていた。, その事は、こうして後世に伝えられているわけですから2人は本当に素敵な武将だったんですね。. 上杉謙信と武田信玄の関係は?お互いをどう思っていたの? 上杉謙信と武田信玄の関係 と言えば、 5度にわたる川中島の戦い が思い浮かぶと思います。戦いの中で、この2人は一騎打ちをしたと言われてますが、後世の創作だという説も否定できません。 例えば、武田信玄と上杉謙信のライバル関係。 例えば、織田信長を中心とした、その後の日本に影響を与えていく武将たちの存亡をかけた戦い。 特に「軍神」と呼ばれた上杉謙信、「第六天魔王」と呼ばれることもある織田信長、彼らの存在感と華やかさは他の追随を許さないと思います。 家系図作成本舗top → 歴史上人物家系図 → 上杉家・武田家・北条家・今川家 姻戚関係図 上杉家・武田家・北条家・今川家 姻戚関係図 戦国時代は自家の存続のためにあらゆる手段を用いていましたが、その中で最もポピュラーな手法として姻戚関係による同盟がありました。 疾(はや)きこと風の如く、徐(しず)かなること林の如く、侵掠(しんりゃく)すること火の如く、動かざること山の如し――。, 古代中国の兵法家・孫子の言葉を原点に、通称「風林火山」として知られるこのフレーズは甲斐の戦国大名・武田信玄の旗印として有名です。, 信玄に関する物語は、井上靖の小説『風林火山』(1955)をはじめこれまで数多く語られてきました。何度も映画やドラマで再現されてきたので、見たことがあるという方も多いでしょう。, その中でも特に有名なのが、越後の戦国大名・上杉謙信と熾烈な戦いを繰り広げた「川中島の戦い」です。現代の歴史ファンを魅了してやまない両雄の戦いやその後の関係は、一体どのようなものだったのでしょうか。, 長野県長野市にある「八幡原史跡公園」には、武田信玄と上杉謙信の一騎打ちを模した銅像が建てられています。この土地は、1561年に二人が実際に対峙し、激しい戦いを繰り広げた場所。4度目の合戦のことで、これを含め1553年から1564年までの間に計5回の衝突があったと言われています。, 当時は、第13代将軍足利義輝が三好長慶との戦いで敗れて亡命するなど、幕府の権威が完全に失墜していた時代でした。各地では地方権力が台頭し始め、東日本では駿河の今川や相模の北条など名だたる武将が有力な守護大名としての地位を築き上げていました。, 甲斐を治める武田もそんな大名のうちのひとつ。信玄は領土拡大を目指し、西の信濃へと侵攻を始めます。信濃には既に村上義清や高梨政頼といった豪族が力を伸ばしていましたが、信玄はこれを次々討ち倒し、領土を拡げていきます。そこで立ちはだかったのが、越後の虎の異名を持つ長尾景虎、後の上杉謙信でした。, 信濃の大部分を制圧した信玄は、残りの北信濃一帯の獲得を目指して1553年に侵攻します。一方、村上氏や高梨氏の救援要請を受けた謙信は、このまま自国に被害が及ぶことを懸念して反撃を開始。千曲川と犀川に挟まれた地帯「川中島」にて信玄と対峙し、見事武田軍を討ち破ります(第一次合戦)。, 信玄はこの戦いのあと、越後との戦いを想定して今川・北条と手を組み、三国同盟を結びます。さらに越後に程近い山城・旭山城を占領し、当時この地方で力を持っていた善光寺の僧侶・栗田鶴寿を味方に付け、1555年に再度侵攻(第二次合戦)。謙信は川中島よりも越後側にある旭山城からの攻撃を警戒して川を渡ることができず、なかなか身動きが取れなかったと言います。最終的には駿河の今川義元が仲介に入り、停戦協定を締結。信玄は獲得した信州の領土を手放します。, 1557年、協定を反故にした信玄は、みたび信州に攻め入り次々領土を獲得していきます。攻め入られれば即座に撤退する「啄木鳥戦法」で相手軍を翻弄し、謙信との全面衝突を避けながら領土拡大を成功させていく信玄。謙信は敵国の領土まで深追いするわけにもいかず、退却を余儀なくされます(第三次合戦)。