関谷純/本郷奏多 ; 糸魚川養子/斉藤由貴 ... 糸魚川先生から「氷菓」というタイトルは関谷 ... 輪廻から外れられる町、今もそこで生きてるよ」と千反田に優しい言葉をかけました。 映画『氷菓』の感想・評価. 主人公「折木奉太郎」は神山高校に入学したばかりの1年生。 普段から積極的には物事に関わらない「省エネ」なスタイルをモットーとしている奉太郎だったが、古典部OGである姉の「折木供恵」の強い勧め、もとい指令で廃部寸前だった古典部を存続させるべく入部することになった。 部員は奉太郎ただ一人のはずだったが、鍵を開け部室に入ると同じく一身上の都合で古典部に入部したという同級生「千反田える」の姿があった … 学園ミステリー映画『氷菓』では、古典部の部員たち(演:山﨑賢人・広瀬アリスさんたち) が、関谷純が退学した謎に迫っていきます。そこで、なぜ黙って退学したのか詳しく紹介しましょう。 ここから文集『氷菓』とえるの伯父『関谷純』に何があったのか、奉太郎たちはその謎に挑むことになります。 過去に『関谷純』に何があったのか。最後には少しビターな結末が待っています。 気になる方はぜひ映画をご覧ください。 目次. Ameba新規登録(無料) ログイン. ホーム ピグ アメブロ. ん ああ 文集を作ってる 氷菓 供恵 ああ 氷菓ね 奉太郎 関谷純の事を調べたよ 供恵 関谷純? 懐かしい名前ね へぇ 今でも伝わってるんだ じゃあまだカンヤ祭は禁句なの? 奉太郎 なんだって? 供恵 あれも悲劇よねぇ 嫌だったわぁ 奉太郎 禁句? 悲劇 嫌だった ちょっと待てよ 関谷純の話だぞ � 折木奉太郎と千反田えるの未来について―『氷菓』についての論点整理 - 宇宙、日本、練馬 上の記事、なんだかよくわからないのですが意外なほど反響がありました。だからというわけではないのですが、『氷菓』についてだらだら考えていました。 2002年に発表された「氷菓」は青春ミステリー小説として高い評価を受けながらも、中高生に絶大な人気を誇っています。そんな「氷菓」を原作に製作されて2017年に上映された実写映画版「氷菓」の出来栄えがひどいという評価が目立ちます。何故このような評価が多いのでしょうか。 「氷菓」 第5話 「歴史ある古典部の真実」 「氷菓」第5話。 第5話は、関谷純の「氷菓」編完結エピソード。 45年前の古典部の真実、文集「氷菓」の名前の謎、千反田えるが子供時代に流した涙の理由が全て明かされる今回です。 「わたしは生きたまま死ぬのが怖くて泣いたんです」, そもそも千反田えるが関谷純と自身が忘れていた関谷純の言葉を思い出したいと願ったのは、関谷純の言葉を思い出したうえで送り出したいと思ったことがきっかけ。, 関谷純の失踪から間もなく7年が経ち、法的に死亡したものとして葬式を執り行われることになっていたのです。, 私の考えですが、関谷純はまだ生きていて、今後古典部シリーズに登場するのではないかと予想しています。, 率直に申し上げて根拠は薄いですが、まだ伏線・フラグとなる要素として下記が残っています。, とはいえ、文集「 氷菓 」第一巻が見つからなかったのは物語を盛り上げるための演出で、供恵もたまたまインドに立ち寄っただけだった、といわれればそれまで。, もしまだ彼が生きているとすれば、まさしく「 生きたまま死んだ 」ことになってしまう。, 関谷純の生死はともかく、古典部シリーズとしては「 自身の才能を見つけ、認め、仕えていくこと 」がテーマになっているように読み解けます。, もちろん、シリーズ全体のフックとなっているのは主人公 折木奉太郎とヒロイン 千反田えるとの関係性。魅力的なキャラクター同士が惹かれあっていくさまを見るのはとても楽しいものです。, しかし同時に「 愚者のエンドロール 」、「 わたしたちの伝説の一冊 」では諸先輩の言葉として、自身の才能を自覚し認めることの重要性にくわえ、才能に仕えるべきであると語られています。, そんな状況で、自身にこれといった才能を見つけられないまま、自身がやりたいこともないまま、「 いまさら翼といわれて 」しまった千反田える。, そして、千反田えるととりまく古典部の面々、自身の才能を自覚しつつある折木奉太郎と第一人者であることをあきらめた福部里志と、自身の才能のもと目標を決めた伊原摩耶花。