WiLL VS(トヨタ)の中古車を15台掲載中。WiLL VSの中古車検索や中古車販売などの中古車情報なら「カーセンサーnet」!リクルートが運営する中古車情報のサイトです。WiLL VSの中古車が様々な条件で検索可能。あなたの車選びをサポートします。 フランクフルト・アム・マイン (Frankfurt am Main) は、ドイツ連邦共和国 ヘッセン州に属す郡独立市である。 一般にフランクフルトと通称される。ヘッセン州最大の都市で人口は72万人(2016年)であり 、ドイツ全体でベルリン、ハンブルク、ミュンヘン、ケルンに次ぐ。 Heinrich Hugendubel-Verlag, München 1990, Frankfurter Allgemeine Zeitung 1995年10月10日付け, "Wirtschaftsstandort Frankfurt am Main Band 3", "Institut fur Stadtgeschichte", Aktuelles, Newsletter 5, "World Weather Information Service - Frankfurt", "Die Gliederung des Frankfurter Stadtgebiets – von der Adresse bis zur Stadtgrenze", "Bevölkerung, Statistisches Jahrbuch 2011", "Frankfurt hat gewält: Oberbürgermeister-Stichwahl am 25. 53.66$ vs 96.71$ 147.03$低い街の中心地のワンルームマンションの家賃 広告 . スペシャル座談会 許斐先生×川口監督×広田さん(脚本家) Volume.2 公開! 2021.01.26 NEWS. Great value fares with Vietnam Airlines. Plants Vs Zombies . & ルアーホルダーbm ブラック.【セット買い】がスポーツ&アウトドアストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 Book today and save! Band 28 der Reihe Stadt in der Geschichte der Veröffentlichungen des Südwestdeutschen Arbeitskreises für Stadtgeschichtsforschung, Jan-Thorbecke-Verlag, Ostfildern 2003, 基本法制定会議で 33 : 29、1949年11月3日の連邦議会投票では 200 : 176 であった。, 連邦内務省: [Polizeiliche ウィーン. ): Städtische Mythen. ): Barbara M. Henke, Thomas Kirn, Ruth Rieger. 「嵐」にプラスワンゲストを加えた嵐チームとゲストチームとが、番組オリジナル体感型ゲームで対戦するバラエティ番組『vs嵐』。 VS嵐 - フジテレビ Frankfurter Historische Kommission (Hrsg. その為なるべく早くファクトリーのtacカスタマイズでtacpアップを取得するのをオススメします。! "Tatort Deutschland" in Focus Nr. ): Diplomata 4: Die Urkunden Pippins, Karlmanns und Karls des Großen (Pippini, Carlomanni, Caroli Magni Diplomata). Scriptores (in Folio) 30,2: Supplementa tomorum I-XV. Kobelion-VS 吐出空気量 1.0~2.45m³/min 7.5~15kWクラス Kobelion-SG 吐出空気量 1.0~2.35m³/min 7.5~15kWクラス : 小型機における最高レベルの省エネ性を実現(VS) インバータ制御範囲を20~115%に拡大することにより、あらゆる負荷変動においても最高の省エネ運転を実現します。 ワイドレンジ制御(VS 安蘭けい. この項に関する文献: Wolfgang Klötzer: Zu Gast im alten Frankfurt. Official website. スパロボVプレイ日記 7~8話 ゲーム 2018.3.11 崩壊3rdアプリレビュー お手軽なアクションで楽しい! ゲーム 2017.3.28 スパロボVプレイ日記 12話~13話 ゲーム 2017.3.8 スパロボVプレイ日記5~6話 ゲーム 2019.12.18 バトオペ2攻略 どんな編成で出撃するべきか?という話 ランガンシステムboxにハンドルストッパー機能を搭載した、vs-7070n。収納物や装着しているオプションパーツによっては、持ち運ぶ際にバランスが崩れることもあったが、ハンドルストッパー機能を使用すると、バランスを崩さず安心して持ち運ぶことが可能です。 2: 名無しさん ... gbaあたりののスパロボが演出もテンポも程よくてすこ . ランガンシステムboxにハンドルストッパー機能を搭載した、vs-7055n。収納物や装着しているオプションパーツによっては、持ち運ぶ際にバランスが崩れることもあったが、ハンドルストッパー機能を使用すると、バランスを崩さず安心して持ち運ぶことが可能です。 ダウンロード. レーマーベルク(ドイツ語版)は、アルトシュタットの中心となっている広場で、14世紀の市庁舎(レーマー)、初期ゴシック様式の旧ニコライ教会、戦争で破壊された後に再建された広場東側の一連の建造物などがある。地元クラブ(アイントラハト・フランクフルトやフランクフルト・ライオンズ)がタイトルを獲得した際には、市庁舎バルコニーで祝勝イベントが開かれる。サッカーワールドカップの際にも、ファンとともにこれを祝った。, パウルス教会は、1786年に取り壊された中世の跣足教会に替えて、1789年から1833年に建設された教会で、1944年までプロテスタントの中央教会として使用された。ヨハン・ゲオルク・クリスティアン・ヘスによるこの古典主義様式の円形建造物内で、1848 / 49年のフランクフルト国民議会が開催された。パウルス広場はオープンカフェで賑わう。, レーマーベルクとリープフラウエンベルクとの間にノイエ・クレーメ通りがある。リープフラウエンベルクには、14世紀に建立されたリープフラウエン教会(聖母教会)、1770年建造のリープフラウエンブルネン(聖母の泉)、フランクフルトに残る数少ないバロック建築の1つである1775年建造の家屋「ツム・パラディース/グリムフォーゲル」がある。, 1944年に破壊された後、1954年に新設されたクラインマルクトハレ(訳は「小市場」。屋内市場)は、平日には150以上のテナントであらゆる種類の食材が売られている。この他に、アルトシュタット西部にはゲーテの生家がある。