, 『甲陽軍鑑』にも記されているこの信玄の現実主義的な姿勢が、彼の戦い方の真骨頂だったのかもしれません。, 第三次合戦からしばらく、15代将軍足利義昭と面会した謙信は、1561年に山内上杉家の家督と関東を統治する関東管領職を相続します。これをきっかけに関東平定を目指すようになり、北条氏が治める関東平野の攻略に乗り出します。, 一方、1560年の桶狭間の戦いで信玄の同盟相手だった今川義元が戦死し、駿河領内は混乱に陥っていました。謙信によって小田原城に追い詰められていた北条氏がこのまま倒されてしまえば、甲斐は上杉家の領土に囲まれてしまうことになります。, この状況を打破するため、信玄は川中島南部に築いた海津城に本陣を置き、謙信の本拠地・越後を目指して侵攻を開始します(第四次合戦)。海津城から約2km離れたところにある妻女山に布陣した謙信に対し、信玄は自ら率いる本隊と別働隊で上杉軍を挟み撃ちにする作戦を実行するため、別働隊約12,000人を妻女山に向かわせます。, 八幡原にて謙信と対峙した信玄は驚愕したことでしょう。動揺した武田軍は劣勢を強いられることになります。別働隊の到着でなんとか持ち直し、上杉軍を退けることに成功しますが、その被害は甚大なものでした。, その後、信玄は陸奥の蘆名盛氏と手を組み、蘆名軍が越後に攻め入っている隙に飛騨の制圧に向かいます。謙信は蘆名氏を倒し、武田軍を討つために再度川中島に侵攻。ここで信玄と対峙します(第五次合戦)。しかしこの戦いで二人が衝突することはありませんでした。, さて、武田・上杉両軍とも一進一退の攻防が続いた川中島の戦いについて、二人のこんな言葉が遺されています。, 信玄はもともと、北信濃の領土獲得を目指して戦ってきました。この合戦を経て川中島一帯を獲得しているわけですから、その意味では「勝利した」と言えます。, 一方、謙信の当初の目的は領土獲得ではなく、越後に攻め入ろうとした侵略者を追い出すことにありました。, 川中島の戦いを含む、武田信玄に関する物語のほとんどが、一つの軍学書によって構成されています。, 江戸時代初頭に成立したとされる甲州流軍学の教典で、全59品から成り、武田信玄・勝頼の時代の軍記と実録が収録されています。信玄に仕えた高坂弾正昌信(春日虎綱)の記録をもとに、彼の甥である春日惣次郎や、虎綱の家臣らが書き継ぎ、武田家の足軽大将だった小幡昌盛の子・景憲が集大成した、という体裁で、景憲による写本(1656)が現存する最古の版元として遺されています。, 徳川家康は甲州を支配する際に武田家の家臣を多数採用していました。そのため江戸時代に入ると甲州流軍学が盛んになり、『甲陽軍鑑』は読み物として広く親しまれるようになりました。, 「信玄と謙信の一騎打ち」や「啄木鳥戦法」など、「川中島の戦い」と聞いてイメージする数々のエピソードや戦法・戦術も、この軍学書をもとに形作られています。, 甲陽軍鑑では、「品第二十八 村上義清、越後、長尾景虎を頼まるる事」や、「品第三十二 謙信との和睦ととのわずまた対陣の事」などで川中島について触れられています。村上義清とは、信玄が1542年に信濃侵攻を開始した当時のこの土地の有力者。信玄との幾度かの攻防の末に危機に陥り、上杉謙信(当時は長尾景虎)に来援を要請。これが第一次合戦を引き起こすきっかけとなります。, 川中島の戦いのイメージを形作ってきた『甲陽軍鑑』ですが、明治時代に導入された実証主義的歴史学によってその史実性が疑問視されるようになりました。同時に、当時の史料から再度戦いの様子を復元する動きが盛んになります。, 例えば、合戦の回数。この書の中では1547年から1561年までの間に12回繰り広げられたと記されていますが、長年にわたる議論の末、1928年に『史学雑誌』に掲載された渡辺世祐氏の論文「信濃に於ける甲越関係」の中で、実際には1553年から1564年までの間の5回だったと結論付けられています。これが現在の通説となっています。