, 1年時とはまた違う状況におかれた古典部の4人が、2年目にしてどのような文集「 氷菓 」をつむぐのか。, 私、18年ぶりの長編新作 白銀の墟 玄の月の発売に前後し、畏れ多くも「 十二国記シリーズのメインストーリーは白銀の墟 玄の月で完結 」と書いていたので[…], 浜辺美波さん、神木隆之介さん、中村倫也さんと豪華キャストでの実写映画化で盛り上がる屍人荘の殺人。 映画をご覧になった方もまだの方も内容が気になる方も多[…], 急転直下、泰麒であり超絶人気を誇るみんなのアイドル 蒿里を悲劇が襲い、多くのファンをハラハラさせた十二国記 黄昏の岸 暁の天。 作中最大の謎である戴国[…], みんな大好き戴国は瑞州の令尹にして泰麒 蒿里の傅相であり、戴国随一の麒麟の尻フェチ 正頼。 今回は正頼の外見が若者か老人かを考察します。 さきに断って[…], 18年ぶりの長編続編 白銀の墟 玄の月の発売で令和元年を盛り上げた東洋風ファンタジー小説 十二国記シリーズ。 各巻で新潮社でも最高記録の初版50万部を[…], 本記事は十二国記 白銀の墟 玄の月のネタバレを含みます。 すでに白銀の墟 玄の月の第一巻・第二巻をお読みになった方向けに書いておりますので、まだ読み終[…]. 米澤穂信の人気青春ミステリ<古典部>シリーズ特設ページ。累計245万部突破!待望のシリーズ最新刊『いまさら翼といわれても』のあらすじはこちら。『氷菓』をはじめとするシリーズ作品情報もご紹介。 mixi(ミクシィ)は、日記、写真共有、ゲームや便利ツール満載のアプリなど、さまざまなサービスで友人・知人とのコミュニケーションをさらに便利に楽しくする、日本最大規模のソーシャル・ネットワーキングサービスです。 今文集『氷菓』を作っている話をし、関谷の名前を告げると・・・。 カンヤ祭は『禁句』 あれは悲劇だった。 そして、関谷は優しい英雄だったと言い出す姉。 そして、詳しい話を聞く前に、時間がないと言って電話を切ってしまったのだ!! 自分の謎解きはまだ続きがあったのか。 見落とし 2002年に発表された「氷菓」は青春ミステリー小説として高い評価を受けながらも、中高生に絶大な人気を誇っています。そんな「氷菓」を原作に製作されて2017年に上映された実写映画版「氷菓」の出来栄えがひどいという評価が目立ちます。何故このような評価が多いのでしょうか。今回はその内容に関してあらすじの紹介やアニメキャラとのキャスティングの比較も行いながら、実写版映画「氷菓」の評価の低い理由について考察をしていきます。どうぞよろしくお願いします。, 今回は米澤穂信原作のミステリー小説の実写映画「氷菓」の評価(駄洒落です)の低い理由を調査して考えました。そしてその原因は今回の実写映画化の前にされたテレビアニメの出来が良かったことにもありそうです。それから実写映画とテレビアニメのキャスティングについても比較して紹介をいたします。, 「氷菓」とは米澤穂信さんによるミステリー小説を原作を元に実写映画化された作品になります。監督は安里麻里さん。安里麻里さんは1976年生まれの映画監督です。出身地は沖縄県。安里は沖縄県那覇市の地名であり、もともとは安里村という名称だったそうです。安里麻里さんの名前もこの土地から取られた苗字なのかもしれません。, 安里麻里監督は2004年に「独立少女紅蓮隊」で劇場長編映画デビューを果たしています。その演出はとても切れがいい、ということで高い評価を受けています。さらに2005年には「地獄小僧」という映画をフランクフルト映画祭に出品しています。「地獄小僧」はホラー漫画家日野日出志のホラー漫画を原作にした映画です。, 2017年には2010年に第17回日本ホラー小説大賞長編賞を受賞した法条遥によるホラー小説「バイロケーション」の映画化をしています。「バイロケーション」とは超常現象の一つであり、同一の人間が複数の場所で目撃される現象を指すそうです。これらの映画作品から安里麻里はホラーが好きな映画監督である、とファンの間では推測されています。, 「氷菓」はホラー小説なのでしょうか。ファンからは「氷菓」はホラー小説というよりも青春小説、しかもミステリー風の味付けの濃い青春小説である、と考えられています。ただ青春とはホラーである、という名言もこの世にはあり、ファンの中にはそれに倣って『「氷菓」は一種の青春ホラーミステリー小説』と評価している方もいらっしゃるようです。