現在では閑静な通りのコルンマルクト(訳「穀物市場」)は、中世にはこの市のメインストリートであった。, マイン川の両岸は、フランクフルト市内で最も魅力的な地域に発展してきている。ムゼウムスウーファー(博物館堤)の拡張、川岸施設の刷新、旧フランクフルト西港の住宅・産業地域への改変といったプロジェクトが行われ、建築上見所の多いマイン川の橋などがある。アルテ・ブリュッケ(直訳すると「古い橋」、1222年にはすでに文献に記録されている)は、何世紀もの間、この町で最も重要な建造物であった。2006年にマイン川の中州に展示ホール「ポルティクス」が建設された。1869年に開通した歩行者専用橋のアイゼルナー・シュテークは、この街の象徴的建造物の1つである。この橋の北詰にあるザールホーフとカトリックのレオンハルツ教会はシュタウフェン朝にまで遡る文化財建築である。, イネンシュタット東部のマイン川の橋から見たアルトシュタットとスカイラインは、フランクフルトを表現する画像としてよく用いられる。イネンシュタットの東側、マイン川の両岸にそれぞれ大きなビーチ・クラブが設けられた。ゲーテとマリアンネ・フォン・ヴィレマーがデートした場所として文学史に名を遺すゲルバーミューレは現在、行楽地のレストランとなっている。, 自然保護地域「シュヴァンハイマー砂丘」は、ヨーロッパで数少ない内陸砂丘の1つで、シュヴァーンハイム区西部のマイン川近くにある。総面積は 58.5 haで、絶滅の危機に瀕した珍しい種を含め多くの動植物が棲息している。, マイン川に架かる橋、画面右端がアイゼルナー・シュテーク、その左隣の橋がアルテ・ブリュッケ, ザ・スクワイアは総面積 14万 m2 の、ドイツ最大のオフィスビルである。この建物は、全長 660 m、10階建てで高さ 45 m、全幅 65 m ある。この建物の中にフランクフルト空港の遠距離鉄道駅が入っている。さらに2つのホテルと多くの店舗も入居している。建築費は約 10億ユーロで、フランクフルト・アム・マイン市の最も高額な不動産の1つである。, フランクフルトは、ヨーロッパでは数少ない印象的なスカイラインを持つ街であり、このためニューヨークのマンハッタンをもじって「マインハッタン」とも呼ばれる。特に多くの高層建築物が、インネンシュタット西部の銀行地区、バーンホーフスフィールテル東部、ヴェストエント南部に密集している。最初の高層ビルは1950年代に建設され、1970年代中頃から高さ 150 m を超える超高層建築物も建造されるようになった。, 1953年からフランクフルトの都市建設計画も高層ビルの規定に取り組んだ。1998年に高層建築構造計画が起草され、2008年に最終決定がなされた。これは、高層ビルを一定の区画に集中させグループとして取り扱うことを意図したもので、オストエント区の欧州中央銀行新庁舎や中央駅前のバーンタワーといった例外はあるものの、実際に運用された。, 1950年代から新規建造物の高さは高くなっていった。1951年に造られたジュニア=ハウスは高さ 35 m、1953年に開館した AEGホーホハウスは 45 m であった。1956年には、ハウプトヴァッヘのフェルンメルデホーホハウスが高さ 69 m でこの街の最も高い建物であった。1960年代には、ホテル・インター=コンチネンタル (67 m)、チューリッヒ=ハウス (68 m) といった同じような高さの建物が建てられた。ジュニア=ハウスとホテルを除き、これらの建物は後に取り壊され、より高い建物に置き換えられた。ザクセンハウゼン区のヘニンガー塔は高さ120 m で、カイザードーム西塔 (95 m) を超えたフランクフルトで最初の建物であった。1960年代に建てられたこの他の高層ビルとしては、たとえば BHF 銀行ホーホハウス (82 m) やライン=マイン=センター (84 m) がある。, 1972年になるとゲーテ大学の AfE 塔が高さ 116 m で最も高い建物であり、1974年に 142 m のシティー=ホーホハウスが建造された。最初の超高層建築物が 1976年にオープンした 159 m のプラザ・ビューロ・センターであり、1978年に建設されたドレスナー銀行のジルバー塔は高さ 166 m で当時のドイツ連邦共和国で最も高い建物であった。ユーロタワーとヘラバ=ホーホハウスにより、都市中心部の高層ビル密度は高まった。1980年代に建てられた建造物は、それまでの高さを超えることはなかった。この時代の最も有名な建物が 1984年に完成した高さ 155 m のドイツ銀行ツインタワーである。この建物は、地元ではゾル・ウント・ハーベンと呼ばれている。, 1990年代には、第2次高層建築ジェネレーションが新たな記録を樹立していった。メッセ塔は1991年に高さ 257 m でヨーロッパで最も高い建物となり、1997年には高さ 259 m のコメルツ銀行タワーが建てられた。この時代の、やはり 200 m を超えた他の建物としては、DZ銀行のヴェストエント・タワーやマインタワーがある。マインタワーは、屋上プラットフォームに一般人が立ち入りできるフランクフルトで唯一の高層建築である。ジャパン・センターの 25階にはレストランが、オイロテウムの 22階にはバーがある。不定期に開催されるヴォルケンクラッツェン=フェスティヴァル(摩天楼祭)の期間中には他の高層建築も一般に開放される。, 21世紀には、フランクフルトに他の高層建築が建設された。タワー 185、オペルン塔、スカイパー、ガリレオ、ネクスタワーやヴェストハーフェン・タワーなどである。2011年現在、フランクフルトには高さ 150 m 以上の建物が 12 棟あり、ドイツ高い建物ベスト8がこの街にある。さらに欧州中央銀行新庁舎とタウヌス塔の2つの超高層建造物が建設中である。, この街でもっとも高い建物は、1978年以降テレコムの放送通信塔であるオイローパ塔(フランクフルト市民からは「ギンハイマー・シュパーゲル」と呼ばれる)で、高さは 337.5 m である。オイローパ塔には、回転レストランやディスコなどのビジターエリアがあったが、資金不足から1999年以降閉鎖されている。, 1192年に初めて文献に記録されているマイン川南岸のザクセンハウゼンは、フランクフルト方言で「ドリップデバッハ」(川の対岸)と呼ばれている。この呼び名はイネンシュタットを指す「ヒップデバッハ」(川のこちら側)に対する呼び名である。中世からここには主に漁師、農民、職人が住んでおり、粗野な言葉遣いや生活態度で知られていた。18世紀から19世紀にかけて次第に裕福な市民も住むようになった。やがてザクセンハウゼンの旧市街は人気の飲食店街となった。しかし、アメリカ軍駐屯地が閉鎖された後、この街は訪れる人の減少に苦しんだ。これ以後、空き家や荒廃した建物が目立つようになっていった。それでも伝統的な、一部はとても古くから続くリンゴ酒酒場が残った。市は、この地区の復興に尽力した。その結果、飲食店の他に小さなオフィスやアトリエが開設され、日中も活気が高まっている。, ザクセンハウゼンのマイン河岸で他を圧する建物が、1875年から1881年に建設された三王教会である。また、マイン川に沿って博物館が点在している。