, また「一騎打ち伝説」など事実の記載に多くの誤りがあることも証明され、史料的価値が完全に否定されるようになりました。, しかし1990年代、国語学者の酒井憲二氏が国語学・文献学・書誌学的な観点から検討を重ねたことがきっかけとなり、その史料的価値が見直されつつあります。, 川中島の戦いはもともと史料が少なく、正確に再現することはほとんど不可能とされています。しかし『甲陽軍鑑』の存在により、武将たちの姿がいきいきと描かれ、後世に語り継がれてきたのは事実。, 武田家の家臣たちの中には、滅亡の危機に直面したとき、彼らの活躍や栄光を忘れてほしくないという思いがあったのかもしれません。, 川中島の戦いの5回目の合戦以降、両者はその後、正面きって戦うことはありません。というのも、信玄は主な戦略を、駿河・西上野攻略と、より強固な北信濃支配の実現に転換していったためです。また謙信も関東管領として、関東地方の経営を重要な課題として位置付けていました。もはや両者には、川中島で争う理由がなくなっていたのです。, ところで、信玄の同盟相手だった今川義元を織田信長が桶狭間の戦いで倒したことで、両者の関係が険悪なものになっていたことは想像に難くありません。, しかし、斎藤氏が支配する美濃の攻略を目指していた信長にとって、戦いを有利に進めるためには武田氏との関係を改善する必要がありました。そこで信長はまず、養女の遠山夫人を信玄の息子・勝頼の正室に迎えさせます。しかし夫人は男児(後の武田信勝)を産んだ後、25歳の若さで夭折。今度は自身の嫡男信忠と、信玄の娘松姫を婚約させます。さらに1569年には将軍足利義昭とともに武田・上杉の和睦に手を貸しており、表面上は友好関係を築いていたようです。, この状況が一変するのは、信長と将軍の関係が険悪化したときのこと。キリスト教を重んじていた信長が、比叡山焼き討ちなどの仏教徒弾圧を強化していたこともあり、信玄は将軍側について、浅井長政らとともに信長包囲網を形成していくことになります。, 浅井・朝倉両氏とともに織田信長と徳川家康を圧していた信玄でしたが、持病が悪化し、ついに戦場に戻ることはありませんでした。『甲陽軍鑑』には、病床にあった信玄が息子の勝頼に語った言葉が遺されています。, 「上杉謙信とは和議を結ぶように。謙信は男らしい武将であるから、頼ってゆけば若いお前を苦しめるようなことはしないだろう。私は大人げないことに、最後まで謙信に頼ると言い出さなかった。おまえは必ず謙信を頼りとするがよい。上杉謙信はそのような男である」(『甲陽軍鑑』より ※引用元『NHK その時歴史が動いた20』), 信玄の死により攻勢に転じた織田・徳川連合軍は、浅井長政・朝倉義景を滅ぼし、足利義昭を京都から追放。勝頼が大敗を喫した長篠の戦い(1575)では、武田軍は1万人以上の死傷者を出したと言われています。, もし勝頼がその言葉に従い、あるいは父の言葉の通り謙信を頼っていたら……そんなことを、思わず考えさせられますね。, 長篠の戦いを経て多くの重臣を失った勝頼は、相模の北条氏との甲相同盟締結や、越後の上杉氏との関係強化など、外交方針の再建を図ることになります。一時は信長との和睦を試みるも失敗しており、1582年、ついに織田・徳川連合軍による領土内への侵攻を許してしまいます。勝頼はなんとか活路を見出そうとしますが、家臣の中には造反者も多く、正室・北条夫人や息子の信勝とともに自害。これにより、武田家は滅亡していくことになります。, 「敵に塩を送る」という諺は武田信玄が塩の入手経路を断たれた際に、川中島の戦いで何度も戦をした敵である上杉謙信が信玄に塩を送り、窮状を助けたという出来事が由来とされています。, 信玄への塩を供給していた今川家は桶狭間の戦いにて織田信長に敗れ、徐々に衰退していました。それを見限った信玄は、今川、北条と結んだ「甲斐駿三国同盟」を破り、今川領である駿河を攻め落としました。