, ここで原作者の米澤穂信さんをご紹介しておきます。米澤穂信さんは1978年に生まれた小説家です。出身地は岐阜県になります。小説家としてのデビューは2001年になります。そのデビュー作こそ「氷菓」なのです。その際両親に対して、2年間だけ小説の夢にチャレンジをしたい、と説得をしているそうです。「氷菓」はその後、古典部シリーズというシリーズものに発展していきます。, 「<古典部>シリーズ」は現在まで「愚者のエンドロール」「クドリャフカの順番」「遠まわりする雛」「ふたりの距離の概算」「いまさら翼といわれても」まで発表されています。米澤穂信さんは他にも「<小市民>シリーズ」において「春季限定いちごタルト事件」「夏季限定トロピカルパフェ事件」「秋季限定栗きんとん事件」を発表しています。, どちらのシリーズも一見、ライトノベルのニュアンス(タイトルからもそのように読み取れます)を持ちながら、本格ミステリとしての面白さを持っている小説シリーズになります。他の作品「インシテミル」は2010年に「リング」シリーズの中田秀夫によって映画化、「満願」は2018年にテレビドラマ化されてNHKによって放映されています。, 主人公の折木奉太郎が古典部の教室の密室に閉じ込められるところから「氷菓」の物語は始まります。奉太郎が「古典部」という部活に入部をしたからです。奉太郎が入部をしたのには理由があり、実は海外にいる姉・供恵からの薦めがあったからです。奉太郎は弟らしく姉には逆らいません。それは奉太郎の信条とする「省エネ主義」からも来ています。, そしてその「古典部」には千反田えるという同級生も入部していました。千反田の入部目的も「一身上の都合」ということで理由は分かりません。奉太郎と似たり寄ったりです。そして二人が古典部部員として活動をしていると、二人は密室状況に置かれてしまうのです。, 突然生まれた密室という状況に戸惑う千反田と奉太郎。しかし友人である福部里志の力をかりて、なんとか密室から抜け出すことができます。実際に密室状況になれば慌てふためいてしまうでしょうが、そこは「省エネ主義」の奉太郎。彼は一つずつ状況を確認していき見事、密室の謎を解き、脱出を成功させるのでした。, その後も奉太郎は「古典部」で古典部員としての活動を行うのですが、実際「古典部」がどのような活動をするかどうか、部員である奉太郎にも千反田にも分かりません。その為部室で1ヶ月ほど無為な時間を過ごすことになるのです。しかし時間とは流れるものです。いつも間にか文化祭「カンヤ祭」の時期がやってきました。奉太郎と千反田の二人は「古典部」の活動として文集を販売することにしました。, その為には文集のバックナンバーが必要であると考えた奉太郎と千反田は図書館に足を向けることになります。図書館には奉太郎の幼馴染である伊原摩耶花が図書委員の業務をしていました。伊原から話を聞くと、毎週金曜日に異なる生徒が「神山高校五十年の歩み」という大判の本を借りてはその次の日に返却するというヘンテコな事が起っていたことが分かりました。, ある日、同じ古典部員の千反田から喫茶店に呼び出されます。理由は千反田が「古典部」に入部した「一身上の都合」についての話でした。実は千反田の叔父は失踪をしてしまっていたのです。その叔父がかつて入部していたのが古典部だということを奉太郎は打ち明けられます。さらに、千反田はかつて叔父の話をきいて泣き出してしまった、ということを打ち明けてしまうのです。, 千反田の話を聞いた奉太郎は、自分に千反田の泣き出した理由の謎の解決を引き受けます。叔父である関谷純の生死不明の状態ですが、その状態が既に7年経過していて失踪宣告が出来てしまいます。千反田の実家では葬儀が営まれることから、出来るだけ早く解決をしなくてはなりません。, 学校生活は続き、期末テストも終わりました。奉太郎の自宅にはイスタンブールにいる供恵から手紙がきます。それには図書館には無かった文集のバックナンバーが部室の薬品金庫にあることが記されていました。そうして奉太郎たちは「氷菓」のバックナンバーを手に入れることに成功しました。, 「氷菓」の第二号には33年前の関谷純が失踪をしなければならない理由が書いてありました。