ザクセンハウゼンでは第2土曜日ごとに、ドイツ最大級のノミの市が開催される。, ザクセンハウゼン北部シュヴァイツァー広場周辺の古い家屋は、小売店やレストランが混在する人気の住宅地となった。「アドルフ・ヴァーグナー」や「ツム・ゲマールテンハウス」といったリンゴ酒酒場の他にモダンなカクテルバーも営業している。, また、南部には、1960年代に建設された「レルヒェスベルク」などの高級住宅街がある。さらに、ザクセンハウゼン旧市街の東側にあった旧屠畜場跡に、1990年代以降新しい住宅地ドイチュヘルン地区が建設され、人気の住宅地に発展した。新しい地域の象徴的建造物が、高層ビルのマイン・プラザである。, この他、ザクセンハウゼンの区域内には、シュタットヴァルト内にドイツで最も高い木造建造物の 1つであるゲーテ塔や、自転車レース「ルント・ウム・デン・ヘニンガー=トゥルム」で知られる旧穀物倉庫のヘニンガー塔がある。, 1888年にオープンした中央駅は長距離列車の本数や乗降客数で、ヨーロッパ最大級の駅の 1つである。巨大な 5つのトレイン・シェッド、様式を留めて保存された駅舎、見切れないほどの地上および地下施設は、見応えのある強い印象を示す構造物である。, バーンホーフスフィアテル(訳「駅周辺地区」)は、文化のるつぼである。ここにはオフィスや異なる文化圏の様々な種類のレストランが混在している。タウヌス通りをはじめとする歓楽街だけでなく、それ以外でもバーンホーフスフィアテルは 24時間活動している街である。この地区は国際的な交通の要衝であることが都市にもたらす問題点の典型例でもある。通勤客や銀行員、国際的なメッセ参加者、日帰り客が作る人の流れのすぐ傍らに、物乞い、アルコール中毒者、薬物中毒者がたむろしている。中央駅の出入り口から直接目にできるカイザー通りは、市のブールバールで、多彩な文化の小売店、泡沫会社乱立時代の古い建物からなる歓楽街のすぐ隣に近代的な銀行の高層ビルが建っている。, この街は多彩な文化プログラムを提供している。大小 60館以上の美術館、博物館、展示場からなるユニークな博物館群もその 1つである。これらは主にマイン川の両岸に位置している。ムゼウムスウーファー(博物館堤)の原型となった、1968年にティル・ベーレンスによって計画されたフランクフルトの緑地・マイン河岸コンセプトは、1980年代初めから実際に緑地が巡らされ、現在も継続されている。, マイン川のザクセンハウゼン側にあたるムゼウムスウーファーには、シュテーデル美術館、リービークハウス美術館、コミュニケーション博物館(かつての郵便博物館)、ドイツ建築博物館 (DAM)、ドイツ映画博物館、世界文化博物館、実用芸術美術館(かつての工芸美術館)といった有名な美術館や博物館が並ぶ[83]。, 美術館やギャラリーとしては、シュテーデル美術館(絵画)[84]、リービークハウス美術館(彫像)[85]、近代芸術美術館 (MMK)[86]、シルン芸術ホール[87]、ドイツ建築博物館 (DAM)[88]、ドイツ映画博物館[89]、ドイツ実用芸術美術館[90]がある。, 歴史博物館としては、カルメル会修道院内の考古学博物館[91]、歴史博物館(市史)[92]、ユダヤ博物館[93]がある。, 技術系の博物館としては、コミュニケーション博物館[94]、フランクフルト軽便鉄道博物館[95]、フランクフルト交通博物館(路面電車)[96]、エクスペリミンタ[97]、フランクフルト歴史鉄道協会の保存鉄道[98]、ホーホフート技術コレクション[99]がある。ノルトエント地区の EXPLORA は視覚と錯覚の博物館である。ここには多くのアナグリフの絵、ステレオスコピー、ホログラムや新しい形の視覚効果を体験することができる[100]。, ゼンケンベルク自然博物館は世界的に有名な自然科学の博物館であり、世界遺産に登録されているメッセル採掘場から出土した化石を見ることができる[101]。民族学の博物館としては、世界文化博物館がある[102]。, 芸術活動には、シルンの向かいにあるフランクフルト芸術協会[103]、シュテーデルシューレ(国立絵画芸術大学シュテーデルシューレ)の他、多くの私立芸術ギャラリーや入れ替え展示室がある。ギャラリーは異なる専門分野に分かれた古典芸術から現代芸術に至るまでさまざまなものがある。入れ替え展示室は多くの芸術家や若い芸術研究者が利用しており、たとえばザクセンハウゼン地区の展示ホールやボルンハイム地区の展示スペース EULENGASSE 65 などがある。, 実用芸術博物館の展示物、ヨハン・ヨアヒム・ケンドラーの『パルナス山のアポロンとミューズ』, 「市立劇場フランクフルト」は、異なる分野の舞台を持つ劇場で[104]、フランクフルト歌劇場は国際的な評価も高く、年間最優秀オペラ座(ドイツ語版)を何度も(直近では2003年)獲得している。シャウシュピール(演劇)・フランクフルトは、1960年代にハリー・ブックヴィッツ、1970年代から1980年代にペーター・パリッチュの指導下での共同参画モデルについて世論を賑わせた。市立劇場の他の2つ、バレエ・フランクフルトとテアーター・アム・トゥルム (TAT) は 2004年に閉鎖されたが、2005年から「ザ・フォーサイス・カンパニー」の名で民営のダンスカンパニーグループとして再興している[105]。, 1880年に開館したオペラ座は、戦後1981年にコンサートホールとして再建された。旧オペラ座は、その名の示すとおり「かつてのオペラ座」、現在はコンサートホールであり、フランクフルト歌劇場によるオペラは市立劇場内で上演される。ドイツ語でもAlte Oper、Oper Frankfurtと、混同しやすい。[106]。この他のコンサートホールとしては、ウンターリーダーバッハ地区のヤールフンデルトハレ、ボッケンハイム地区の祝祭ホール、ヘッセン放送の放送ホールがある。, ノイエ・マインツァー通りの「ディ・コメディエ」[107]と動物園事務棟の「フリッツ・レーモント劇場」[108]は、この街で有名な 2つの大衆劇場である。フォルクステアーター・フランクフルトは、古典的な方言劇の他に古典劇や現代劇を方言に翻案した作品を上演している[109]。よく似たコンセプトの劇団が、俳優ミヒャエル・クヴァスト主宰のフリーゲンデ・フォルクスビューネである[110]。ザ・イングリッシュ・テアトルはヨーロッパ最大の英語劇場である[111]。, 近代舞台芸術(パフォーマンスやダンスなど)のためのフランクフルト最大で広く知られている劇場がボルンハイムのモウゾントゥルム芸術ハウスである。演劇グループやアンサンブルのためのステージとなっているのが、ガルス地区にある旧アドラーヴェルク社のガルス・テアーター、グートロイトフィアテルの近代演劇のためのランドゥングスブリュッケン・フランクフルトおよびケラーテアーター・フランクフルトである。, 劇場を有する劇団としては、ボッケンハイム地区カファ・エクツェスのディ・ドラマティシェ・ビューネ、ノルトエント地区のミヒャエル・ヘルルのシュタルブルク・テアーター、オストエント地区ナクソスハレのテアーター・ヴィリー・プラムル、ボッケンハイム地区のフライエ・シャウシュピール・アンサンブル、ハウゼン地区ブロットファブリークのフランクフルター・アウトーレン・テアーターがある。