これに激怒した今川氏真は駿河の塩商人に武田には塩を売らないように指示し、信玄への「塩止め」を実施しました。当時、塩は食料の保存にも使われたいたため、民衆も大打撃を受けました。, この状況を助けたのが、当時川中島の戦いで鎬を削っていた上杉謙信でした。敵である信玄に対して塩を送り助けたことは、敵対関係にある相手にも苦しいときは助けるという「敵に塩を送る」という意味の諺ができました。本来であれば敵が苦しんでいたら、その隙をついて攻め落とすこともできたはずであったのに、謙信は信玄を助ける道を選んだのですね。, しかし一説には、上杉謙信は武田信玄を助けるためではなく、儲けるために、信玄に高値で売ったとする説もあります。その証拠に謙信は一代で2万7140両、現在の価値で約35億円を築き上げたと言われています。このことからも謙信には商才があったことが見受けられます。その事例としては例えば、船に関税をかけることで税収を得たり、越後上布を売るために京に家臣を常駐させていました。そういったこともあり、信玄が塩に困っているとあれば、これを商売のチャンスと謙信は見たのかもしれません。, 武田信玄による甲斐の領土拡大から始まった、上杉謙信との5回に及ぶ川中島の戦いは、その後の戦国武将や江戸時代の武士に大きな影響を与えました。, ルイス・フロイスの『日本史』によれば、天下の織田信長でさえ信玄を「常に恐れて」いました。桶狭間の戦い以来冷え込んでいた信玄との関係を、政略結婚によってなんとか保とうとします。しかし仏教徒への弾圧が決定打となり決別。信玄は浅井長政らと手を組み、信長を圧倒しました。, もしここで信玄が病に倒れなければ、歴史はまったく別の方向に流れていたのかもしれません。志半ばに病没した信玄の跡を継いだ勝頼は、大敗を喫した長篠の戦いで急速に求心力を失っていきます。そして滅亡の危機に直面した家臣たちが、信玄・勝頼の活躍を後世に伝えるために『甲州軍艦』を完成させていきます。この書の中には、信玄がかつての宿敵・上杉謙信をいかに慕っていたかも、同時に記されています。, ところで信玄は謙信を高く評価していましたが、一方の謙信は、信玄のことをどのように評価していたのでしょうか。その辺りをもう少し詳しく掘り下げてみるのも、おもしろいかもしれません。, Stratton おしろいケース モリスデザイン Strawberry Thief, Lark Rise Designs Wooden Clock MINI - Red. 武田信玄と言えば、どのような事が思い付きますか? 上杉謙信と5回に渡る川中島の戦いでしょうか。 父親を追放し、その一方で息子に手をかけざるを得なかった複雑な親子関係でしょうか。 徳川家康を破った三方ヶ原の戦いや、真田一族 … 宇佐美定満は上杉謙信に欠かせない武将. 武田信玄は甲斐の虎の渾名を持ち、父・武田信虎の時代よりさらに勢力を拡大させ、甲斐にとどまらず信濃や西上野・駿河国などまでを幅広く領土としました。数々の戦いや遠征を行いましたが、特に上杉謙信との川中島の戦いが有名です。 上杉謙信には、武田信玄との戦いの中で生まれた名言もあります 「我は軍兵をもって戦いを決する。塩をもって敵を困窮せしむる事をせじ。」 「我、好敵手を失へり。世にこれ程の英雄男子あらんや。」 上杉謙信と武田信玄のライバル関係は有名ですよね。 長野県長野市にある「八幡原史跡公園」には、武田信玄と上杉謙信の一騎打ちを模した銅像が建てられています。この土地は、1561年に二人が実際に対峙し、激しい戦いを繰り広げた場所。4度目の合戦のことで、これを含め1553年から1564年までの間に計5回の衝突があったと言 … 元亀3年(1572)冬に織田信長が上杉謙信へ宛てた書状を解読します。最終回となる今回は、武田家の視点からこの史料と時代背景を紹介します。信玄一流の外交はどの程度実を結んだのでしょうか。当ブログは古文書を解読し、当時の人々の生き様を紹介するサイトです。