「氷菓」の中では英雄として描かれている関谷純でしたが、実際に何があったかまでは分かりません。少年探偵団よろしく4人とも自説を展開しますが、解決にはいたりませんでした。そこで奉太郎が自説を展開しはじめます。そこには姉である供絵の協力がありました。, それは、33年前にあったのは文化祭を縮小しようとする動きに対して反発をした運動があり、関谷純がそのリーダーとして活躍をしていたこという事実でした。関谷純の非暴力運動に伴い、文化祭は縮小されずにすみましたが、学校ではほとぼりが冷めて頃関谷純を退学処分に言い渡したということでした。しかしこの推理さえも真実には遠かったのです。, 実は、退学は関谷純の本位ではありませんでした。反対派のリーダーに祭り上げられた関谷純は、キャンプファイヤー中に火事が発生、消防車がやってきましたがその水圧で格技場は半壊してしまったのです。そうして文化祭の終了後、リーダーという名目だけで関谷純は責任を負って退学に追い込まれてしまったのでした。「カンヤ祭」は語源が関谷の苗字から取られたものだったのです。, 「氷菓」のタイトルの意味は「アイスクリーム」を二つに分けて「アイ」「スクリーム」と読み、「I Scream(私は叫ぶ)」というよべるのです。そして千反田の幼い頃に、関谷純は「強くなれ、弱いままなら悲鳴をあげられなくなる日がくる。」と生きたまま死ぬ恐ろしさを伝えられて泣いたことを思い出すのでした。, 「氷菓」の実写映画版の主題歌はイトヲカシの「アイオライト」になります。イトヲカシは伊東歌詞太郎と宮田”レフティ”リョウによるユニットになります。伊東歌詞太郎なので、バンド名が「イトヲカシ」なのでしょう。, 折木奉太郎役のキャストは山崎賢人さんです。山崎賢人さんは、2010年に「熱海の捜査官」で俳優デビューをしています。他に2011年には「管制塔」で映画デビュー。, 2018年には「トドメの接吻」で連続ドラマ単独初出演を果たしています。このドラマではクズ男のホスト役を演じて話題になりました。, 千反田える役のキャストは広瀬アリスさんです。妹は女優の広瀬すずさんです。映画デビューは「死にぞこないの青」になります。「銀の匙 Silver Spoon」ではヒロインの御影アキを演じています。役作りの為髪を切り落とし、乗馬や搾乳の練習も行ったそうです。, 福部里志役のキャストは岡山天音さんです。映画デビュー作「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」と「犬とあなたの物語 いぬのえいが」が同時期に上映されています。2017年に主演をした「ポエトリーエンジェル」では第32回高崎映画祭最優秀新人男優賞を受賞しています。趣味は絵を描くこと、歌にヒップホップダンスだそうです。, 伊原摩耶花役のキャストは小島藤子さんです。テレビドラマ「キミ犯人じゃないよね?」で女優デビューを果たします。「おっぱいバレー」では映画初出演をしています。スタジオジブリ作品が好きで、一番好きなのは「耳をすませば」二番目に好きなのは「紅の豚」だそうです。, 糸魚川養子役のキャストは斉藤由貴さんです。80年代を代表するアイドルの一人と言われています。松本隆・筒美京平のコンビによる「卒業」で歌手デビュー。映画「雪の断章 -情熱-」で映画初主演をしています。ウェブドラマ「ミス・シャーロック」にも入川真理子役で出演をしています。, 実写映画版「氷菓」の評価のひどい・低い理由を調査してきました。その理由は色々ありそうです。まずはキャスティングに関しての不満、それからミステリー映画としての難点、それからテレビアニメ版「氷菓」との比較、それから「なぜ今映画化されるのか?」という映画製作自体を疑う声。これらに対して一つ一つ考察を加えていきます。, 実写映画版「氷菓」に関しての評価の低さに関して、まずはキャストに問題を感じる人が多くいるようです。ただ今回のキャスト自体は山崎賢人や広瀬アリス、岡山天音や小島藤子と若手が集まって演じられています。そのキャストへの不満を一つ一つ調査して考察をしていきます。, まず主演の折木奉太郎演じるキャストに山崎賢人さんに関してですが、彼は現在人気俳優であり、山崎賢人さんが出演すると「今人気のある山崎賢人」という形容詞がついてしまう場合があります。