, バラエティー、キャバレー、演芸の分野では、ジョニー・クリンケのティーガーパラスト、 die KÄS、カルメル会修道院のディ・シュミーレ(1950年から「世界最悪の劇場」と自称している)、ヘーヒスト地区のノイエス・テアーターが知られている。, テアーターハウス・フランクフルトは、たとえば「グリューン・ゾーセ」などの数多くの子供演劇アンサンブルが上演されており、ノルトヴェストシュタットの青少年演劇センターやパルメンガルテンのパパゲーノ音楽シアターとともにフランクフルトの活発な子供演劇シーンを形成している。また、特殊な子供劇場としては、1975年から2005年まで活動していたクラップマウル人形劇場があった。, 2つの対照的なオーケストラ、フランクフルト・ムゼウム管弦楽団とhr交響楽団がフランクフルト市を拠点に活動している。アンサンブル・モデルンとユンゲ・ドイツ・フィルハーモニーもフランクフルトに本拠地がある。合唱団では1818年に創設されたフランクフルト・チェチーリア合唱団、フランクフルター・ジングアカデミー、フランクフルター・カントライが知られる。, ラッパーのモーゼス・ペルハム、ピアニストのトム・シュリューター、メタルバンドのタンカード、ハードロックバンドのベーゼ・オンケルツ、テクノポップDJのスヴェン・フェートやクリス・リービング、ユーロダンスグループのSnap!もフランクフルトで結成された。, 15世紀にはすでに開催されていたフランクフルト書籍見本市は世界最大の書籍見本市として、単なる経済活動にとどまらず、重要な文化行事でもある。毎年この見本市の期間には、数多くの付随行事が行われ、そのクライマックスとしてドイツ書籍販売組合の平和賞授与がパウルス教会で開催される。, 2010年以降、フルダからベルガー・リュッケンを越え、ボルンハイマー・ハングの麓を通り、マイン川沿いに至るヤーコプスヴェーク(ヤコブの巡礼路)の枝道が設けられた[112]。この道は、ライプツィヒからフランクフルト・アム・マインに至る「ヴィア・レギア」という古い街道のルートにほぼ合致している。この道は、フルダからフランクフルト・アム・マインまで 116 km 以上の道程であり、サンチャゴ・デ・コンポステラに向かうヤコブの巡礼路の一部をなしている。フランクフルト市内のコースは、聖十字架教会からオスト公園、旧大市場ホール跡である欧州中央銀行新庁舎を通り、マイン川のアイゼルナー・シュテークに至り、これを渡ってマイン川左岸をマインツ、さらにはトリーア方面に向かう。, 1988年から毎年8月に開催されるムゼウムスウーファーフェスト(博物館堤祭)は、音楽と文化の祭典で、ライン=マイン地域最大の世俗祭である。2007年には 3日間の会期に約350万人の来訪者があった。, 聖霊降臨祭後の火曜日に開催されるヴェルトヒェスタークは、多くの来訪者をフランクフルトのシュタットヴァルトに呼び寄せる。1990年代までは、フランクフルト市内の多くの企業がこの日は正午で業務を終了し、従業員は12時以降自由になっていた。このため、地元では冗談半分にフランクフルトの国民の祝日と呼ばれていた。, もう1つの伝統的な世俗祭がディッペメスである。毎年2回、春に3週間、秋に10日間開催され、それぞれ約 200万人の来訪者を集める。ディッペメスは中世から伝わる日用雑貨、特に陶器の鉢(ディッペ)の市場をその起源とする。, 1393年に最初の記録が遺るフランクフルトのクリスマスマーケットは、毎年アドヴェントの時期に開催される。現在では約 300万人の来訪者を数えるドイツ有数のクリスマスマーケットである。200点以上の露店がマインカイからレーマーベルク、パウルス広場、ノイエ・クレーメ通り、リープフラウエンベルクを経てツァイルまで建ち並ぶ。, フランクフルトの謝肉祭のパレードには 6,000人以上が参加し、30万人以上が見物し、1.5 km の距離を練り歩くヘッセン州最大の謝肉祭のパレードである。, 2003年から2008年まで毎年夏に、様々な文化の人々の友好を示す文化のパレードが開催されていた。最後となった2008年のパレードには約 1,700人が参加し、10万人が見物した。2003年からは、ダウン症候群の患者数百人が様々なスポーツ競技を競うダウン=シュポルトラーフェスティヴァル(ダウン症のスポーツ選手祭)がフランクフルトで開催されている。, この他の年中行事としては、5月祭、クリストファー・ストリート・デイ (CSD)、パルメンガルテンのバラと光の祭典、オペルン広場祭、フレースガッセのラインガウのワイン祭、レーマーベルクのシュテフヒェ祭がある。, 人気なのは、4月に約 4万人来訪者がある「ナハト・デア・ムゼウム」(美術館・博物館の夜)や「ナハト・デア・クラブ」である。, これらの他に各市区での祭もある。ヘーヒスト城館祭、ボルンハイムのベルガー通り祭、ザクセンハウゼンのシュヴァイツァー通り祭、1839年にまで起源を遡ることができるヘッデルンハイムの謝肉祭のパレード、1951年に上級市長ヴァルター・コルプによって創設されたロールベルガー祭、フランクフルトの陸上選手による青少年のためのベルクシュポルトフェスト(山歩き祭)などである。, 不定期に開催される祭では、いわゆる摩天楼祭は2007年5月に行われたのを最後に6年間開催されていなかった。これ祭では、イネンシュタットの15棟の高層ビルが一般開放され、120万人が訪れた。この祭は2013年に開催される[113]。, 1994年から2004年まで毎年開催されていた音楽祭サウンド・オブ・フランクフルトには若い世代を中心に50万人が訪れていた。, フランクフルトでは、皇帝の戴冠式やメッセのために多くの裕福な客が多く訪れ、これに伴って17世紀から18世紀にはすでに高度な食文化・ホテル文化が形成されていた。フランクフルトの料理は、19世紀にはハンブルクやウィーンと並んでドイツで主導的な地位にあった[114]。, 中世から作られていた豚肉製のフランクフルター・ヴュルストヒェン(フランクフルト・ソーセージ)は最も古く最も有名な料理の一つである。19世紀にはこれにフランクフルター・リンツヴルスト(牛肉製)が加わった。, フランクフルトの特別な料理がグリューネ・ゾーセ(グリーン・ソース)で、伝統的に7種類の野菜で作られる: ルリジサ、シャク、コショウソウ、パセリ、サラダバーネット、スイバ、チャイブである。フランクフルトの有名なスイーツとしては、フランクフルター・ブレンテン、ベトメンヒェン、ハッデクーヒェ、フランクフルタークランツがある。, ワイン製造業の衰退に伴って、それまで卑俗なものとされていたリンゴ酒(エッベルヴォイ)がフランクフルトでは一般的となった。リンゴ酒は1600年頃から製造されていた。現在ではフランクフルトの伝統的な飲料と見なされている。リンゴ酒には栄養のある食事が合うとされ、リップヒェンのクラウト添えやハントケス・ミット・ムジークが好まれる。, 現在、フランクフルトのブドウ園は、ロールベルクの斜面に1箇所だけある。