また他の出演作も多くあり「また山崎賢人か……」と人気俳優あるあるの満腹感を感じる人も少なくないようです。しかしこれは人気俳優の背負ってしまう性のようなものなのではないかとファンからは推測されています。, さらにヒロインの千反田えるのキャストの広瀬アリスさんですが、彼女の場合はモデル出身というルックスのせいで、千反田えるがお嬢様であるという部分とあまりにもリンクしないという声が見られます。, これは現代の役者の世界ではある話らしく、映画監督が取りたい世界観と役者の容貌や姿形がかけ離れていることから生まれる現象です。確かにモデルのような体型や顔を持っている場合、実際に観客がリアリティを持って見るのは困難なのかもしれません。, それに対して、助演の福部里志を演じた岡山天音はもともと器用なのか、「氷菓」のワトソン役ともいえる福部里志を器用に演じていました。ただ演じ方がテレビアニメ「氷菓」での福部里志よりになっている向きもあります。その性か、非常に問題なく見ることが出来るのが岡山天音の福部里志役でした。, 助演の伊原摩耶花役を演じた小島藤子の雰囲気は、まるでテレビアニメ版「氷菓」をカリカチュアしたような演じ方でした。あくまでテレビアニメだからこそ通用するようなコメディ演技のニュアンスが強く、その点で暴力的な雰囲気が出てしまったようです。テレビアニメ版「氷菓」が持っていたユルユルとしたニュアンスとは程遠いイメージを持たせる原因にもなっているようです。, ということで、やはり高校生しかも15歳の役を20代半ばの役者が演じるという部分で観客たちは違和感やひどいと感じてしまったようです。ただ実写映画版「氷菓」をコスプレと捉えるのは、やはり主演を演じた山崎賢人さんや広瀬アリスさんが既に人気のある俳優であることも関係してきているでしょう。私たち観客が、役者についてしりすぎているのです。もっと若い新人なら新鮮味を感じたかも知れません。, とすると、やはり実写映画版「氷菓」では助演で糸魚川養子を演じていることが大きいようです。彼女の持つ暗い雰囲気が実写映画版「氷菓」の暗さを引き摺っている要因にもなっているようです。それは「氷菓」という物語が持つ構造ともつながっています。一見、高校生である古典部員が主体でありながら、大人の視点こそが重要な意味を持っているのが「氷菓」なのです。, 物語における最重要人物の不在、という点で「君の膵臓を食べたい」と「氷菓」は似ています。「君の膵臓を食べたい」は物語の途中で実際の病気とは関係なく、ヒロインが死んで(途中退場して)しまうのです。ここには一見「ノルウェイの森」にも似た「理由なき死」をテーマに据えているように見えますが、物語上何故ヒロインがあのような形で死んでしまったのか、説明がありません。, そこから物語における「アンチ・ダイナミズム」を引き出すことは可能でしょうが、それが映画としての面白さに繋がっていないのも大きな問題です。一方「氷菓」における、関谷純の33年間の不在は、一見英雄譚ともみられる物語でしたが、現代の高校生である古典部員たちにも繋がる権力闘争や敗残者の末路の物語でした。つまり物語に明らかに他者が存在するのです。, 「氷菓」では四人の「古典部」の部員が周囲の大人に引っ張られているという構図をとられています。「君の膵臓を食べたい」では敢えて排除されている大人の存在こそ、「氷菓」の重要なテーマになっているのですが、実写版では斉藤由貴の存在感の大きさによって、他の役者がコスプレ風にみえてしまっているのです。, またミステリーとして難点が多いという点でひどいと指摘する声もあります。そもそも原作の「氷菓」は小説ですし、ミステリー小説を映像化するのは困難である、という大前提があるのも事実です。では今回の実写映画版「氷菓」ではミステリーの謎やトリックとして何処が難点だったのか、について考察をしていきます。, 「氷菓」のミステリーとしての謎はテキストクリティークにあります。テキストクリティークとは過去の文献を保存しておいて、現在から読み解いていくうちに変容してしまうということを指します。色々な異本があるなか、原文の復元を求める方法論です。「氷菓」においては33年前に作られた「氷菓」というタイトルの古典部の文集の復元になっているのです。, 散らばってしまった関谷純の感情の欠片が33年前の「氷菓」の中に詰まっている、という部分こそ「氷菓」のミステリーの骨幹になっています。そうして最後に「氷菓」=「アイスクリーム」=「I scream(僕は叫ぶ)」という読み解きにまで発展するのです。これは明らかに歴史と言うものが存在するからこそ出来る読み解き方です。, ただ映像化する場合、ミステリーの中でも文献を読み解くテキストクリティークは文学だからこそ出来る冒険でもあります。それはテキストを読み解く場合、普通文献があり、それを読み解く時間が掛かるからです。その時間を実写映画版「氷菓」では約2時間の間に解決を見せているのです。そのため、テキストクリティークとしては説得力が落ちてしまっています。そこでひどいという感想が生まれたのでしょう。, テキストクリティークが映像化が難しいという点でも、原作やテレビアニメと比べてストーリーに深みが無いという指摘に繋がります。テクストクリティークにおいてテレビアニメと実写映画との違いは、時間の長さにあります。テレビアニメの場合は4月から9月という6ヶ月という期間放送されています。逆にその間に原作「氷菓」を読める時間も得られる場合があります。メディアミックスされやすい部分もあるのです。, 他にも、ミステリー映画と言えば必ず登場するであろう名探偵の不在も話題になっています。主人公の折木奉太郎は少しづつ謎を解いていく探偵だし、考えのまとまらないまま話を進めて、周囲に助けられながら真相にたどり着く所謂素人探偵です。かつての快刀乱麻に難解な謎を解決していった名探偵たちとは違う存在に描かれています。, また謎の解決方法への不満の声もたっています。主人公である折木奉太郎の問いに殆どの関係者が嘘をつかずに答えていくからです。それは「氷菓」がテキストクリティークに特化したミステリーであることもありますが、そこにたどり着くまでの物語が垂直的であることも否めません。登場人物が嘘をつくタイプのミステリーではなく、文献をどのように読み解いていくかが重要なタイプのミステリーなのです。, このことから、「氷菓」というミステリーが関谷純が容疑者のように初めは思いながらも実は被害者であるという二重構造が浮き彫りにされていきます。そのことで、大人である糸魚川養子の存在が大きいのです。実写映画ではほぼ唯一、主人公たちである古典部員と関わる大人は糸魚川養子であり、彼女の行動こそが「氷菓」が青春ミステリーとして成り立つ立地点になります。それは大人だからこそ嘘をつくという本質があるからです。, そして、故意に誤読され続けた「氷菓」のタイトルに古典部員たちはついに関谷純の声を見つけ出します。そこには「私は叫ぶ」という言葉が隠されてきました。ただその言葉は関谷純の不在の中で叫ばれたものでした。しかし一方では関谷純はただ不在になっているだけで死んだわけではありません。そして忘れたわけでもなかったのです。それが折木供恵の手紙によって最後に明らかになるのです。, 他にも実写版映画「氷菓」の評価の低さには、その「ありえなさ」について見受けられます。そこでどこが「ありえな」かったのか、について調査と考察をしていきます。まずは製作者側に対する疑いです。製作者側は観客の事を考えずに「映画を作りたいだけ」だったり「作って利益を出したい」だけだったのではないか、という声です。この意見の中では、観客に対するピントのずれが指摘されています。, また、原作が人気がでる→テレビアニメ化→実写映画化という構図のなかに、現在の日本の映画界では人気がでた漫画やテレビアニメを実写化しようとする傾向が取りざたされています。2017年には漫画、テレビアニメとも人気を博した「鋼の錬金術師」が実写映画化されていますし、2012年には伝説的な漫画、「るろうに剣心」も実写映画化されています。, しかし実写版映画「氷菓」の場合、もともとのテレビアニメとの差がありすぎて、単体の作品としての魅力に欠けてしまっているようです。このことから観客にも観ない自由がある、という意見もあります。これはテレビアニメ版や原作小説に対する愛が強すぎるため、生まれた誤解かもしれないとも受け取れます。余程個人的につまらないと感じたのかもしれません。, アニメの実写化を止めてほしい、というアニメ好きの痛切な思いもあるようです。現在は実際的に小説や漫画がアニメ化され人気が出た後、実写化されるというパターンは存在しますが、逆のパターンはなかなかありません。