ここはラインガウで最も小さく、最も東に位置するブドウ園で、フランクフルト市がこのブドウ園を管理している。ここからは、毎年約 1万本のリースリング・ワインが生産される。多くはトロッケン(辛口)に熟成され、状態の良い年にはシュペートレーゼに格付けされる。, ドイツ海軍のベルリン級補給艦にフランクフルト・アム・マインの名を持つ艦がある。これ以前には第一次世界大戦中の小型巡洋艦やドイツ連邦の木造外輪船のコルベットにもフランクフルトにちなんだ名前を有するものがあった。商船では、1900年から1918年まで北ドイツ・ロイド社の高速蒸気船や1954年から就航したハンブルク=アメリカ郵船株式会社 (HAPAG) の貨物船にフランクフルトの名が付けられ、両社の後継企業であるハパックロイドが1981年から2007年までの間運行し1984年までは世界最大のコンテナ船であったフランクフルト・エクスプレスもあった。2010年に新たなコンテナ船にフランクフルト・エクスプレスという名前が付けられた。, 1960年にフランクフルト市は初めてルフトハンザの飛行機の名親になった[115]。1960年から1975年まではボーイング707 D-ABOD に、1975年から1985年まではDC-10に、1985年から1990年まではボーイング747-200に、1991年からはボーイング747-300 D-ABVF にそれぞれフランクフルトの名前が付けられていた。2010年5月19日に初めてエアバスA380 D-AIMA に フランクフルト・アム・マインの名が付けられた[116]。, 小惑星帯で2007年に発見された小惑星の一つに (204852) フランクフルトという名前が付けられている。, 多くの隣接する街の間がそうであるように、フランクフルト・アム・マインとオッフェンバッハ・アム・マインとの間にも緊密なライバル関係が存在する。それはお互いの街を揶揄する数多くのジョークに現れている。, 両市のライバル関係は歴史に根ざしている。中世には既に、帝国都市フランクフルトと近隣の都市との間で領土争いが起きていた。三十年戦争では、スウェーデン王グスタフ・アドルフはオッフェンバッハのイーゼンブルク城を居所とした。彼はここからフランクフルトの降伏を宣言した。宗教改革後はルター派のフランクフルトと改革派のオッフェンバッハとの間で宗教争議が起こった。さらに18世紀以降イーゼンブルク伯は、ブルジョア的なフランクフルトが望まなかった工業の導入を奨励した。19世紀になってもフランクフルトは純粋な商業都市であり、オッフェンバッハは工業への転換を一層進めた。プロイセンによる併合後、フランクフルトも工業化が進展し、ライバル関係を強めていった。20世紀にフランクフルトはプロイセン領の衛星都市を合併し、北や西方向へ拡大していった。一方、オッフェンバッハが拡大することはなかった。1945年までは両市の市境は、州境でもあった。, 長年のスポーツにおけるライバル関係は、両市のサッカークラブ、キッカーズ・オッフェンバッハとアイントラハト・フランクフルトおよびそのファンたちを育てた。やがて両者の試合は「ダービー」と呼ばれるようになった。特に激しかったのは、1950年代(たとえば、1959年のドイツ・サッカー選手権決勝戦)、DFBポカール(最後の対戦は2009年)、キッカーズ・オッフェンバッハが陥落するまでのサッカー・ブンデスリーガなどである。, フランクフルト市は1969年にドイツ考古学研究所 (DAI) のヴィンケルマン=メダルを授与されている。, フランクフルト・アム・マイン出身の主な人物やゆかりの人物については、フランクフルト・アム・マインの人物を参照のこと。, これらの文献は、翻訳元であるドイツ語版の参考文献として挙げられていたものであり、日本語版作成に際し直接参照してはおりません。, ダルムシュタット | フランクフルト・アム・マイン | オッフェンバッハ・アム・マイン | ヴィースバーデン, ベルクシュトラーセ郡 | ダルムシュタット=ディーブルク郡 | グロース=ゲーラウ郡 | ホーホタウヌス郡 | マイン=キンツィヒ郡 | マイン=タウヌス郡 | オーデンヴァルト郡 | オッフェンバッハ郡 | ラインガウ=タウヌス郡 | ヴェッテラウ郡, Engelbert Mühlbacher unter Mitwirkung von Alfons Dopsch, Johann Lechner und Michael Tangl (Hrsg. Clemens Jöckle: 100 Bauwerke in Frankfurt am Main, Regensburg, Schnell & Steiner, 1998. VS 【略】 =vaginal smear《医》膣スミア =variable speed可変速度、無段変速 =vegetative state《a ~... - アルクがお届けするオンライン英和・和英辞書検索サービス。 坂本昌行. チュープリン、アルバート・スペアー・アンド・パートナーがある[66]。不動産所得税の課税対象となる取引の売上高は、2008年現在で 40億ユーロを上回った。, インネンシュタット区の全長 600 m のツァイルは、フランクフルトで最も有名で、最も売上高の高いショッピング街である。ジョーンズ・ラング・ラサールの調査(2012年7月17日現在)によると、1時間あたり最大13,120人がこの街を訪れた、ドイツで最も人通りの多いショッピング街であった[67]。また、ツァイルは2009年にドイツの小売り商業地の賃貸評価額で2位となった。店主は、最高で 1 m2 あたり265ユーロの賃借料を支払うこともある。2009年2月、パレー・クヴァルティーアに新しいショッピングセンター「マイツァイル」がオープンした。, ツァイルにミドルクラスの価格帯の店が好んで出店するのに対して、近くにあるゲーテ通りは高級ショッピング街として知られている。2012年の調査では、ゲーテ通りは 1時間あたり 1,520人が訪れるドイツで 5番目に人通りが多い高級ショッピング街であった[67]。この他のフランクフルトの重要なショッピング街としては、ドイツ最大級のショッピングセンターの一つであるノルトヴェストシュタットの「ノルトヴェストツェントルム」、ベルゲン=エンクハイムの「ヘッセン=センター」、フランクフルト市内ではないものの、隣接するズルツバッハの市境沿いにある「マイン=タウヌス=ツェントルム」がある。, この他の市区にもショッピング街がある。ボルンハイムのベルガー通り、ザクセンハウゼンのシュヴァイツァー通り、ボッケンハイムのライプツィガー通り、ヘーヒストのケーニヒシュタイナー通り、インネンシュタットからノルトエントに通じるエーダー・ヴェークなどである。, さらに 2011年から新たに「スカイライン・プラザ」の建設が始まった[68]。これは、オイローパフィアテルの旧貨物中央駅跡地に建設されるショッピングセンターで、完成後には 180店舗が出店予定である。, フランクフルトには多くの外国自動車メーカーのヨーロッパ本部やドイツ本部がある。たとえば、フィアット(アルファロメオやランチアを含む)や起亜自動車などである。