それは映像化においてアニメが向いている、実写が向いているというある程度の不文律が存在するからではないでしょうか。, 勿論すべてのアニメが実写化が向いていないとは限りませんし、全ての実写化がアニメには向いていないということではないでしょう。ただ今回の「氷菓」は小説からアニメ化され評価が高かったのが、実写化されたことで評価が下がったことは事実のようです。, 今回のまとめは、実写版映画「氷菓」の評価が低すぎることについてのまとめでした。何故この映画がこれほどまでに低い評価を得たのかと考えると、やはり小説の世界を忠実に再現したと思われるテレビアニメ版「氷菓」との比較は免れないでしょう。そこから皆「何故いま『氷菓』を実写映画化するのだろうか。」という疑問にぶち当たらないわけにはいかなかったのです。, しかし海外の例を見るまでもなく、大ヒット映画にはもともと原作がついていて、その原作自体がとても人気のある作品である場合が多いのが実情です。まず売れるか売れないか、で製作側が判断する部分はあるのではないでしょうか。そしてやはり「氷菓」は原作、テレビアニメとも評価が高く、その分内容に関してハードルが高くなっている部分は否めないでしょう。, 前述したとおり、良い作品や面白い作品を作るときはハードルが高くなる場合があり、周囲からは理解されにくい部分もあります。ファンからの感想を見る限りでは実写映画版「氷菓」に関しては「何故、今実写で『氷菓』を撮らなければならないのか。」の部分を観客が了解することが出来なかったのが大きな部分を占めているようです。, 氷菓の実写版の評価が低い・ひどい理由は?アニメキャラとキャストも比較紹介のページです。BiBi[ビビ]は映画・ドラマ・アニメなどのエンタメニュースを幅広くお届けするメディアです。今の暮らしを楽しくするトレンド情報を発信します。. 変人メタラーの自己満なブログです。 生きた軌跡や趣味について書いています。 ブログトップ; 記事一覧; 画像一覧; 氷菓5話と蹴球. しかし、関谷純が命名した『氷菓』の意味だけは糸魚川でもわかっていなかった(糸魚川は『氷菓』の意味に気づいているが、あえて何も言わないでいると、奉太郎は推測した)。ただ一人その意味に気付いていた奉太郎は、『氷菓』の読み解き方を教える形で、その意味を伝えていく。ようや 小説・映画・ドラマ・アニメ・マンガを腹ぺこクマが踊りながら考察します。, 古典部シリーズの第一巻、氷菓事件の鍵を握る関谷純。千反田えるのおじにして、伝統ある古典部の大先輩でもあります。, 作中では失踪したまま死亡した扱いとなりますが、実際に関谷純は死んでしまったのか、はたまた生きているのか。, なお、本記事はネタバレありです。特にシリーズ第一巻にあたる「 氷菓 」を中心に全体的なネタバレを含んでいます。最低でも原作第一巻 氷菓、あるいはアニメ第5話 歴史ある古典部の真実までご覧にいることを前提にしているのでご注意ください。, アニメ 氷菓 第5話 歴史ある古典部の真実より © 米澤穂信・角川書店 / 神山高校古典部OB会, 古典部の文集「 氷菓 」と関谷純をめぐる事件は、折木奉太郎や姪の千反田えるが神山高校へ入学する33年前に起こっています(※アニメでは放映時期の関係で45年前に改変されている)。, その年、学校・教師側は文化祭の規模を縮小し、例年の5日から2日に短縮させたうえ、平日ではなく週末開催するとの決定を学生へ通達します。しかし当時娯楽もなく毎年の文化祭を楽しみにしていた学生側はこれに憤慨、反対運動を実施しました。, 学生らの猛反対により学校側は6月には文化祭規模縮小を撤回。学生側は平年通り5日開催を勝ち得ています。, しかし、文化祭規模縮小反対派のキャンプファイヤーが原因とみられるボヤ騒ぎにより、校内施設である格技場が半壊。, 文化祭が終わりほとぼりの覚めたころになって、名目上では反対運動のリーダーだった関谷純が責任を問われ退学処分に。, 関谷純は声をあげず学校を去ることになりましたが、やはり本人にとっては不本意だったのでしょう。, 作中で奉太郎が解き明かした通り、氷菓の意は「 i Scream 」。その想いに反し、彼は英雄に祭り上げられ、その後 神山高校の文化祭は関谷をもじって「 カンヤ祭 」と呼ばれるようになります。