隣接する市町村では、リュッセルスハイム・アム・マインにはオペルやサーブがあり、シュヴァルバッハ・アム・タウヌスにはジャガーがある。さらに近隣のヴァイターシュタットにはシュコダやセアト・ドイチュラント本社がある。日本の自動車メーカーであるマツダは、オーバーウルゼルにデザインセンターを有している。オッフェンバッハ・アム・マインにはホンダの北ヨーロッパ本部と開発デザイン部門や、ヒュンダイのヨーロッパ販売センターがある。, さらに自動車部品製造業も盛んである。コンチネンタルAGは、生産、管理、開発の拠点をフランクフルト、エシュボルン、シュヴァルバッハ、カルベン、バーベンハウゼン、フリートベルクに有している。これらの自動車メーカーおよび自動車部品製造業者は、ライン・マイン・ネッカー自動車クラスターに参画している。, ITおよびテレコミュニケーション部門の企業もフランクフルトには多くある。大資本と連携している企業として、T-システムズ、フィナンツ・インフォマティーク、DBシステル、ルフトハンザ・システムズがある。テレコミュニケーションサービスのコルト・テクノロジーサービスやレベル 3 コミュニケーションズ、テレコミュニケーション設備のアバイアは、フランクフルトにドイツ本部を置いている。ドイツのドメインネームは、フランクフルトにある DENIC が管理している。オイローパトゥルム(ヨーロッパタワー)にある国際ネットマネジメントセンター (INMC) は、ドイツテレコムの国際電話および国際データネットワークの運営、保守を行っている。フランクフルトに本社を構えるデック 13 インタラクティヴ、ケーン・ゲームス、Crytek(クライテック)は、いずれも評判の高いコンピュータ・ゲームの開発会社であり、アタリ・ドイチュラントやコナミ・ヨーロッパの本社もこの街にある。IT系企業が特に多く集まっているのが、ハーナウアー・ラントシュトラーセ、マインツァー・ラントシュトラーセ、グートロイト通り沿いの旧工業地域である。より広域のフランクフルト大都市圏では、バート・ホムブルク、エシュボルン、クロンベルク、ランゲン、ノイ=イーゼンブルクに集まっている。フランクフルトは、ライン=マイン=ネッカー IT クラスターの一部をなしている。, 化学工業連合会 (VCI)、光学工業連合会、ドイツ機械・設備製造連合会 (VDMA)、電子技術規制委員会を有する電気技術・電子・情報技術連合会、ドイツ調理師連合会、ドイツ通信販売連合会、自動車工業連合会 (VDA) といった業界団体がフランクフルトにある。VDA は、2年毎に国際モーターショーをフランクフルトで開催している。書籍見本市を組織しているドイツ書籍協会もフランクフルトに本部がある。公益科学技術協会である DECHEM科学技術、バイオテクノロジー協会 e.V. Awesome - VS Code will have deep remote development: you can connect to a container running a different OS and be able to use any VS Code plugins/linting/debugging for that environment. 亜生. 橋本真也vs.小川直也から20年。 『負けたら即引退!』による光と影。 posted 2020/04/28 19:00 VS Code is my most used and favorite editor. ウィーン vs フランクフルト・アム・マイン. 新テニスの王子様 氷帝vs立海 Game of Future 前篇 舞台挨拶 詳細解禁! 2021.01.28 NEWS. クリア後の感想(ネタバレあり)@スパロボv. 違反報告. VS DAMASHII Every Thu at 7:00 pm OA. 河合郁人. は、数多くの賞を授与し、メッセ・フランクフルトとともに科学技術、環境保護、バイオテクノロジーの世界最大の見本市(アヘマ)を3年に1度開催している。, ドイツ労働組合連合会に属す金属業界労働組合、農業環境業界組合、教育・研究者組合 (GEW) の本部がフランクフルトにある。この他、機関車運転手労働組合もフランクフルトに本部を持つ。, フランクフルトは見本市で世界的に知られており、その起源は「メッセ(Messe)」と呼ばれる大規模な定期市にある。メッセは日本では大市とも呼ばれ、年市(Jahrmarkt)と呼ばれる定期市の中で最大規模の催しを指す[69]。当時のメッセは商品を直接売買する現物市であり、皇帝フリードリヒ2世がこの街にメッセ開催の特権を与えた。その保護の下でフランクフルトには毎年ヨーロッパ各地の交易品が集まり、1330年には春のメッセも開催された。神聖ローマ帝国内で2番目に大きなメッセ開催都市であるライプツィヒとフランクフルトとの間は、ヴィア・レギアという広域幹線道路で結ばれていた。, 18世紀以降に衰退した時代があったが、19世紀にはドイツ各地で工業博覧会が開催され、メッセという語は見本市も指すようになり、第二次世界大戦後には市の伝統と再び結びついた。これに加えて、フランクフルト書籍見本市、国際モーターショー、アヘムやアンビエンテが開催されている。一方、近年は「テンデンス」と呼ばれている伝統的な秋の見本市は、その重要性を失いつつある。, マスターカードの依頼を承けた経済研究グループは、毎年、世界で最も重要なビジネスセンターがどこであるかという調査を行っている。この調査でフランクフルトは2007年に第7位となった。このランキングには国内よりもグローバルであることが求められるため、ドイツの他の都市よりも高いランキングとなっている。この街の経済発展におけるグローバル化の重要性はフランクフルト経済が1980年代からの数十年で経験した大きな構造変化にも現れている。, DAX対象企業 30社のうち、1988年から 5社が、1990年から1996年には 6社がフランクフルト・アム・マインにあった。このうち 3社が銀行(コメルツ銀行AG、ドイツ銀行AG、ドレスナー銀行AG)、3社が工業系企業(デグサAG、ヘキストAG、メタルゲゼルシャフト)であった。しかし2007年半ばからフランクフルトのDAX対象企業は3社だけになった。このうち2社が銀行(コメルツ銀行とドイツ銀行)、サービス系企業が1社(ドイツ取引所)である。構造変化は、1980年代にまず、フランクフルトで伝統的に強い金属業界や電子業界で起こった。ハルトマン・ウント・ブラウン、フェライニクテ・ドイチェ・メタルヴェルケ、デマグ、ナクソス=ウニオーン、アドラーヴェルケ、VDOといった会社が、多くは吸収・合併の後、フランクフルトの工場を閉鎖したり、本社を移転したりした。かつてドイツで 2番目に大きな電子機器コンツェルンであった AEG は、1982年に債務超過の末にダイムラー・ベンツに吸収され、長年にわたる経済的衰退の結果、1996年に解体された。メタルゲゼルシャフトは、GEAグループに吸収された後、2005年にボーフムに移転した。, フランクフルトは、世界最大級の化学・医薬品産業の所在地であるにもかかわらず、この街に本社を置く大企業はない。ヘキストAGは1970年代から1980年代には売上高世界第2位の化学・医薬品企業であった。しかし1977年に代表取締役ユルゲン・ドルマンの下で多くの企業に分割され、それぞれ異なる企業と合併して本社が移転した。アメリカ合衆国のセラニーズ、スイスのクラリアント、フランスのサノフィなどである。かつてのヘキストの工場跡地であるインドゥストリーパーク・ヘーヒストは、現在でもヨーロッパで最も広い化学工場用地トップ3の1つであり、1990年代よりもさらに多くの従業員が働いている[70]。, かつて最大の染料メーカーの1つだったフェッヒェンハイムのカッセラAGは、1995年にヘキストAGと合併した。この事業部門はヘキスト分割に伴って、1997年にクラリアントに属すこととなった。マインクールの旧カッセラ工場は、その後アレッサケミーGmbH の本社として存続している。この企業名アレッサケミー (AllessaChemie) は、カッセラ (Cassella) のアナニム(綴りを逆向きに並べ替えたもの)である。, デグサは2001年に本社をデュッセルドルフに移し、エッセンのエヴォニク・コンツェルンに編入された。, ドイツ鉄道は東西ドイツ再統一に伴い、2000年にグループ本社をベルリンに移転した。ただしグループ開発およびその他の中心的な部門、ならびに子会社のDBネットやDBシステルはフランクフルトに残っている。, フランクフルトの高い営業税、高い事務所家賃、高い地価により、企業の周辺自治体への移転が助長された。ドイツ銀行は1990年代に新しい計算機センターをエシュボルンに建設し、BHF銀行も1997年にオッフェンバッハに計算機センターを設立した。, 2013年に発表されたフランクフルト・アム・マイン商工会議所による景気に関するアンケートによれば、世界金融危機以後、ほぼすべての経済分野で市場は回復傾向にある[71], 2011年9月26日にチコナの新しい生産工場がオープンした[72]。これはケルスターバッハからインドゥストリーパーク・ヘーヒストに移転したものである。, 構造変化にもかかわらず、2006年から2007年の住民1人あたり、あるいは就業者1人あたりの GDP は、ドイツの大都市の中でその地位を保ち続けている。生活の質や移住誘引力も上述の通り高い状態にある[73]。古典的な産業の衰退は、フラポートやドイツ取引所といったサービス業の進展や、自動車産業・IT産業分野の国外大企業のヨーロッパ本部あるいはドイツ本部設置によって相殺されている。一方、この街は金融分野とは全く異なる、バイオテクノロジーの研究都市として発展しようと努力している。人口増加、失業率、住民あるいは就業者1人あたりのGDPといった指標において、フランクフルトは強力な地位を占めている。収入はドイツで最も高い水準にある[74]。高所得の労働者は、主にフランクフルトに隣接する、住宅密度の高いフォルダータウヌス地方の郡部(特に、ケーニヒシュタイン・イム・タウヌス、クロンベルク・イム・タウヌス、バート・ゾーデン・アム・タウヌス)に住んでいる[75]。それにもかかわらず、フランクフルトの2012年現在の購買力指標は 117.5 と平均よりも高い値を示している(ホーホタウヌス郡およびマイン=タウヌス郡のそれは、それぞれ 137.7、146.3、ヘッセン州全体では 107.4 である)[76]。, 観光業もフランクフルトにとって有力で成長力の大きい分野である。ビジネス客や見本市を訪れる人の他、世界中からますます多くの観光客が集まるようになっている。2007年にフランクフルトを訪れた人は約 250万人で、ベルリン、ミュンヘンに次いで 3番目に多かった。2009年の訪問者数は 300万人、2010年は 340万人で、ベルリン、ミュンヘン、ハンブルクに次いで4位であった[77]。人口1人あたりの訪問者数ではフランクフルトがトップであり、統計上は市民1人あたり5人のゲストを迎えたことになる。, フランクフルト・アム・マイン市はヨーロッパの中央に位置することから、ヨーロッパで最も重要な交通の中継地点の一つとなっている。鉄道、道路交通、内陸水運、航空が、ここで互いに交差している。マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズの調査(2009年)によれば、フランクフルトは世界で 8番目に社会資本(航空、公共旅客交通、渋滞状況を含む)が豊かな都市であった[41]。これは、ロンドン、パリ、シドニー、東京、ニューヨークといった国際都市よりも上位である。ドイツではミュンヘン(2位)、デュッセルドルフ(6位)が上位にいる。, この街は世界最大級の空港の 1つであるフランクフルト空港を有している。乗降客数は、ロンドンのヒースロー空港、パリのシャルル・ド・ゴール国際空港に次いで3番目に多い。2010年には 5,300万人の乗降客と 220万トンの貨物がこの空港を通過した。, フランクフルト=ハーン空港は、その名称から勘違いされるが、フランクフルトにあるわけではなく、西に約 120 km 離れたラウツェンハウゼン(ラインラント=プファルツ州)にある。ドイツで 11番目に乗降客数が多いこの空港は、2007年に 400万人が利用した。, フランクフルト=エーゲルスバッハ飛行場もフランクフルトではなく、17 km 南のエーゲルスバッハにある。, フランクフルト空港に近いフランクフルト・ジャンクションで連邦アウトバーン A5号線(ハッテンバッハ・ジャンクション - バーゼル)と A3号線(アーネム - リンツ)が交差している。このジャンクションは1日に約 32万台が通行するドイツで最も通行量の多いアウトバーン・ジャンクションである。, この他のアウトバーンとしては、西のヴィースバーデンから東のフルダに至る A66号線が通り、短いがメッセ会場やインネンシュタットへの連絡路として重要な A648号線、オーバーウルゼルからエーゲルスバッハへ南北に貫く A661号線がある。西のA5号線、北東のA661号線、南のA3号線が、フランクフルトを取り巻くアウトバーン・リングを形成している。このアウトバーン・リングは2008年10月1日に制定されたウムヴェルトツォーネ(都市環境整備地区)の境界をなしている[78]。, 市が所有する道路は 1145 km に及ぶ。フランクフルトには人口 1,000人あたり 715台の自動車があり、ドイツの大都市の中で最も自動車密度の高い街である。都市アウトバーン(一部は連邦アウトバーン、あるいはアウトバーン風に拡張された連邦道や州道である)が、市内を通っている。, 多くの長距離バス路線がフランクフルトと他の都市(ベルリン、ハンブルク、マンハイム、ミュンヘンなど)とを結んでいる。, 鉄道交通では、フランクフルト中央駅によってヨーロッパで最も鉄道旅客の多い都市の一つとなっている。ドイツ鉄道は、フランクフルトをドイツで最も重要な乗換駅と位置づけている。ICE 13路線が乗り入れており、高速鉄道網の最も重要な接続駅となっている。, フランクフルト中央駅は、1日に約 35万人が利用する。これは、ハンブルク中央駅(1日の利用客数約 45万人)に次ぎ、ミュンヘン中央駅と並んでドイツで 2番目の数である。