, そして、千反田えるが知りたかった幼いころの自分が泣いてしまった理由を思い出すのです。, 「そうです、強くなれといったんです。もし私が弱かったら、悲鳴も、そう、悲鳴も上げられなくなる日が来るって。そうなったら私は生きたまま……」 芸能人ブログ 人気ブログ. 45年前の真実。それを知る意外な人物。その人物と関谷純との間に何があったのか。えるが号泣した謎に迫って行く!! 脚本 賀東招二 絵コンテ・演出 三好一郎 作画監督 堀口悠紀子 ※放送時間の変更はこちらをご確認ください。 【 実写】氷菓 【 山崎賢人×広瀬アリス】 1 : 名無シネマ@上映中 :2017/06/22(木) 18:48:28.44 ID:3nYRFjmL.net シリーズ累計210万部突破! ユーザーのアイデアを集めた世界最大のコレクション、Pinterest で Sasahara(sasahara1852)さんが見つけたアイデアを見てみましょう。 捌け口と軌跡. 本作では原作やアニメではあくまで過去の人物であった関谷純にスポットライトをあてよりドラマチックにすることで、終盤のシーンも大変見応えのあるものになっています。 役者さんの年齢層が高めなのは確かに気になりますが、撮影になれてきたのであろう中盤以降のシーンではかなり演� 古典部シリーズの第一巻、氷菓事件の鍵を握る関谷純。千反田えるのおじにして、伝統ある古典部の大先輩でもあります。 作中では失踪したまま死亡した扱いとなりますが、実際に関谷純は死んでしまったのか、はたまた生きているのか。 私、気になります! 妄 実写映画『氷菓』登場人物とキャスト. へぇ、三十三年前にも壁新聞部はあったのか…。発行年は一九六九年…関谷純が神山を去った翌翌年だな。ちょっと読んでみるか…。 伝説的な一昨年の運動では、決して暴力は振るわれなかった。全学があれほど怒りに燃えたっても、我々は団結を崩すことなく、最期まで非暴力的不服従を貫� 腹ぺこクマが踊りだす 氷菓(邦画-青春)のネット動画配信。あらすじ、キャスト・スタッフ、予告編などの情報もご紹介!動画視聴で楽天ポイントが貯まる楽天TV(Rakuten TV)! 【試し読み無料】えるから「生きびな祭り」の傘持ちを頼まれた奉太郎。神社に着くとルート確認をしており、奉太郎は長久橋が工事で通れなくなることを告げる。突然の事態に現場がざわついていると、えるが奉太郎を呼び出すのだが…。 「はっきりしてるだろう意味なんか 氷菓ってのは下らない駄洒落だ」 「関谷純は俺たちみたいな古典部の末裔にまで 自分の思いが伝わるようにしたんだ 文集の名前なんてものに込めてな」 By 奉太郎 (投稿者:ハヅキ様) 氷菓名言; あきましておめでとう. 関谷純は、文集『氷菓』に、叫べ、強くあれといった意味を、思いを込めて学校を去った。だが、彼の一番の友人にはそれは伝わらなかった。友は、叫ぶことができなかった。 それが、『氷菓』の真実。カンヤ祭という名には、英雄と、その友の犠牲が刻み込まれていたのだ。 「そうですか」 氷菓 (角川文庫 <古典部>シリーズ)/米澤 穂信(文庫:角川文庫) - 【角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞(第5回)】【「TRC MARC」の商品解説】何事にも積極的に関わらないことをモットーとする奉太...紙の本の購入はhontoで。 氷菓5話と蹴球 | 捌け口と軌跡 . 折木奉太郎(おれき ほうたろう)は神山高校に入学したばかりの1年生。 普段から積極的には物事に関わらない「省エネ」なスタイルをモットーとしている奉太郎だったが、姉からの命令により廃部寸前の「古典部」に入部することになった。 部員は奉太郎ただ一人…のはずだったが、部室には同じく古典部に入部したという同級生・千反田える(ちたんだ える)の姿が。 千反田「わたし、気になります!」 『なぜ、千反田が部室にいたのに部室にカギがかかっていたのか?(内側からは施錠できない)』 千 …

オカリナに似てると 言 われ た, ツイステ ぬいぐるみ オクタヴィネル 予約, しめじ 作り置き クックパッド, クリープ ハイプ 全曲, ファミマ ざるそば カロリー, 東武トップツアーズ 日帰り 東京, ロボット魂 ビアレス 再販,