また、駅の面積では、ライプツィヒ中央駅、チューリッヒ中央駅と並んで、ヨーロッパ最大規模である。この駅を発着する最も長い行程を走る列車は、バーゼル - モスクワ間を結んでいる。2002年から、ケルン行きの新しい ICE路線が営業を開始し、両都市間の移動時間を 75分に短縮した。さらに、Rhealys プロジェクトとして、パリ行きの高速鉄道路線もある。乗客は、フランクフルト中央駅とパリ東駅との間をわずか 4時間で旅することができる。, フランクフルト空港遠距離駅は、フランクフルト市内にある高速鉄道網にとって極めて重要なもう一つの駅である。この駅はフランクフルト南駅とともに、キャパシティーの限界まで運用されている中央駅の負担軽減に寄与している。, 貨物鉄道交通における重要性は後退している。ドイツ鉄道は、フランクフルト西部にあった広大な貨物中央駅を1996年に閉鎖した。空いた土地は、隣接するメッセ・フランクフルトが一部利用している。さらにオイローパフィアテルという新しい街区が生まれている。東駅には現在も、小規模な操車場があり、運用されている。, フランクフルトおよび周辺地域の公共近距離交通は、Sバーン、一部が Uバーン化された市電、路面電車、市バスおよび多くのレギオナルバーンからなる。Sバーンの8つの駅のうち、7駅がその中にあるシティー・トンネルがインネンシュタットの地下を通っている。中央駅、ハウプトヴァッヘ、コンスタープラーヴァッヘおよび南駅は、Sバーンおよび Uバーンがともに地下で乗り換えることができる。, この街のローカルな交通機関の運行会社で最大なのが、フランクフルト交通会社 (VGF) である。ローカルな交通運行会社 traffiQ GmbH は、近郊交通機関のコーディネイトを行っている。この会社は、地域交通と統一料金の管理を行うライン=マイン交通連盟のパートナーである。, フランクフルト空港に、1994年に全長 3.8 km の全自動交通システム「スカイライン」が設けられた。この路線は、2つのターミナルを結んでおり、遠距離交通駅と将来できる第3ターミナルとの間に新しい路線が造られる予定である。, フランクフルトは、内陸水運では、ライン川を経由して重要な工業地域であるノルトライン=ヴェストファーレン州やオランダと結ばれている。また、マイン=ドナウ運河を経由して中央ヨーロッパ南東部とも結ばれている。, フランクフルトには、西港を住宅・オフィス地区に転換した後も、東港、フルスハーフェン(=川港)・グートロイト通り、インドゥストリーパーク・ヘーヒスト港がある。, インターネットについてもフランクフルトは重要な街である。ドイツ最大のインターネットエクスチェンジ DE-CIX とトップレベルドメイン .de に対するドメインを管理する DENICがこの街にある。トータルの平均データ量で、DE-CIX は世界1位である[79]。, フランクフルトの下水道の配管システムは、道路の地下を約 1,600 km にわたって張り巡らされている。1877年に、アルテ・オーパーに最初の下水道が設けられ、1897年に最初の下水処理場が稼働を開始した。フランクフルトとハンブルクが、こうした方法で伝染病の危険を克服しようと試みた大陸で最初の 2つの街である。, 1957年からドイツ連邦銀行はフランクフルトに本部を置いている。1998年から、EU加盟国でユーロ圏に属す国々の金融政策に責任を持つ欧州中央銀行がこの街に置かれた。2004年からヨーロッパの保険を監督する機関(2004年から2011年までは CEIOPS、それ以後は EIOPA)の本部がこの街にある[80]。この他に、ドイツ復興金融公庫銀行(KfW銀行グループ)本社や国際金融公社事務所(世界銀行の一部)がある。, フランクフルトはまた、ドイツ国立図書館の所在地である。司法機関では、ヘッセン州を管轄するフランクフルト高等裁判所、ヘッセン州労働裁判所、フランクフルト・アム・マイン地方裁判所、フランクフルト・アム・マイン社会裁判所、フランクフルト・アム・マイン労働裁判所、フランクフルト・アム・マイン行政裁判所、フランクフルト・アム・マイン区裁判所がある。また、2003年末に廃止されるまで連邦懲罰裁判所があった。, フランクフルト・アム・マイン警察本部は、ヘッセン州に7つある警察本部の1つである。街の安全や治安維持の業務はフランクフルト市警察(ヘッセン州安全治安維持条令 § 99 の補助警察にあたる)が担っている。フランクフルトは、ヘッセン州財務局の所在地である。また、ヘッセン州社会生活保護庁もフランクフルトにある。1874年に創設された職業消防庁と28の自衛消防団からなるフランクフルト消防隊は、10箇所の消防署に別れて所属している。, フランクフルトには、日本(在フランクフルト日本国総領事館)を含めて92の領事館がある[81]。各国の首都を除けば、これ以上の外国公館を有する都市はニューヨークとハンブルクだけである。中国とロシアはフランクフルトに総領事館を開設した。エッケンハイムのアメリカ合衆国総領事館は世界最大のアメリカ合衆国領事館である。, 世界で最も早くから新聞が刊行されていた都市の一つであるフランクフルトは、2つの全国的な新聞社の本社所在地である。リベラル=保守系のフランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング (F.A.Z.) スパロボvと同様、オリジナルストーリーが映えている。サブキャラのみならず世界観の作り込みとしては、v以上かもしれない。ただラスボスのインパクトは微妙。サブキャラは鷹だが、なかなかキャラが立っている。鷹への高感度は女性主人公を選んだ場合の方が好ましい。 スペシャル座談会 許斐先生×川口 … スパロボV 強化パーツ+おすすめ強化パーツ [記事公開日]2017/03/04 [最終更新日]2017/10/04. ウィーン をフランクフルト・アム・マイン と比べてみましょう。 43.05$安い毎月の公共交通機関の切符? 福士誠治. 次の記事. 2019カワハギ最前線 ~極鋭RT VS~|船最前線 : 極鋭カワハギRT AGS: 品名 標準全長 (m) 継数 (本) 仕舞 (cm) 標準自重 (g) 先径 (mm) 元径 (mm) 錘負荷 (号) カーボン 含有率 (%) メーカー 希望本体 価格(円) JANコード. ): Scriptores rerum Germanicarum, Nova series 9: Die Chronik des Bischofs Thietmar von Merseburg und ihre Korveier Überarbeitung (Thietmari Merseburgensis episcopi Chronicon) Berlin 1935, p. 490(モヌメンタ・ゲルマニアエ・ヒストリカ、.

イギリス 出生率 2018, トートバッグ 大学生 ブランド, サンドイッチ お弁当 子供, 河口湖 旅行 ブログ, 1960 年代 女性 アイドル 作詞家, メンズノンノ 清原翔 病気, スポンジケーキ レシピ 12cm, 一人暮らし 自炊 しない 女,